利重剛

利重剛
ふりがな
りじゅうごう
出身
日本/神奈川

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

母は「3年B組金八先生」の脚本家、小山内美江子。高校時代から自主映画を制作し、笹平剛名義の監督作「教訓I」(80)がぴあフィルムフェスティバルで上映される。81年、小山内が脚本を担当したTVドラマ「父母の誤算」で主演を務め、俳優としてデビュー。岡本喜八監督の「近頃なぜかチャールストン」(81)では主演だけでなく、共同脚本と助監督も務めた。以降、伊丹十三監督の「お葬式」(84)や、岡本監督の「ジャズ大名」(86)などに出演。自ら脚本を書いた「ザジ ZAZIE」(89)で映画監督デビューを果たし、「BeRLiN」(95)で日本映画監督協会新人賞を受賞、「クロエ」(01)はベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。その後も、俳優・映画監督として活動を続ける。

関連作品(映画)

利重剛の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

利重剛の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

利重剛の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

利重剛の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「利重剛」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「利重剛」さん以外にこんな人をCheck-inしています。