ボーン・スプレマシー

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ボーン・スプレマシー
ボーン・スプレマシー
18%
60%
20%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロバート・ラドラムのベストセラーを原作に、マット・デイモンが記憶喪失の元スゴ腕CIAエージェント、ジェイソン・ボーンを演じたヒット作「ボーン・アイデンティティー」の続編。前作の2年後、インドで暮らすボーンとマリーのもとに、正体不明の暗殺者が出現。彼の目的は何なのか? ボーンはわざとCIAに捕縛され、自分を巡る陰謀を捜査していく。監督は72年の北アイルランドで起きた「血の日曜日」事件を描いた社会派ドラマ「ブラディ・サンデー」で02年ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したポール・グリーングラス。

2004年製作/108分/アメリカ
原題:The Bourne Supremacy
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5無駄のない2作目

shotgunさん
2020年7月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

マリーと共に身を隠し生きるボーン。陰謀の手が2人に迫り、ボーンは真実を知るため動き出す…。
大好きなシリーズ2作目。シリーズの中でも特に本作のタクシーを使ったカーチェイスが好きでアクション面も物語面も高品質に良くまとめている繋ぎの作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

4.0マット・デーモンの悩めるクールさがいい

2020年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

4.5【CIAに”育てられた”哀しき男。更なる”哀しみ”を負いながらも、自らの過去の”過ち”に向き合う。】

NOBUさん
2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館

悲しい

興奮

知的

 <”ネタばれ” 含みます。鑑賞前の方はご注意下さい。>

 冒頭、インドのゴアで穏やかに暮らすジェイソンとマリー(フランカ・ポルテ)。だが、ジェイソンは”訓練は終わりだ…”と言う声とともに断片的な凄惨な場面がフラッシュバックのように脳裏に現れる状態に悩まされている・・。
 そして、突如現れたロシアン系スナイパーにジェイソンの代わりにジープを運転していたマリーが射殺されてしまう・・。

<”ボーン・アイデンティティ”のレビューに記載したコメント>
-この、”ボーンシリーズ:特に第三作まで”が魅力的なのは、
ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が桁外れの戦闘術や危険を察知する能力を身に着けてはいるが、決して自らの意思で人を殺めるのではなく、次々に襲い来る様々な敵に傷つきながらも、自らの失われた記憶(アイデンティティ)を探し求めるリアルな人間像が観る側の共感を得る部分だろう。

 そして、破綻なき物語構成がきっちり2時間以内で収められている所。無駄がないのである。-

 この第二作でも、その魅力は変わっていない。ブレていないのである。

<今作のカーアクション>
 ・前作でも、カーアクションは白眉であったが、今作でもマリーを射殺したキリルとのモスクワ市街での”どうやって撮ったの?、何台、車オシャカにしたの?? と言う位の”怒涛のカーチェイス”。

<今作で沁みたシーン>
 ・マリーと川に落ちた際、絶命したマリーと口づけを交わし、永遠の別れを体現するシーン。

 ・ベルリンCIAの女性諜報員、パメラ・ランディ(ジョアン・アレン:オオ・・、キャスティングが豪華になっていく・・)達は7年前の公金横領を調査する中、情報屋が現れるが彼とCIA局員は殺害。指紋からジェイソンの仕業と思われるが・・
 だが、これが”全てを知る”CIA局長アボットの仕掛けた事が分かるシーンからの彼がパメラに言うセリフ。そして、追い詰められたアボットが最期に言うセリフ”私は愛国者だった・・” 彼も又、公金横領及び保身を図ってはいたが、犠牲者であった・・。

 ・彼の最初の任務、ロシアの民主系の清廉な政治家ネスキー暗殺犯が”誰だったか”を思い出すシーンとネスキーの遺児イレーネのアパートで彼女に真実を話すシーン。(ネスキーは妻に撃たれ、妻は自害とされていた・・)
 ”愛する者を失った時、真実を知りたくなる・・。すまない・・。”
 ジェイソンは優しき男なのである・・。

 ラストシーン、パメラから告げられたジェイソンの本名。
 そして、彼女に言うセリフ。
 繰り返すが、、優しい男なのである・・、多分パメラへの礼も込められていたと思う・・。

 哀しき物語は続く・・。

<哀しいトーンは維持しつつ、ジェイソンの哀しき過去が徐々に明らかになる過程に引き込まれる。
 ポール・グリーングラス監督(脚本・制作)、満を持しての登場作でもある。>

<2005年2月 劇場にて鑑賞>
<その後、色々な媒体で数度鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.5楽しめたが、ストーリーは理解できてない

2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

カーチェイスは最高!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ジェイソン・ボーン」シリーズ関連作品