怒り

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
怒り
怒り
35%
48%
13%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。

2016年製作/142分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀助演男優賞 妻夫木聡

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 李相日
優秀脚本賞 李相日
優秀主演女優賞 宮崎あおい
優秀助演男優賞 森山未來
優秀助演女優賞 広瀬すず
新人俳優賞 佐久本宝
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • キラー・メイズ
  • 狼チャイルド
  • デス・バレット
  • 黒い箱のアリス
  • プライマル・レイジ
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • オー・マイ・ゼット!
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

映画レビュー

4.5誰が犯人なのか。

ピヨ彦さん
2021年2月22日
iPhoneアプリから投稿

最後まで3人のうちだれが犯人なのかがわからなく、物語の世界に惹きつけられた。
広瀬すずが特に衝撃的だったが、役者全員の演技がうますぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピヨ彦

4.5良かった

nekonokoさん
2021年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nekonoko

4.0力作。

2021年2月19日
iPhoneアプリから投稿

物語を牽引せず、涙目を剥かず、最後の最後に美味しい溜めの台詞を吐かない渡辺謙を見て、初めて良いなと思えた。
不必要に美しくて逞しく素敵だけど、猛烈に凡庸という彼の最適な役柄の発見を国民として祝おう。

最適な三方向から最適な物語量で掘り進めて、その結節点の極小の空洞に確かに密実なテーマを見せる李相日の手腕を讃える。

儲け役の役者陣、皆の代表作に成るだろう。
ネタバレ回避の為に多くは語らぬが、只これをこそ力作と言おう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きねまっきい

4.0怒りってどこからくるのか

marさん
2020年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

幸せ

オールスターキャストで臨んだ、渾身の傑作。
いろんな形の「怒り」を描いた作品な訳なんだけど、
その描き方が重厚というか壮絶というか。
ストーリーにしても観てるだけで心が削られるような苦しさを覚える。

あんまり人に晒したくない、自分の心のナイーブな部分をギュっと掴んでくるようで
誰でも持ってるような弱さから「怒り」って生まれるのかな、と。
もちろんその弱さって全然悪いことじゃなくって、
むしろ悪いとしたらそれと向き合わないこと、認めないことなんじゃなかろうか。

「人生で大切なことを教えてくれるものは3つ。空っぽのポケットと挫折、そして傷心だ。」
どこかで聞いたこんな言葉を思い出しながら、登場人物の将来に思いを馳せてしまった。

確かに後味の良い作品ではないけれど、誰もが向き合うべきことを示してくれる良作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar
すべての映画レビューを見る(全711件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「怒り」以外にこんな作品をCheck-inしています。