「ボンド25」は2020年4月公開に 「ボーン・アルティメイタム」脚本家がリライト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日 > 「ボンド25」は2020年4月公開に 「ボーン・アルティメイタム」脚本家がリライト
メニュー

「ボンド25」は2020年4月公開に 「ボーン・アルティメイタム」脚本家がリライト

2019年2月20日 15:00

2020年4月8日公開に「ボンド25(仮題)」

2020年4月8日公開に
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer
Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia
Pictures Industries, Inc. All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャリー・ジョージ・フクナガ監督、ダニエル・クレイグ主演「ボンド25(仮題)」の全米公開日が、2020年2月14日から同年4月8日に変更となった。

米Playlistによれば、このほど「ボーン・アルティメイタム」「コンテイジョン」「サイド・エフェクト」の脚本家スコット・Z・バーンズが、リライトのために起用されたという。シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」はダニー・ボイル監督が降板後、「007 カジノ・ロワイヤル」から「007 スペクター」まで4作の脚本を手がけてきたニール・パービスロバート・ウェイドの脚本家コンビが執筆していたが、これにバーンズが手を加えるようだ。

バーンズは、軌道修正が必要な企画から真っ先に連絡がくるという救世主的存在で、クレジットはされていないが「オーシャンズ12」「ボーン・スプレマシー」「妻たちの落とし前」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」などをリライトしてヒットに導き、ハリウッドの監督・プロデューサー陣から絶大な信頼を集めている。

ボンド25(仮題)」はクレイグをはじめ、ベン・ウィショーナオミ・ハリスレイフ・ファインズレア・セドゥーが続投。「カジノ・ロワイヤル」からボンドを演じてきたクレイグにとっての最後の「007」となる公算が高いため、どのような結末を迎えるのかに注目が集まる。

(映画.com速報)
ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 マット・デイモンが記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する大ヒット・アクションのシリーズ3作目。
サイド・エフェクト[DVD] サイド・エフェクト[DVD] 最安価格: ¥2,495 スティーブン・ソダーバーグ監督が、薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に潜む陰謀を描いたサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報