ジェイソン・ボーン

劇場公開日

ジェイソン・ボーン

解説

マット・デイモンが、記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気アクションサスペンスのシリーズ第5作。「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の3部作を手がけたポール・グリーングラス監督とデイモンが、9年ぶりにシリーズ復帰を果たし、ジェイソン・ボーンの新たな戦いを描いた。世間から姿を消して静かに生活していたジェイソン・ボーンのもとに、CIAの元同僚のニッキーが現れる。ニッキーは、CIAが世界を監視・操作するために極秘プログラムを始動させたこと、そしてボーンにまつわる、ある驚きの真実を告げる。これをきっかけにボーンは再び動き始めることとなり、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、ボーンを組織に取り込むことを画策するが……。ボーンの追跡を指揮するCIA長官デューイ役で名優トミー・リー・ジョーンズ、その部下となるリー役で「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーがシリーズ初参加。

2016年製作/123分/G/アメリカ
原題:Jason Bourne
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Universal Pictures

映画レビュー

3.5四十半ばのデイモン奮闘するも物足りない感

2016年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

怖い

興奮

序盤のアテネでは、追われるボーンと、追うCIAチーム&ヴァンサン・カッセル扮する凄腕暗殺者のスリリングなチェイスで、最新のインテリジェンス技術を効果的に見せつつ楽しませる。

マット・デイモンはビルドアップした肉体を誇示して奮闘するも、シリーズを特徴づける切れ味鋭い格闘アクションは相対的に減り、少々物足りない。ポール・グリーングラス監督得意の目まぐるしい編集と派手なカーアクションで緊張感は保たれるものの、デイモンも今や四十代半ば。三部作の頃と同じように動けなくても仕方ないか。

『エクス・マキナ』で強い印象を残したアリシア・ビカンダーが演じるCIAエージェントは、一筋縄でいかないキャラ。ボーンとどんな関係になっていくのか興味をそそる。

余談ながら、前三部作のスピンオフ的なジェレミー・レナー主演の『ボーン・レガシー』が、ぱっとしなかったせいか「なかったこと」にされそうで不憫……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

3.0レジェンドとなったシリーズの最新作

2022年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

興奮

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かせさん

3.5愛ゆえに…3部作のクオリティには及ばず

2022年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5とにかくカーチェイスが凄い!本当に手に汗握る!

アルさん
2022年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

前3作のボーンの圧倒的な洞察力と機動力の高さをそのまま期待してしまうと、若干の肩透かしを喰らう。各シーンのアクションはもちろん素晴らしいのだが、鑑賞者のボーンへの期待値が高過ぎてしまうのは致し方無いところか。

以前ならなかなか見つからない様な場面でも、本作ではあっさりCIAに位置を把握されてしまったり監視されていたりするのは残念。マット・デイモンのスピード感あるアクションシーンも、スッと一瞬で人混みに紛れるのも、CIAを翻弄する緊張感あるボーンは健在。相変わらず観ていて心地良い。

デューイ役トミー・リー・ジョーンズの演技は平常運転だが、もう少し設定でCIA長官という関係性を深く掘り下げて欲しかった。自分勝手な印象しか無かったのが残念。
アセット役ヴァンサン・カッセルは過去の因縁と作戦の指示の遂行、全体的にほぼ無言に近い演技だが個人的には凄く良かった。

2人とも冒頭からもう悪役顔をしているので分かりやすかったが、イマイチ設定の厚みが足りなかった印象。ここは2時間の尺で十分に組み込めたはずの厚みなのが残念。無駄な逃走シーンの爆破を減らして、ストーリーにもっと力を入れて欲しかった。

良くも悪くも『ボーンシリーズ』はひと段落。含みのあるラスト、続編も可能性ある様なので期待して待ちたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル
すべての映画レビューを見る(全316件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ジェイソン・ボーン」シリーズ関連作品