中川大志、「ソニック」公開延期も「早く届けたい」 山寺宏一&寺嶋眞秀と“勝運”祈願

2020年3月9日 14:30

ソニックも駆けつけた!
ソニックも駆けつけた!

[映画.com ニュース]セガの人気ゲームを米ハリウッドで実写映画化した「ソニック・ザ・ムービー」の勝運祈願イベントが3月8日、東京・亀戸香取神社で開催され、日本語吹き替え版声優を務める中川大志山寺宏一、寺嶋眞秀くんが出席。新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、3月27日に予定していた公開が延期となった本作について、それぞれ胸の内を明かした。

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる。ソニックを中川、ドクター・ロボトニックを山寺、ソニックの幼少期ベビーソニックを寺嶋が担当している。

封切りに向けて、勝運の御利益がある同所で祈願に臨んだ中川は「無事の公開と、楽しみに待ってくださっているたくさんの方に、僕たちも早く届けたい気持ちを込めてお祈りさせていただきました」と熱を込める。山寺も「いろんな人を元気にしてくれる楽しい映画です! 事態が収束して、一日も早く公開できることを願ってお祈りしました」と話し、本作で吹き替え声優に初挑戦した寺嶋は「みんなで見てください!」と元気いっぱいにアピールした。

イベントでは、それぞれ大きな絵馬にしたためた願い事を発表することに。「花粉に負けない!」と書いた中川は、「まずは今年も花粉に負けない! 今年はマスクも手に入りにくかったりしますが、食事を意識していて、納豆やヨーグルトが良いと聞いたので、自分の免疫力をあげて、どんな病気にも立ち向かって戦っていきたいです」と宣言。

山寺は「ソニック並のスピードでコロナ収束!」と掲げ、サッカーをやっているという眞秀くんは「サッカー選手になりたいです!」と夢を明かしていた。

ソニック・ザ・ムービー」は近日公開予定。新たな公開日は今後発表される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース