ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画がカンヌ映画祭オープニング作品に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月12日 > ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画がカンヌ映画祭オープニング作品に
メニュー

ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画がカンヌ映画祭オープニング作品に

2019年4月12日 11:00

ジム・ジャームッシュ監督

ジム・ジャームッシュ監督
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画「ザ・デッド・ドント・ダイ(原題)」が、5月14日(現地時間)に開幕する第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品に決定したと、米バラエティが報じた。

平和な田舎町で死人が次々とゾンビとして蘇り、住人たちが対応に追られるというダークコメディで、ビル・マーレイアダム・ドライバークロエ・セビニーが保安官を演じるほか、ティルダ・スウィントンセレーナ・ゴメススティーブ・ブシェーミロージー・ペレスダニー・グローバーイギー・ポップトム・ウェイツと豪華キャストが顔をそろえる。

オフビートな作風が特徴のジャームッシュ監督がゾンビ映画とは意外に思われるかもしれないが、これまでに西部劇「デッドマン」、吸血鬼映画「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」、クライム映画「ゴースト・ドッグ」など数々のジャンル映画に挑戦している。

ジャームッシュ監督といえば、長編第1作「ストレンジャー・ザン・パラダイス」がカンヌ映画賞で新人監督賞にあたるカメラドール賞を受賞し、「ブロークン・フラワーズ」がグランプリ、短編作品を集めたオムニバス「コーヒー&シガレッツ」がパルムドール(短編)を受賞するなど、カンヌの常連として知られている。他にも「ダウン・バイ・ロー」「ミステリー・トレイン」「デッドマン」「ゴースト・ドッグ」「パターソン」がコンペティション部門に出品している。

今年の審査委員長はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(「レヴェナント 蘇えりし者」)で、正式ラインナップは4月18日に発表予定。

(映画.com速報)
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,027 「リミッツ・オブ・コントロール」(2009)以来、約4年ぶりとなるジム・ジャームッシュの監督作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報