SUNNY 強い気持ち・強い愛

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
SUNNY 強い気持ち・強い愛

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らが顔をそろえる。90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当。

2018年製作/119分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2018「SUNNY」製作委員会

映画レビュー

3.5懐かしい90年代

ローチさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

この映画に描かれた時代に高校時代を過ごしたので、懐かしい気分になった。ビジュアルの再現度はかなり高かったのではないだろうか。クラスにこういう女子いたな〜と思えたし。

韓国版に比べてシビアな社会情勢的な要素は薄まっているが、そういうことに無縁なままで青春を謳歌できたのがあの時代だったりもするので、これはこれでありだろう。しかし社会を反映していない作品では決してない。高校時代、あんなに輝いていた5人の行く末は明暗が分かれる。経済的に男(夫)に頼れた2人(奈美、裕子)は裕福に暮らし、そうでない2人(梅、心)は苦しい生活を送っている。その構図自体に日本社会の不平等感が刻印されている。そんな社会にあってもそんな中、リーダーだった芹香だけは自らの才覚で人生を切り開いた。

まあ、小沢健二でダンスするコギャルが当時いたかどうかというと、多分あんまりいない気がするが、そこだけは監督の好みが優先された印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

3.5俳優陣たちが一人、また一人と色彩を重ねていく様に心打たれる

2018年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

韓国で大ヒットを記録した同名映画のフォーマットを日本の90年代カルチャーに当てはめて織りなした野心作。このようなリメイクの形は世界中に国の地域の数だけあっていいし、その全てを横断的に鑑賞するのもとても意義深いカルチャー・スタディになるように思う。つくづくこの源泉が持つ底知れぬ純度に恐れ入るばかりだ。

安室奈美恵を始め90年代を彩るアーティストの楽曲群を散りばめた本作は、とりわけ序盤の長回しのダンス・シークエンスなどに、単純な「楽しい!」を超えた、ひとかたならぬ心意気を感じさせてやまない。篠原涼子ら大人になった仲間たちの面々が一人、また一人とカラーを重ね合わせて物語を紡いでいくドラマ性も見ごたえあり。それぞれに対応した「若き日の彼女たち」も誰もが鮮烈な存在感を放つ。筆者はほぼ同世代ゆえ無条件にノスタルジーを射抜かれたが、一方で若い世代の方々はどのような感想を持たれるのか気になるところだ。

コメントする
共感した! (共感した人 15 件)
ぐうたら

4.5バブル期と現代を生きる6人の女性たちの時代対比を上手く描いている。などと冷静には書けない程懐かしい曲の数々・・。

NOBUさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

幸せ

 現代(2018年)パートと90年代パートを演じる女優さんたちのキャスティングの妙に唸る。

 <あくまでこの映画内での役柄、演技での個人的嗜好>
 ・90年代パート どなたも素晴らしき若手女優さん
 だが、池田エライザさんかなあ、山本舞香さんかなあ (他の方々、すいません)
 ・現代パート ともさかりえさん、板谷由香さん(他の方々、重ねてすいません)

 そして、現代パートの(予想どおりなのだが)時を越えた友情の深さに感動してしまうのである。

 当時のコギャルと言われた女子高生たちの服装は余りピンと来なかったが(周囲に余りいなかった)、90年代 J-POPの選曲には参った。
 この映画のサブタイトルにもなっている曲を歌ったオザケン、小室哲哉ヒットメドレー、PUFFY、そして久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」(ラ・ラ・ランドよりラが一つ多いんだよ!1996年の曲だよ!)である。

<2018年8月31日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.5あの世代を生きた年代です。 なんとなくで、好きな女優さんたち出てた...

2019年10月11日
Androidアプリから投稿

あの世代を生きた年代です。

なんとなくで、好きな女優さんたち出てたし、という感じで軽い気持ちで観ました。

『わかるぅ~!』が多かったかな。

軽い感じで話し進んでいくと思いきや、

いい話だったな。

何回も涙出てきました。

観てよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちびたまろ
すべての映画レビューを見る(全253件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「SUNNY 強い気持ち・強い愛」以外にこんな作品をCheck-inしています。