来る
ホーム > 作品情報 > 映画「来る」
メニュー

来る

劇場公開日

解説

「嫌われ松子の一生」「告白」「渇き。」の中島哲也監督が、岡田准一を主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが顔をそろえる。恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在にカタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集するが……。

スタッフ

監督
原作
澤村伊智
脚本
中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
製作
市川南
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
企画
川村元気
プロデュース
川村元気
プロデューサー
西野智也
兼平真樹
制作プロデューサー
佐藤満
ラインプロデューサー
内山亮
撮影
岡村良憲
照明
高倉進
上野敦年
録音
矢野正人
美術
桑島十和子
装飾
西尾共未
スタイリスト
申谷弘美
チーフヘアメイク
山崎聡
音楽プロデューサー
冨永恵介
成川沙世子
キャスティングディレクター
元川益暢
VFXスーパーバイザー
柳川瀬雅英
桑原雅志
編集
小池義幸
記録
長坂由起子
助監督
高土浩二
制作担当
大塚健二

キャスト

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 134分
オフィシャルサイト  

インタビュー

岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
インタビュー

岡田准一と小松菜奈が鬼才・中島哲也監督のホラー「来る」で初共演した。岡田は幸せそうな家族(妻夫木聡、黒木華)に襲いかかる霊的な存在“あれ”の謎に迫るオカルトライター役。小松は霊媒師の血を引くピンクの髪に全身タトゥーのキャバ嬢を演じた。...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
来るの映画評論・批評

80年代から気鋭のCMディレクターとして名を馳せ、「下妻物語」(2004)以降はアクの強い人気小説をスローモーションやCG、アニメーションを駆使したスタイリッシュな表現で映画化してきた中島哲也監督。「嫌われ松子の一生」「告白」でも人間...来るの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全154件)
  • いつ面白くなる? 意味のありそうなホラーシーン 気持ち悪いグロ いつ面白くなるだろうと期待してた割に、長く退屈なだけでした 出演者だけで適当に選んで大失敗、時間の無駄 感動も何もない ...続きを読む

    あおにゃ あおにゃさん  2018年12月12日  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • 予告編で 予告で、メインになりそうなシーンを使い切ってるのかと思いきゃ、いやぁー。 ...続きを読む

    mamizo mamizoさん  2018年12月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ロックでした 伝統芸能観に行ったら、ロックだったくらいの衝撃がありました。 人がいろいろな意味で気持ち悪いけども、怖い作品ではありませんでした。 ...続きを読む

    エイガスキー エイガスキーさん  2018年12月12日  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

バケモノの子 バクマン。 沈黙 -サイレンス- 恋は雨上がりのように
バケモノの子 バクマン。 沈黙 -サイレンス- (字幕版) 恋は雨上がりのように
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「来る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi