小さいおうち

劇場公開日

小さいおうち
13%
54%
28%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。家の主人で玩具会社に勤める平井雅樹、その妻・時子、2人の5歳になる息子の恭一とともに穏やかな日々を送っていたある日、雅樹の部下で板倉正治という青年が現れ、時子の心が板倉へと傾いていく。それから60数年後、晩年のタキが大学ノートにつづった自叙伝を読んだタキの親類・荒井健史は、それまで秘められていた真実を知る。時子役を松たか子、晩年のタキを倍賞千恵子が演じた。若き日のタキに扮した黒木華は、第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)に輝いた。国内でも第38回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

2014年製作/136分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞

優秀助演女優賞 黒木華

ノミネート

優秀作品賞  
優秀脚本賞 山田洋次 平松恵美子

第64回 ベルリン国際映画祭(2014年)

受賞

最優秀女優賞(銀熊賞) 黒木華
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014「小さいおうち」製作委員会

映画レビュー

4.0松たか子VS黒木華 見事なまでの対峙

2020年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

3.0松たか子

a.さん
2021年6月1日
iPhoneアプリから投稿

やっぱり松たか子はすんげぇ
なんなんだありゃ、なんなんだあの色気は

でも爆弾が落ちるCGのとこで冷めたな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a.

4.0黒木華を通して観る山田監督の慧眼

2021年5月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

板倉の下宿に螢雪次朗(酒屋のおじさん)がでて来た!と思ったら、行きと帰りで帯の模様が逆だったって?さすが華ちゃん。よく気が付いたね。松たか子が板倉に会いにゆく前に、着物の襟を鏡でチェックするときの横顔がすごくセクシーだった。これからイタクラをイタダキに行きます❗って目が雄弁に語っていた。螢雪次朗が出て来ると余計にいやらしさが増すなぁ。当然、山田洋次監督はそこまで計算していたと考えるのだが、ちょっと生々しい。観る側が試されているような気がしてしまった。わからない人にはわからないと思うけど。それでいい。

倍賞千恵子と妻夫木聡いい。妻夫木聡は年配の監督からの信頼が厚いんだなぁと思うことがよくある。
米倉斉加年。おぉ、って感じでした。
どうか、お元気で、って思ってしまった。2014年8月にお亡くなりになったんですか。遺作になったんでしょうね。絵本作家でもある米倉斉加年への監督の粋な計らいだったんだなぁ😢

小さいおうちの絵本は読んだことがあるような、ないような。
妻夫木の恋人役の木村文乃が誕生日プレゼントに本屋で買ってあげるさりげないシーン。

あの赤い屋根の洒落たお家は東京の大田区って言ってたなぁ。
柿の木坂の家なんて歌があったなぁ。

春には柿の花(華)が咲き
秋には柿(松)の実(身)が熟れる
柿の木坂は 駅まで三里
思い出すなぁ ふるさとのヨ
乗り合いバスの悲しい別れ

布宮タキ(山形米沢)と板倉(青森弘前)の儚い恋のモチーフになったのかもしれない。こぶ平(林家正蔵)に鼻歌で歌わせたらよかったかも。でも、下手そうだから。いいや。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 6 件)
カールⅢ世

2.5無神経で恐ろしい話

さん
2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

昭和11年、松たか子扮する時子と片岡孝太郎扮する平井雅樹夫婦の小さいおうちのお手伝いとして黒木華扮するタキが入っていた。タキの目線で物語は展開されていく。そこへ吉岡秀隆扮する会社で採用したデザイナー板倉正治がやって来て時子はひと目で気に入ってしまった。板倉は、気さくに時子やタキに話しかけてきたあげく眠り込んでしまったのだった。しかし、仮にも採用されたばかりの新人が会社の常務の家でずうずうしく過ごせるものかね。ましてやひとりで常務の家に出入りしたり、常務の奥様とお付き合いしたりなんて無神経で恐ろしい話だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
重
すべての映画レビューを見る(全135件)

他のユーザーは「小さいおうち」以外にこんな作品をCheck-inしています。