恐ろしい“あれ”が来る…!岡田准一×中島哲也監督の最恐エンタテンメント、予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月2日 > 恐ろしい“あれ”が来る…!岡田准一×中島哲也監督の最恐エンタテンメント、予告編完成
メニュー

恐ろしい“あれ”が来る…!岡田准一×中島哲也監督の最恐エンタテンメント、予告編完成

2018年10月2日 05:00

名前を呼んではいけない“あれ”の正体とは?「来る」

名前を呼んではいけない“あれ”の正体とは?
(C)2018「来る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中島哲也監督と岡田准一がタッグを組んだ映画「来る」の予告編(https://youtu.be/OEFPDTGaamQ)が公開された。

第22回日本ホラー大賞を受賞した澤村伊智氏の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化した同作は、オカルトライターの野崎が、身の回りで起こる超常現象に悩んでいるという相談を持ちかけてきた田原の依頼を受けて調査を開始し、田原家にとり憑いている「何か」の正体に迫っていく姿を描いた最恐エンタテンメント。

「何か」の正体は田原の故郷に伝わる、人ならざるもので、名前を呼んではならず、繰り返し「あれ」と言及される。公開された予告編でも、岡田をはじめとする豪華俳優陣が繰り出す「その化け物を何とかしたいってことでいいんですよね?」「迎え入れましょう。あれを」といった、意味深なセリフが多数ちりばめられている。そして、何かに戸惑い、恐怖し、笑い、怒り、泣き叫ぶ登場人物たちの鬼気迫る様子が、中島監督ならではのスタイリッシュな映像で描き出されていく。

主人公となる野崎を演じた岡田のほか、「小さいおうち」でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、「散り椿」に続いて岡田との共演となった黒木華、中島監督作「渇き。」で鮮烈な女優デビューを飾って以降、数々の話題作に出演している小松菜奈、「告白」で中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子、「悪人」「怒り」など確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡らが今作に結集している。12月7日から全国公開。

(映画.com速報)
あの頃映画 松竹ブルーレイ・コレクション 小さいおうち[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 松竹ブルーレイ・コレクション 小さいおうち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,851 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。
渇き。 DVDプレミアム・エディション〈2枚組+サントラCD付〉【数量限定】[DVD] 渇き。 DVDプレミアム・エディション〈2枚組+サントラCD付〉【数量限定】[DVD] 最安価格: ¥5,184 中島哲也監督が同作以来4年ぶりに手がけた長編作品で、深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi