岡田准一らが“あれ”を待ち受ける!?「来る」ビジュアル完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月10日 > 岡田准一らが“あれ”を待ち受ける!?「来る」ビジュアル完成
メニュー

岡田准一らが“あれ”を待ち受ける!?「来る」ビジュアル完成

2018年9月10日 08:00

注目作のビジュアルが完成「来る」

注目作のビジュアルが完成
(C)2019「来る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中島哲也監督が5年ぶりにメガホンをとる新作で、岡田准一が主演を務めるホラー映画「来る」のポスタービジュアルが完成した。岡田のほか、主要キャストである黒木華小松菜奈松たか子妻夫木聡が顔をそろえている。

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智氏の小説「ぼぎわんが、来る」が原作。オカルトライター・野崎(岡田)のもとを訪れた田原(妻夫木)は、身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が連続し、妻・香奈(黒木)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れ、相談する。霊媒師の血をひくキャバ嬢の恋人・真琴(小松)と調査を始める野崎だが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超える強力なものだった。

この「何か」は、田原の故郷の民間伝承に由来する人ならざるもの「※※※※」ではないかと民俗学者・津田から指摘された田原は、過去の記憶をたどっていく。そして……、「そうか! あれの正体は、あいつだ!」。あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に来る。エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松)の呼びかけで、日本中の霊媒師が結集し、かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。

公開されたポスタービジュアルは、上から迫り来る“あれ”を待ち受けるかのような緊張感あふれる表情の5人の姿をとらえている。久々に現代劇に挑む岡田はヒゲ面、小松はピンク色の髪、松は顔に意味深長な傷があることを確認することができ、今作に漂う怪しい雰囲気を感じることができる。映画は、12月7日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi