ジャン=ピエール・ダルデンヌ

ジャン=ピエール・ダルデンヌ
英語表記
Jean-Pierre Dardenne
誕生日
1951年4月21日
出身
ベルギー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

ベルギーのリエージュ近郊出身。弟リュックとともにダルデンヌ兄弟として知られる。舞台演出家を志してブリュッセルへ移り、劇作家アルマン・ガッティのもと、弟のリュックとともに映画制作を手伝うように。労働者階級の生活を実地に経験しつつ、1974年から社会問題をテーマに据えたドキュメンタリー作品を制作。75年、制作会社「Derives」を設立し、ドキュメンタリー「ナイチンゲールの歌声」(78)でダルデンヌ兄弟として映画監督デビューした。以降、ドキュメンタリー映画を多数制作。初の長編劇映画「ファルシュ」(86)、続く「あなたを想う」(92)を経て、「イゴールの約束」(96)でカンヌ国際映画祭の国際芸術映画評論連盟賞を受賞。「ロゼッタ」(99)で同映画祭の最高賞パルムドールを受賞して以降はカンヌの常連となり、「息子のまなざし」(02)で主演男優賞とエキュメニック賞、「ある子供」(05)で2度目のパルムドールを受賞。「ロルナの祈り」(08)で脚本賞、「少年と自転車」(11)でグランプリ、「その手に触れるまで」(19)では監督賞を受賞した。プロデューサーとしても活躍し、若手監督の育成に貢献している。

関連作品(映画)

ジャン=ピエール・ダルデンヌの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ジャン=ピエール・ダルデンヌの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

ジャン=ピエール・ダルデンヌの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

ジャン=ピエール・ダルデンヌの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ジャン=ピエール・ダルデンヌの関連記事をもっと見る