岡田准一が“恐怖”の餌食に… 中島哲也監督のホラー「来る」劇中カット披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月14日 > 岡田准一が“恐怖”の餌食に… 中島哲也監督のホラー「来る」劇中カット披露
メニュー

岡田准一が“恐怖”の餌食に… 中島哲也監督のホラー「来る」劇中カット披露

2018年8月14日 05:00

“それ”が…、来る…!「来る」

“それ”が…、来る…!
(C)2019「来る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「V6」の岡田准一が主演し中島哲也監督がメガホンをとったホラー映画「来る」の劇中カットが、このほどお披露目された。手と顔に血を付着させたフリーライター・野崎(岡田)がフローリングの上に倒れ伏し、恐怖に目を見開く様子を切り取っている。

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智氏の小説「ぼぎわんが、来る」を基に、岡田&中島監督が初タッグを組み映画化。キャストには黒木華小松菜奈松たか子妻夫木聡ら主役級が結集し、企画・プロデュースを「君の名は。」「怒り」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」などの川村元気氏が手がけている。

田原秀樹(妻夫木)は愛する妻・香奈(黒木)との結婚式を終え、幸福な未来への期待に胸を膨らませていた。彼の会社にある日、謎の訪問者がやって来る。取り次いだ後輩いわく、用件は「知紗さんの件」だったという。知紗とは、妊娠した香奈と決めたばかりの、娘の名だ。自分たちだけしか知らないはずなのに、なぜ……。訪問者の正体はわからぬまま、取り次いだ後輩は謎の死を遂げる。

2年の月日が流れ、“イクメン”として知紗を溺愛する秀樹の周囲で、不可解な出来事が起こり始める。「何かに狙われているのでは?」と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライター・野崎(岡田)と、その恋人で霊感を持つ真琴(小松)を紹介してもらう。“それ”の強い力を感知した真琴は、国内一の霊媒師である姉・琴子(松)をはじめ、全国の猛者たちを次々と招集。そしてクリスマスの夜、ついに“それ”との戦いが幕を開ける。

あわせて、特報映像もYoutube(https://youtu.be/Z2MBqxsq4bo)で披露。シーンがめまぐるしく切り替わるなか、登場人物が何かに恐怖し、笑い、怒り、泣き、叫ぶ様子をとらえている。中島監督の面目躍如とも言うべき映像美と、豪華キャストの尋常ならざる表情が印象的な仕上がりだ。

来る」は、12月7日から全国で公開。

(映画.com速報)
「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,592 男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督のオリジナル長編アニメ。
怒り DVD 通常版[DVD] 怒り DVD 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,172 李相日監督が、吉田修一原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi