ゴースト・ドッグ

劇場公開日

ゴースト・ドッグ
15%
58%
15%
4%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺し屋ゴースト・ドッグ。彼の座右の書は「武士道といふは、死ぬ ことと見つけたり」で有名な「葉隠」だ。ある日命の恩人、マフィアのヴーゴ・ファミリーの幹部ルーイから、ファミリーの一員フランクを殺すよう指令を受ける。ファミリーのボス、レイは溺愛する一人娘ルイーズにファミリーの全財産を託したが、彼女はフランクを愛してしまったのだ。彼女に父の指令と悟られないようフランクを消す。この完全犯罪の実行人に選ばれたのがゴースト・ドッグだった。

1999年製作/116分/アメリカ・日本・フランス・ドイツ合作
原題:Ghost Dog: The Way of the Samurai
配給:フランス映画社

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 カンヌ国際映画祭(1999年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ジム・ジャームッシュ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0主人公の独特感が映画を良くしてる。

エイジさん
2014年11月19日
Androidアプリから投稿

笑える

悲しい

興奮

凄い!正直武士道愛好家が車は盗むはイタリアンマフィアのアホさが半端ないは。なぜか観いってしまった。音楽も良かったし場面のテンポも良かった。お気に入りは言葉が通じないハイチ人との友情がかなり泣ける。
ちょっとアメリカ人の武士道を勘違いしてると思うけどこれがかえってアメリカ感があって良かった。ラップ好きじゃなくても楽しめると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイジ

4.0彼の論理を感じること

2014年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

『葉隠』を生きる殺し屋の物語。その論理が画面に漲っています。彼はゆっくりと歩くし、殺しへ向かう時には車で音楽をかけます。そして静かにその場所へと乗りつけ、その目的だけを見ています。それを表すかのように、ジム・ジャームッシュの撮る画は淀みなく流れ続けている印象です。オーバーラップが多用されているのも、その印象を強めていると思います。
なんといいますか、すごいよ、ジム・ジャームッシュ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー

3.5すばらしい鳩犬少女

2014年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

どこか非現実的な町の退廃ぶりが作品のトーンの決め手になっている。好みかもしれないが、もっとカラッとした明るい色の方が、内向的な側面を持つだけに相性はよかったのではないだろうか。
主人公、迫力ないな。無心、無我というより脱力。まだ50セントのほうがあってる。
そのかわり犬、鳩、黒人の少女が名演を見せる。ちょくちょく出てくるアニメも意味不明でいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.5「伝書鳩でしか連絡の取れない黒人のサムライ」というケレン味を、抑えきって描く

2013年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

武士道に生きる殺し屋、ゴースト・ドッグの話です。

ウィテカーのドヨンと哀愁を帯びた目が印象的(笑)な映画で、ともすれば地味な映画……。
起伏にとんだ筋でもなく、ド派手なアクションがあるわけでもなく、淡々とブシドー・キラーが仕事をしていくだけ。

何が楽しくて見られたのかというと、二時間の尺を埋めつくすクールなシーンの集積でしょう。

随所にはさまる葉隠からの引用、飛翔する鳩のイメージ、日本刀で演武のようなものを見せるゴースト・ドッグに、フランス語しか話せないアイスクリーム屋etc... 細かいところではゴースト・ドッグがCDを挿入するときの手の動きと円盤のひらめきまで!こんな細かいクールさで二時間見させてくれるのだからたいしたもんです。

フランス語しか喋ることのできない「親友」然り、本を仲立ちにしたやりとり然り、台詞の少ない映画の上に、とにかく言外のコミュニケーションが多い笑

ダウン・バイ・ローにも英語のフレーズを集めるイタリア人が出たっけ。
「言葉が違ってもハラで伝わるもんは伝わる。伝わらなきゃそれでもいい」みたいな考えをジャームッシュは持っているのだろうか?

「陸に船を造り上げているスペイン人」の面白さなんか、こんな風に言葉で説明しても伝わらないし白けてしまう。そうした言語化される前の出来事の馬鹿馬鹿しさ、感覚的な親密さが描かれていると思いました。

そうした多言語的な状況が特有の面白さになっていることは確かです!
英語とフランス語の会話とか、見ている側は字幕のおかげで二人が何を話しているか分かるんだけど、当人たち(ゴースト・ドッグとレイモン)は互いの話の内容はサッパリわかっていない。この「狙ってない感」が、わざとらしいボケとツッコミみたいなコメディとは全然違う、肩の力の抜けた面白さを感じさせてくれる。

言わないで済ませる部分の多い映画、ダブル・スペースで書かれた文章の行間を読むような映画なので、唯一解を目指してガッツリ解釈しようとすると疲れてしまうかも。

映画の最初と最後に強く関わってくる本が「羅生門」で、中でも作中で「藪の中」に言及しているというところに、「どんな風にでも見てくれ」という監督のメッセージを見た気がしました笑

P.S.
アクションも派手じゃない、と書きましたが、館の中での、サイレンサーを使った静かな立ち回りシーンはとても良かったですよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ビルキー
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る