劇場公開日 2018年12月7日

来るのレビュー・感想・評価

3.1405
13%
40%
28%
11%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全405件中、1~20件目を表示

4.5ホラー名手による別バージョンも夢想してしまうが、松&小松の霊媒師姉妹で続編も観たい

AuVisさん
2018年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

原作は澤村伊智のデビュー作で滅法面白い。中島哲也監督は主要人物の造形に力を入れ、人間の裏の顔の恐ろしさを強調したので、小説版の化け物ホラーの要素を期待するとあてが外れるかも。これが例えば、黒沢清などのホラー名手によって映画化されたら、どんな怖い映画になったかと夢想してしまう。

一方で、比嘉琴子と真琴の姉妹を演じた松たか子と小松菜奈は、原作にあった数少ないユーモア要素も含め、キャラの魅力を的確に表現していた。小説は比嘉姉妹シリーズとしてもう2冊出ているので、松&小松のキャストで続編も可能では。中島監督のエンタメ路線の継承でもいいし、ホラーに回帰してもいい。

終盤のお祓いの儀式は大仰だが、考えてみると神事は非現実的な存在を前提にしたイベントだから、お祭りの賑やかさで除霊をするというのは意外に正しいのかも。「信じる者は救われる」の言葉と合わせ鏡で、「呼ぶ者のところに、ぼぎわんが来る」のだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 23 件)
AuVis

3.5ホラーなのか

2020年1月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人間ドラマか
壮大なお祈りをみた❗️

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
れこほた

2.5やっぱり中島監督の映画は好きになれん!😤

2020年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

小松菜奈ファンとして見逃せず鑑賞。
映画、ドラマって主人公がいて脇役が固めてキーマンが存在して、観る側に想像力を掻き立てさせ、感情移入させるから楽しめる。
これが大前提だと私は思う。

この映画。
主人公と思っていた妻夫木聡さんと黒木華さんのなんともダラダラした序盤を見せられ、中盤にあっさりお陀仏。
こうなると、視点の切り替えをしなくちゃならなく、客を振り回すなっちゃうねん!と、もう気持ちはそぞろ。

後半20分。
結局中島監督、あなたはこれを最後に見せて「盛り上がったやろ〜」とでも言いたいのか、オーソドックスな血しぶき連発。
ん〜技の引き出し少ないね。

ホラー映画なのか、社会派映画なのか、倫理映画なのか、テーマの分からん作品は評しがたい。評するに及ばずと言う方が正しいか。

キャスト最高の布陣なのに、こうもしんどいとは参った。

私の心には何も来るものなかったわ😞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツアステ侍

3.5ジャンル分けが難しい

Peinyoさん
2020年1月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo

3.0意表を突かれた。 主人公だと思っていた妻夫木聡が前半で死亡してしま...

2020年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴややっこ

3.0#1思ったこわさと

2020年1月1日
iPhoneアプリから投稿

思っていた怖さとは違うが、
楽しめる作品。

個性派で実力派の
キャストは豪華で、展開も早いから、
飽きずに観れるホラー?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
walkindude

4.0松たか子の新境地。

2019年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

興奮

全編緊張感が途切れることなく、二時間超の長尺を感じさせない演出はお見事。役者の演技も見事で岡田と松たか子に関しては最初誰が演じてるのか気づかなかった。それくらい役に入り込んでいる感じで、岡田のやさぐれ感は半端ないし、松たか子にいたってはかなりミステリアスで新進気鋭の新人が演じてるのかと思った。正直、本作については前情報を入れずに観賞したためか、かなり先入観無く観れたのが良かった。妻夫木もいまや軽薄な人間を演じたら一番ではないか。黒木華の影のある幸薄そうな妻役に加えて子役の女の子の演技も良かった。等々役者の演技はどれも素晴らしかったがやはり、突出してたのは松たか子であろう。このキャラでシリーズものをつくってほしいくらいに魅力的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント

0.5演出は良かった

2019年12月17日
iPhoneアプリから投稿

予告映像とタイトル名に凄く惹かれて観ました....が、久々に駄作を引いてしまった
全く意味が分からない もやもや 不完全燃焼
もはや予告映像作るの上手すぎ(笑)
キャストが豪華だからって面白い作品とは限りませんね...

ただ最初の妻夫木と黒木華の夫婦間のやりとりはリアルでとても良かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わんわんお

1.0中島哲也監督の世界観が自分にはまったく理解できない。 告白、渇き、...

tamaさん
2019年12月4日
iPhoneアプリから投稿

中島哲也監督の世界観が自分にはまったく理解できない。
告白、渇き、来る
全部観ましたが、どれも意味不明のまんまでした。
こういう世界観がわかるようになれれば良いのだが、、、。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tama

0.5許せない

2019年11月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

子育て奮闘中の我が身としては、「子育て」を中途半端に題材として扱ったこの映画は許せない。

序盤、妻夫木君の痛々しさに疲れる。
中盤、妖怪退治に期待高まる。
終盤、松たか子を始めとするお祓い陣営がカッコよくて期待高まる。
オチ、???何だこれ?

映画の見方、感想は人それぞれでしょうけど、私の中では最低ランクの怒りさえ覚えた映画になりました。
中島監督は嫌いじゃなかったけど、大嫌いになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みやもと

2.0オムライス

2019年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

オムライス食べるのが怖くなっちゃったじゃないか!!
キャストはかなり豪華だけど、
やっぱりホラーはよくわからん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5面白い、けど

babydollさん
2019年10月24日
iPhoneアプリから投稿

期待せずにみた分、最後まで楽しめた。
飽きさせない映像なので、退屈ということがなかったが、終焉に向けて高まるカタルシスが無かったので、見終わったあとの達成感は少ない。

題材は面白いと思うので、別の監督が撮ったら、、という妄想をしてしまう。黒沢清、園子温、入江悠、、、。

ダークヒーローものとしての魅力もある。琴子、真琴姉妹を主人公にした作品をもっと見てみたい。

役者陣の好演も素晴らしい。妻夫木聡の薄っペらーい感じ。黒木華の変幻自在の表情。柴田理恵の怪演、、、もちろん松たか子の圧倒的存在感。

面白い映画だった

が、名作という部類ではない

しかしよく考えたら中島哲也作品って、こういう感じだtたなあ(良い意味で)

前半ホラーからの、実はダークヒーローモノ、という感じは「ボーダーライン」を思わせる(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
babydoll

3.5無駄な犠牲が多いかな…

M.Shigureさん
2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M.Shigure

4.0中盤は好き

さなさん
2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
さな

1.0期待しすぎた?

Morrisさん
2019年10月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Morris

3.0お祓いアベンジャーズ

2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怪奇現象に悩まされていた夫婦(妻夫木聡、黒木華)は、友人(青木崇高)に相談、怪しげなライター(岡田准一)を紹介される。
ライターはイケイケ巫女(小松菜奈)を連れてくるが、幼い子供が元凶だが自分では手に負えない、と最強の霊媒師である姉(松たか子)と連絡を取る。
長いせいか話しが散漫になり、最後はどうでもよくなり、映画もそれを見越して終わる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0来た!その後は?

2019年10月14日
iPhoneアプリから投稿

う〜ん、結局最後はどうなったの?お祓いは成功したのか失敗だったのか。野崎と真琴はチサをどうするのか、なんかよくわからない。
大規模なお祓いの場面は何となく帝都物語を思い出し、オムライスの夢の場面はヘレディタリーのラストの意味不明な明るい雰囲気を思い出す。
怖いのか怖くないのか、不気味なのかそうでないのか、何とも言えない、、、
ニュースで不発弾の処理のため、住民一時避難とか聞いたりするけど、これからこんなはなしを耳にすると、ホントはお祓いしてるかも、なんて思ったりして!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アンディぴっと

1.0面白くない。

2019年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

そもそも創価学会員である柴田理恵はなぜこの映画に出演したのか?
本人に聞きたいくらいだ!
いくら映画とはいえ、柴田理恵は謗法を犯した!
出演を断るべきだったのではないか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Qちゃん

3.0ホラーエンタテインメント?

いちこさん
2019年10月12日
スマートフォンから投稿

怖いの苦手だけど、怖くなかった。中島監督らしい映像美?小松菜奈さん、言われないと全然わからない!いいキャラだった!最後のお祓い、ワクワクした!でも「オムライスの唄」いみがわかりません。結局怖いのは人間だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いちこ

2.0嫌ぁな映画

2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

僕の好みではなかった。
怖いというより、ただただ嫌な映画だった。

子どもがいる幸せを描かず、
しんどい部分だけを描く伏線が辛かった。
まるで子どもが悪かのような家族描写は
子育て中の僕には見るに耐えなかった。

登場人物が次々死んで行く中盤こそ、おっ!と
思ったけど、後半は間延びしてる気がして
しんどかった。
中島哲也は狂ってる。そして毒っ気がある。
その毒を好むかどうかの問題だと思う。
ただ、己を通してやりたい事やるんじゃ!
分からん奴は知らん!
という物作りは凄いと思ったりもする。
僕にとっては、「告白」以降毒っ気が増して増して、
ちょっと厳しくなってきた。

出産、育児がテーマにあると思うのだけど、
岡田くんのキャラ描写が突然のように思えて
感情移入も出来なかったし、
肝心の除霊?のシーンも派手ではあったけど、
何をやってるのかよくわからなくて、
全体的にガッカリしてしまった。

ラストも毒が強すぎてポカーンだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
奥嶋ひろまさ
「来る」の作品トップへ