貞子

劇場公開日:

貞子

解説

Jホラーブームの火付け役となった世界的ヒット作「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督のメガホンで描いた。鈴木光司の小説「タイド」を原作に、SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを描き出す。心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当することに。全ての記憶を失い自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった茉優の弟・和真は再生回数を稼ぐため、5人の死者を出した団地の火事跡に忍び込んで心霊動画を撮ろうとするが……。池田エライザが茉優役で主演を務め、塚本高史、清水尋也が共演。

2019年製作/99分/G/日本
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2019年5月24日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019「貞子」製作委員会

映画レビュー

3.5貞子基本形

2024年5月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

興奮

Huluにて鑑賞
私好みのストーリー展開
ただ、いつものあの場面を主人公が見ていないのは、おしい。
佐藤仁美さんの演技は素晴らしかった。
元気爆発なおばさまと、貞子に出会ってしまった哀しみを上手く演じ分けている。
あと、ともさかりえさん
あのスタイルだからこそ、追い詰められ追い詰められ、こうなったんだなあ、と思わされた。
それから、ミニ貞子ちゃんの綺麗な瞳。
これからが楽しみです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
七色姫

3.0謎の少女と貞子は味方同士なのか

2024年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

初代『リング』に登場した呪いのビデオと同じ映像を使用し、また、佐藤仁美さんが演じる倉橋の高校時代の映像も『リング』から流用できるのも中田秀夫監督ならでは。
主人公マユ(池田エライザ)と弟カズマ(清水尋也)の二人の姉弟と、謎の少女と山村貞子の物語。
ホラーは謎のままで良い。
あれこれ想像したり考察したい。

山村貞子が現代も活躍(呪い活動)していることに、なんとなく嬉しく思ってしまう私。
貞子の味方になっちゃいそうで、それが怖い。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
Don-chan

1.0怖くない

2024年3月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ユーチューバーネタ絡みで
面白くなる展開に出会った事がない

コメントする (0件)
共感した! 1件)
いのしし

3.5良き

2023年4月22日
iPhoneアプリから投稿

配信者系清水くん。
結構映るし萌えますので映画としてはアレですが3.5で。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
なつ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リング」シリーズ関連作品

「貞子」シリーズ関連作品