劇場公開日 2016年9月17日

  • 予告編を見る

怒りのレビュー・感想・評価

3.9721
35%
48%
13%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全721件中、1~20件目を表示

4.0千葉・東京・沖縄パートいずれも秀逸

2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

李相日監督が、「悪人」に続き再び吉田修一原作を映画化。李監督にとって、吉田原作は親和性が高いのだろう。それを実証するかのごとく、今作もまた重厚な作品に仕上がった。
犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉・東京・沖縄に前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いている。千葉パートは渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、東京パートは妻夫木聡と綾野剛、沖縄パートは広瀬すずと森山未來が担っているが、いずれも土地に根差した人間模様がえぐり出されており、人間の憎悪がどこに潜んでいるかが浮き彫りになってくる作りが秀逸だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

3.5ストーリーはパラレルで進むが、

Miya-nさん
2021年6月9日
iPhoneアプリから投稿

混乱せずに全ての怒りを感じ取れた。
八王子事件の犯人が誰かを追いつつも、それぞれに心の闇を持つ彼らの本当の姿を追っていくあまり経験のない展開だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Miya-n

2.0これを見て一体何を思えばいいのかわからない。 キャストはすごい豪華...

2021年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あかね*.+゚

2.5何も解決しない社会派?

keyさん
2021年5月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

前知識、全く無く見たらメンタルやられました。
吐き気さえする。
原作があるとか知りませんが、何も解決しないで"怒り"、終わり。
問題提起しました、どう??と言われてる感じ。
サザエさんやドラえもんでも見ないと現実に戻れない。。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
key

3.0共感性の高い人にはお勧めしない

2021年5月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

私にとっては苦しい作品でした。
沖縄のシーンはじっとりとそして鮮明に辛いシーンが頭に残り、しばらく引きずりそうです。
胸糞系が好きな方には絶対おすすめ。
共感性の高く、感情輸入してしまう方は落ち込んでしまうでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まるちゃんたまちゃん

3.0社会派を気取ったエログロナンセンス

2021年5月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

映画館では2016年9月25日地元のイオンシネマで鑑賞
それ以来に2度目の鑑賞
原作未読

一軒家の夫婦殺人事件の纏わる群像劇

原作吉田修一監督李相日に豪華な俳優陣
にもかかわらず自分としては作品の評価はそれほど高くない
駄作とは言わないが好みじゃ無い
絵的にキツすぎる
悪趣味の詰め合わせ
良く言えば過激
悪く言えば下劣
作品としては『悪人』の方が断然良い

妻夫木くんが攻める側のゲイのカラミのシーンとアメリカ兵にレイプされる広瀬すずがエグすぎる
ゲイならおてて繋いでランランとイチャイチャする程度でいいしレイプなら女が男を襲うほうが鑑賞に耐えられる

豪華な顔ぶれのなかで1番に光ったのは宮﨑あおい
彼女の演技力は実力者のなかでもずば抜けている

これを観たから在日米軍基地問題や派遣社員問題に怒りをあらわにするかというとそれはなかった
結局原作者も監督もなにをしたかったのか
なにを伝えたかったのかよくわからない
映画館を出たあとにすぐに浮かんだ感想は古い言い回しだが「エログロナンセンス」だったことは今でも鮮明に覚えている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

4.0単純に楽しめば良かったと後悔

2021年5月4日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リーチ!

3.0何に対する怒りなのか

くりさん
2021年4月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くり

3.5コンプレックスだとか、境遇とかで、自分は幸せになれない。と思い込ん...

2021年4月3日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えるこーん

4.0怒りと信じることの、、

T-KAZUさん
2021年3月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
T-KAZU

4.5誰が犯人なのか。

ピヨ彦さん
2021年2月22日
iPhoneアプリから投稿

最後まで3人のうちだれが犯人なのかがわからなく、物語の世界に惹きつけられた。
広瀬すずが特に衝撃的だったが、役者全員の演技がうますぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピヨ彦

4.5良かった

nekonokoさん
2021年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nekonoko

4.0力作。

2021年2月19日
iPhoneアプリから投稿

物語を牽引せず、涙目を剥かず、最後の最後に美味しい溜めの台詞を吐かない渡辺謙を見て、初めて良いなと思えた。
不必要に美しくて逞しく素敵だけど、猛烈に凡庸という彼の最適な役柄の発見を国民として祝おう。

最適な三方向から最適な物語量で掘り進めて、その結節点の極小の空洞に確かに密実なテーマを見せる李相日の手腕を讃える。

儲け役の役者陣、皆の代表作に成るだろう。
ネタバレ回避の為に多くは語らぬが、只これをこそ力作と言おう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きねまっきい

4.0怒りってどこからくるのか

marさん
2020年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

幸せ

オールスターキャストで臨んだ、渾身の傑作。
いろんな形の「怒り」を描いた作品な訳なんだけど、
その描き方が重厚というか壮絶というか。
ストーリーにしても観てるだけで心が削られるような苦しさを覚える。

あんまり人に晒したくない、自分の心のナイーブな部分をギュっと掴んでくるようで
誰でも持ってるような弱さから「怒り」って生まれるのかな、と。
もちろんその弱さって全然悪いことじゃなくって、
むしろ悪いとしたらそれと向き合わないこと、認めないことなんじゃなかろうか。

「人生で大切なことを教えてくれるものは3つ。空っぽのポケットと挫折、そして傷心だ。」
どこかで聞いたこんな言葉を思い出しながら、登場人物の将来に思いを馳せてしまった。

確かに後味の良い作品ではないけれど、誰もが向き合うべきことを示してくれる良作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
mar

4.0俳優陣が素晴らしい

ぷるさん
2020年12月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぷる

3.5超豪華キャストで見る価値あり

2020年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
金髪社長

4.5怒り

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

4.5最高です

MAMIさん
2020年10月29日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

難しい

好き嫌い相当でる作品だと思いますが、本当にこの監督は吉田修一の作品実写化の忠実度が最高です。大好きです。

森山未來が大好きで彼は全く期待を裏切らないのに加えて、妻夫木さんと綾野剛さんのシーンがめちゃくちゃ良くできてます。原作の2人が大好きなのでどうなるかと思いましたが、見たよかった。

人を信じるとはどういうことなのか考えさせられます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MAMI

4.0面白かった。

go-chanさん
2020年10月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
go-chan

4.5俳優陣の演技が凄く

eitaさん
2020年10月9日
iPhoneアプリから投稿

良かったです。千葉さん、最後の叫びは響きました。

個人的には、妻夫木さんと綾野さんの演技に惹かれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eita
「怒り」の作品トップへ