小さいおうち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
小さいおうち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。家の主人で玩具会社に勤める平井雅樹、その妻・時子、2人の5歳になる息子の恭一とともに穏やかな日々を送っていたある日、雅樹の部下で板倉正治という青年が現れ、時子の心が板倉へと傾いていく。それから60数年後、晩年のタキが大学ノートにつづった自叙伝を読んだタキの親類・荒井健史は、それまで秘められていた真実を知る。時子役を松たか子、晩年のタキを倍賞千恵子が演じた。若き日のタキに扮した黒木華は、第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)に輝いた。国内でも第38回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

2014年製作/136分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞

優秀助演女優賞 黒木華

ノミネート

優秀作品賞  
優秀脚本賞 山田洋次 平松恵美子

第64回 ベルリン国際映画祭(2014年)

受賞

最優秀女優賞(銀熊賞) 黒木華
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014「小さいおうち」製作委員会

映画レビュー

4.5【昭和初期を舞台にした気品溢れる作品。】

NOBUさん
2019年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

  この作品のようなテイストを醸し出せる山田洋次監督の凄腕には敬服せざるを得ない。

  又、この作品の上質感を支えているのは、観れば分かるが美術(出川三男)、衣装(松田和夫)という、山田映画を支える盤石のスタッフ陣と音楽(久石譲)である。

  戦時中でも、気品ある夫人を演じた松たか子の姿と女中を演じる黒木華の姿は忘れ難い。黒木華はこの作品から山田監督作品の主要メンバーとなった事は周知の事実である。

<2014年1月25日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5山田洋次の82作目となる監督作で、中島京子の小説を映画化。

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

山田洋次の82作目となる監督作で、中島京子の小説を映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0不倫ものだと思ったらレズ映画だったとは!

2019年6月8日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

2.5原作に忠実に再現してほしかったなーと思います。 あのストーリーだと...

さん
2019年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作に忠実に再現してほしかったなーと思います。
あのストーリーだと、三角関係がわからない。
倍賞千恵子さんがなんか、ただのおばあちゃんに見えて、オーラがなくて少し残念でした。
黒木華は言わずもがな、松たか子も昭和の奥様にしか見えなかった。
そしてうだつのあがらない役をやらせたら天下一品の吉岡さん…。あなたいつもそんな感じよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鯨
すべての映画レビューを見る(全111件)

他のユーザーは「小さいおうち」以外にこんな作品をCheck-inしています。