レヴェナント 蘇えりし者

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
レヴェナント 蘇えりし者
レヴェナント 蘇えりし者
23%
53%
19%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で第87回アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。主演のディカプリオとは「インセプション」でも共演したトム・ハーディが主人公の仇敵として出演し、音楽には坂本龍一も参加。撮影監督を「バードマン」に続きエマニュエル・ルベツキが務め、屋外の自然光のみでの撮影を敢行した。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など同年度最多の12部門にノミネートされ、ディカプリオが主演男優賞を受賞して自身初のオスカー像を手にしたほか、イニャリトゥ監督が前年の「バードマン」に続いて2年連続の監督賞を、撮影のルベツキも3年連続となる撮影賞を受賞した。狩猟中に熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス。狩猟チームメンバーのジョン・フィッツジェラルドは、そんなグラスを足手まといだと置き去りにし、反抗したグラスの息子も殺してしまう。グラスは、フィッツジェラルドへの復讐心だけを糧に、厳しい大自然の中を生き延びていく。

2015年製作/157分/R15+/アメリカ
原題:The Revenant
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート

優秀外国作品賞  

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート

作品賞  
助演男優賞 トム・ハーディ
編集賞 スティーブン・ミリオン
衣装デザイン賞 ジャクリーン・ウェスト
美術賞  
視覚効果賞  
音響編集賞  
録音賞  
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) レオナルド・ディカプリオ
最優秀監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

ノミネート

最優秀作曲賞 坂本龍一 アルバ・ノト
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0作業しながら見ようと思っていたらいつの間にか作品に釘付けだった

小林さん
2020年9月12日
Androidアプリから投稿

作業しながら見ようと思っていたらいつの間にか作品に釘付けだった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小林

3.0ストーリーではなく映像体験

2020年8月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

寝られる

臨場感あふれる映像は、劇場で見れば感動ものだろうし
終始雪山の展開で何となく肌寒く感じるかもしれない
けど個人的にはストーリーの進行に感情移入したいから
そこがあまり描かれないと、ただ傍観してる気持ちになった

ディカプリオの俳優根性と念願のオスカーだけ拍手…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Ms. Parnassus

0.5見続けるモチベーションが上がらない

2020年8月27日
PCから投稿

まず最初のシーンでいきなりの戦闘シーン長すぎる。戦闘シーン、アクションシーンというのは主人公たちがなぜ戦うのかということはしっかり描けてからでないと見ていても退屈である。しかもそのシーンが広角カメラによる近接手持ち撮影によって撮影されている。臨場感溢れる撮影ではあるがファーストシーンでこういうことをしてしまうと監督が酔ってるようにしか見えなくて、見るものは逆に冷める。次に敵役の名前がいけない。なんとなく雰囲気が「アギーレ神の怒り」に似てるなと思って見ていたらヘルツォークのもうひとつの傑作のタイトル=主人公の名前が出てきてガクッときた。こういうところも監督が一人で酔ってるからこんなことしてしまうのだよ。次に熊が出てくる。この熊は全く噛みつかないし爪で攻撃もしていない。その様子が分かるような撮り方をしてしまっている。こういうところに監督の無能さが出てしまう。熊は噛み付くものなので人形とか用意して噛み付くところを撮らなきゃいけないし、 噛みついていないところがバレないように上手に処理しなきゃいけない。さらに物語が進んでいくと敵役がはっきりしてくるのだが、この敵役があまりにも雑魚キャラすぎる。敵役というものはもう少し大物であって人間的にも深みが無いと敵役としての面白さが出ない。この適役を倒すために物語が進んでいくのかなと思うと絶望的な気分になる。トータル的に見てレベルの低い作品だと言わざるを得ないだろうと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KIDOLOHKEN

3.0壮大な復讐劇、それを超える自然の壮大さ

ちかしさん
2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2時間半以上の映画の中で、まず主人公が「蘇る」までに1時間以上かかり、実際の復讐が始まるのは最後の30分ほど。その間もずっと雄大な自然が映し出される。
息子を殺されて、相手に復讐しに行く。どういう展開になろうが、誰にも何も残らない。
グラスの経験は壮絶なものだろうけど、自然の前では本当にちっぽけなこと。そんな印象を受けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし
すべての映画レビューを見る(全463件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「レヴェナント 蘇えりし者」以外にこんな作品をCheck-inしています。