劇場公開日 2010年12月4日

  • 予告編を見る

酔いがさめたら、うちに帰ろう。のレビュー・感想・評価

3.414
10%
45%
41%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

4.0そういや『地雷を踏んだらサヨウナラ』の戦場カメラマン・一ノ瀬泰造を演じたのも浅野忠信だった。ただ、戦場カメラマンとしての映像はない。

kossyさん
2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5鴨志田さん本人はどんな想いで

2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

依存症の恐ろしさ、悲しさがよくわかる。
浅野忠信のダメっぷりが凄いわ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

3.5悟った時には死の手前だった。

sumomojamさん
2017年11月23日
iPhoneアプリから投稿

永作博美さん、浅野忠信さん、意味深なエンディングだ。きっともう魂は抜けてしまって俯瞰で自分のこと見ていたんだな。抜け殻だけが子供達と遊んでいた。この世への未練、或いは執着とでも言う様な切ない絵だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sumomojam

3.0「毎日かあさん」とどうしても比較してしまう。 「毎日」がママ目線な...

2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「毎日かあさん」とどうしても比較してしまう。
「毎日」がママ目線ならば、「酔いがさめたら」はパパ目線。

「毎日」では子育てが中心であるならば、「酔いがさめたら」はアルコール依存の克服がテーマ。

アルコールに頼ってしまうきっかけは人それぞれだけど、戦場で生死を見てきただけに、自分の精神を保つのが大変だったんだろうなぁと思う。
アルコールと精神は密接な関係にあることがよく分かった。

個人的には、本人と照らし合わせるならば「毎日」の小泉今日子が西原さんに近いかな。鴨志田さんも長瀬さんの方が近い気がする。
両方を足して2で割ったら夫婦の両目線が見えてきていいのに・・・と思ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

3.0夫婦の距離。

2014年1月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

浅野忠信と永作博美、夫婦の微妙な、本当に繊細な距離感が心地よい。派手さは無いが好きな演出。川辺で寄り添う二人のなんとも気持ちの落ち着くシーンだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんごえん

3.0「涙活」の必要性

Chemyさん
2013年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chemy

3.0世の中の誰も本当には同情してくれない病気

shimoさん
2012年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.0淡々としてる。けどリアル。

77さん
2011年12月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

幸せ

『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
元々なんだか気になるタイトルだったんですが、アルコール依存症がテーマだと知り、その病状と裏腹なすごく温かい言葉選びに余計にそそられました。

実話だということでどんな方、またどんな“うち”の方がこんな素敵なタイトルにたどり着いたんだろうと思い観てみたら、、納得です(浅野さん永作さん凄い!)。 是非亡くなられたご本人にも観て頂きたかった。

アルコール依存症。てか●麻とかはNGでタバコやお酒は堂々とOKな境目ってなんなんでしょうね、法? 快楽と危険という点では依存する前からどれも“良し”ではない気がするんだけどお酒だけはとりあえずの未成年法と近頃厳しくなった飲酒運転くらいしか取り沙汰されてない。
もちろん息抜きやご褒美は必要だし今更規制したって健康どうこうじゃなく娯楽として味をしめた人には必要不可欠だし楽しくたしなめればいいんだけど、ネジが緩んだ状態で【過】のラインを超えてしまう可能性はすごく身近にあります。

でもアルコール依存症(だけじゃなく依存症とつくものや精神的なものも)は作中でも言っていましたが周囲から理解され難い。
そりゃ目に見えない人の心なんてお医者さんにだってわからないんだからしょうがないことのような気もします。
お酒は飲まなくても平気なタチなので私も主人公の気持ちはわからない。けどきっと甘えだとか自業自得だとか言える人はストレスとの付き合い方が上手(一晩寝ればOKだったり、人やスポーツや趣味で満たされたり)なとってもラッキーな選ばれし人。
甘え下手で自分の中だけでなんとかしようとしてしまった結果(皮肉なことに結局人に迷惑かけて心配させて傷つけさせてしまうから余計わかってもらいにくいものなのかな)だと思うので誰にでもなりうるもの…という考えなのでなかなか考えさせられるお話でした。

しかし映画としては地味。小説(本作は未読ですが)を所々つまみ食いしてそのまま映像にしたような印象。…ですがリアル。だから淡々として感じるのかもしれません。
何がリアルってその空気感。病棟も実際に目にする機会があったのですが本当にあのままって感じがしました。“健康”な人とはなにかが違うオーラというのかな、役者さん全員見事としか言いようがないです。
浅野さんの“発表”はご本人が憑依したかのようで演技ということを忘れそうになるくらいでした。
家族も悲劇のヒロインじゃなくお医者さんもお涙頂戴要員じゃなく、綺麗事がないのです。
その英断は素晴らしいですがその“地味さ”を演出と脚本で“静かな味わい”に化けさせて欲しかったな〜。惜しい。

好きな演出もあるんですけどね。
過剰な音楽がなければもっと良かったけどw、カレーが出た時はこっちまでやったー!ってなったし(でもカレーが食べたいという欲求はわかるけど他の食事に対してはそんなに運動できない環境で三食きっちり食べれるほどお腹が空くもんなのか?w)、
(元)妻が料理しながらだんだん泣く様子にはもらい泣き。あのボリュームの変化がすごくリアルで。
さすが永作さん。ていうかおでこオープンのおだんごがあんなに似合う40歳はいないw

とにかくうちに帰れて良かった。
地獄をたくさんみただろうけど居場所があるというのはそれだけで素晴らしい最期であり人生だったことと思います。ご冥福をお祈りします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
77

4.5生きてた方がいいよ

コロ助さん
2011年10月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

劇中に出てきたアルコール症センターに家族が入院し、退院後僅か半年で他界した。

そんなワケでかなり感情移入しながら見たけど、患者同士の自治会や体験発表とかが意外と細かく描かれててちょっとにやけた。

アルコール依存性の映画って海外では普通にあるけど、邦画では少ないと思う。

過剰な飲酒が死に直結する事や依存性の世界を知らない人達にも見て、知ってほしいと思った。

「生きてた方がいいよ。どんなに惨めな人生でも生きてた方がいい。」

世間一般ではアル中のダメ人間でも、家族にとってはたった一人の大切な存在。

永作博美演じる妻の言葉が、家族の気持ちを素直に表わしていたと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コロ助

3.0淡々とした

いずるさん
2011年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

毎日新聞でずっと「毎日かあさん」でこの家族を追っていました。
そしていまいち「おとしゃん」像が見えてなかったのですが
この映画を見て納得
ふらふらとした、つなぎ留めていないとどこかに飛んで行きそうな人が
「おとしゃん」だったんだ

エンディングの出来に-0.5です
もうすこし、家族の見せ方が違っていれば・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いずる

5.0すごく考えさせられました。

2011年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

悲しい

永作さん、浅野さん、良いですねぇ。
胸にジーンと響きました。
映画ではアルコール依存症になった経緯も語られていたし、
色々仕方ない病気なのかな・・・・
でも、あんなに小さい子を残して「おとしゃん」は死んじゃダメだよ。
子役の女の子の可愛いこと!
「おとしゃん」と舌ったらずで呼ぶのがたまらないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みっちゃん777

5.0過程の、美学

2011年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダックス奮闘{ふんとう}

3.5地獄に溺れる男でも羨ましい愛の物語

全竜さん
2011年2月21日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
全竜

4.0シリアスにならず…

2010年12月8日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

いくらでもシリアスになる内容ながら、悲愴感を全く感じない。
日常として淡々と描く、私好みの作品。
永作博美がよい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
COOL STYLE
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の作品トップへ