岡田准一主演ホラー「来る」に青木崇高&柴田理恵&伊集院光&太賀が出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月25日 > 岡田准一主演ホラー「来る」に青木崇高&柴田理恵&伊集院光&太賀が出演!
メニュー

岡田准一主演ホラー「来る」に青木崇高&柴田理恵&伊集院光&太賀が出演!

2018年9月25日 09:00

超個性派が最恐エンタメに結集!「来る」

超個性派が最恐エンタメに結集!
(C)2019「来る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「V6」の岡田准一が主演し、中島哲也監督がメガホンをとったホラー映画「来る」の新キャストが発表された。青木崇高柴田理恵伊集院光太賀が顔をそろえ、“かつてない最恐エンタテインメント”を支えていく。

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智氏の小説「ぼぎわんが、来る」を基に、岡田&中島監督が初タッグを組み映画化。キャストには黒木華小松菜奈松たか子妻夫木聡ら主役級が結集し、企画・プロデュースを「君の名は。」「怒り」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」などの川村元気氏が手がけている。

田原秀樹(妻夫木)は愛する妻・香奈(黒木)との結婚式を終え、幸福な未来への期待に胸を膨らませていた。彼の会社にある日、謎の訪問者がやって来る。取り次いだ後輩いわく、用件は「知紗さんの件」だったという。知紗とは、妊娠した香奈と決めたばかりの、娘の名だ。自分たちだけしか知らないはずなのに、なぜ……。訪問者の正体はわからぬまま、取り次いだ後輩は謎の死を遂げる。

2年の月日が流れ、“イクメン”として知紗を溺愛する秀樹の周囲で、不可解な出来事が起こり始める。「何かに狙われているのでは?」と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライター・野崎(岡田)と、その恋人で霊感を持つ真琴(小松)を紹介してもらう。“それ”の強い力を感知した真琴は、国内一の霊媒師である姉・琴子(松)をはじめ、全国の猛者たちを次々と招集。そしてクリスマスの夜、ついに“それ”との戦いが幕を開ける。

そのなかで「沈黙 サイレンス」などの青木は、“民俗学者”と名乗る津田大吾役に。柴田はテレビに多く出演する“タレント霊媒師”逢坂セツ子、伊集院は香奈が勤めるスーパーの店長、太賀は秀樹の後輩社員で“それ”に遭遇してしまう高梨重明を演じている。「来る」は、12月7日から全国で公開。

(映画.com速報)
沈黙 サイレンス[Blu-ray/ブルーレイ] 沈黙 サイレンス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,809 遠藤周作の小説「沈黙」を、巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi