「滑稽なことは美しい」池田エライザ、「FOLLOWERS」ヒロインに全力で共鳴

2020年3月9日 13:00

Netflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」でメインキャストを務める池田エライザ
Netflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」でメインキャストを務める池田エライザ

東京で夢を追う女性たち、SNSで変化する人間関係をリアルに描いた蜷川実花監督のNetflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」が配信された。中谷美紀とともにメインキャストを務めるのは、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」「貞子」など近年の話題作で抜群の存在感を見せ、初監督作「夏、至るころ」(今年公開)も待機する池田エライザ。蜷川監督の現場、そして役作りを振り返った。(取材・文/編集部、写真/松蔭浩之

池田が演じたのは、女優になる夢を抱いて上京したもののなかなか芽が出ず、挫折を経験しながらも、人気女優に成長していく百田なつめ。常に向上心と反骨心を持ってチャンスをつかむが、思わぬピンチも訪れる。池田自身もモデル経験を経て女優に…というなつめと同様のキャリアを持つが、「なつめは私じゃない、って思わないとやっていけませんでした」と語る。

「彼女は同情なんかされてたまるかというタイプ。だから、考えなしにとにかくなつめに全力で共鳴する。それが私にできたなつめの見せ方だったのかなって。説明的にならないように、あくまで自然体に。私はどうしても明るく見せようとがんばっちゃうときがあるので、それが課題でした。なつめの場合は含みを持たせ過ぎず、賢く見せすぎず…を心がけて。時に、本当に何も考えずに言葉が出てるときってあるじゃないですか、そういう瞬間をつかみながらやっていくことが、若者らしさなんじゃないかな。って」

「なつめを演じて、滑稽なことは美しいことだと思ったんです。なので、なつめが一暴れするまでは『つまんない女だな』なんて思わずに、パワフルでかっこいいかも、どこか自分にもそういう部分があるんじゃないかと照らし合わせてほしいんです」

ドラマは中谷美紀が演じる写真家・奈良リミと、その仲間たちとの友情や仕事への向き合い方を映す“大人パート”、なつめを中心に、コムアイ、上杉柊平らが演じる、何者かになりたい若者たちが、もがきながらも前進する“若者パート”が巧みに交錯しながら展開する。

「このドラマは女性だけに向けた物語ではありません。様々なジェンダーの登場人物が当たり前のように親友としてその場にいて、誰も何の違和感を感じず人格としてみんなが互いに好きで。今を生きる全ての人間に贈るお話。“若者パート”の代表として見ていただきたいのは、『とことん落ちても、すぐに這い上がれるよ』というシンプルなところ。若いとどこまでもどん底に落ちていくけど、それは世界を知らないだけ、なつめが人に八つ当たりするのはまだ20年近くしか生きてなくて、想像力が足りないから。今、いろんなことにやりづらさを感じている、若い人に寄り添う女の子だと思っています」

蜷川監督とは10代の頃から付き合い。しかし今回は、モデルの仕事とは違った蜷川監督の一面を見られたという。「これまでの(モデルの)仕事はお互い短気集中型。自由に動いて、シャッターを押して、『はい、解散!』という働き方をしていました。ドラマは楽しいというか、嫌なことのない気持ちの良い現場でした。特にいつもと違うと感じたのは、いつもクイックな実花さんがお芝居となると、非常にエモーショナルになるんです。指示は的確ではあるのですが、実花さんの弱い部分を見せてもらえた。演出されている私と、演出している実花さんとの関係性が素敵な空間でした」

「FOLLOWERS」のクランクアップ後に、池田の初監督作「夏、至るころ」の撮影に入った。蜷川監督の現場で得たものを自身の現場で活かせたと振り返る。「『FOLLOWERS』とは全く違う素朴な田舎のお話ですが、池田組も気持ちよく円滑に終わることができました。それは、クランクイン直前まで、実花さんの演出方法や立ち振る舞いを見ていたからかもしれません。実花さんは、『本当に疲れた!』っていうときでも、素敵なシーンが撮れるとぶっ飛んで喜んだり、演者が緊張していると、集中してモニターを見てくださったり。そういうところに感銘を受けて、私もそうでありたいな、っていう気持ちを常にキープできたからだと思います」

モデル、女優業のみならず、クリエイターとして多方面で活躍する池田。とりわけ尊敬する表現者はジュリエット・ビノシュだそう。「私には全くないいじらしさがある。私も性格は十分いじらしいと思うんですけど(笑)。私のイメージはストロングだと思われているので、ビノシュを見ると落ち着くんです。女性のかわいらしい部分が、すごく誇らしく感じて、撮りたいなって、思っちゃいます。こういう女の子を間近で撮れたら、男性に興味なくなっちゃうんじゃないかな…って思うくらい素敵。レオス・カラックス作品での、特にドニ・ラバンとの掛け合いなんか、ウーっときちゃいます」と、カメラの後ろに立った目線で語る。

そして、今後の展望は「素敵な人との素敵な縁を感じたら、その方々と面白いものを作りたいし、そういった縁を大事にしていきたい。あんまりこれ、というものにこだわらず、常に嗅覚を敏感にして、喰いついていきたい。そして、私生活はゆるやかに、おだやかに、いつもどおり引きこもっていきたいです」と宣言。プライベートでは話題の配信作品から最新劇場公開作まで幅広く鑑賞するそうで、「年末に大きいテレビを買って、今すっかりテレビっ子。映画館にも行くので大忙しです」と微笑んだ。

「FOLLOWERS」は、Netflixで全9話世界190カ国へ独占配信中。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com