絵の中のぼくの村

劇場公開日

75%
0%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和20年代の日本の村の生活を、双子の少年の目を通してファンタジックに描き出すスケッチ風のドラマ。監督は「橋のない川(1992)」の東陽一。絵本作家・田島征三による同名の自伝的エッセイを、東と「おこげ」の中島丈博が共同で脚色した。撮影は「もうひとつの人生」の清水良雄。双子の田島兄弟の少年時代を演じたのはオーディションで選ばれた実際の双子の松山翔吾・慶吾兄弟。その母親役を演じた原田美枝子がキネマ旬報主演女優賞を受賞した。第46回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞。96年度キネマ旬報ベストテン第5位。

1996年製作/112分/日本
配給:シグロ

ストーリー

夏の終わり、初めて合作する絵本の打ち合わせのために、絵本作家の田島征三が双子の兄・田島征彦のアトリエを訪ねる。絵本は田舎の村で過ごした、ふたりの夢のような少年時代の物語だった。昭和23年、高知県のある田舎村、絵が好きで悪戯も好きな双子の征三と征彦は、教師をしている優しい母とめったに家に帰らない父、思春期の姉に囲まれ、自然の中を駆け回って暮らしていた。勉強もそっちのけでナマズを捕まえ、鳥と格闘する。双子であることを利用して学校の居残りを抜け出したり、よその畑を荒らしたりの悪戯ぶりで、叱られてはかんしゃくを起こす我の強さもあった。自然は彼らを包み込み、川の中からは「相撲取ろう」という声が呼びかけ、村の守護神のような不思議な3人の老婆が大木の枝に座って、ふたりの行いをじっと見守る。喧嘩をしてさえ鏡に向かい合ったようにいつも一緒のふたりだったが、征彦が扁桃腺の手術で入院したのと、この間、征三が錐で手を突き抜く怪我をしたのはさすがに別々だった。ふたりはボロを着た転校生のセンジと仲良くなるが、3人で校長に悪戯をしてもなぜかセンジだけが殴られるようなことがあった。センジを家に呼んでも、母親さえもがなぜか彼を家に上げるのを拒むのだ。センジは以来、姿を消してしまった。征三は家が貧しい少女・ハツミと、どことなく気持ちを通わせていたが、つい周りの同級生と一緒に彼女をからかってしまい、ひどく傷つけたことがある。このあと征三もまた扁桃腺の手術をすることになるが、謎の老婆たちは陰ながらに「目を狙ったのに」と呟いて風と共に舞い上がっていったものだ。そんな故郷や彼らとの想い出も、すっかり大人に成長した今では、絵本作家になったふたりが描く絵の中の村だけにしかない。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.096年作品にしては映像が悪い

2016年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

昔風のドラマ でも小学生がエロ目的ではないにしろなんなに出してたらNGでは?!性教育を思わせる様な際どいシーンも!!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「絵の中のぼくの村」以外にこんな作品をCheck-inしています。