【国内映画ランキング】「検察側の罪人」V、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は7位スタート

2018年8月27日 19:04

木村拓哉と二宮和也の初共演作がV
木村拓哉と二宮和也の初共演作がV

[映画.com ニュース] 8月25日~26日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。8月最後の週末は、「検察側の罪人」が「銀魂2 掟は破るためにこそある」を押さえ、首位デビューした。同作は、原田眞人監督がメガホンをとり、木村拓哉二宮和也の初共演で、雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化したもの。24日から全国335スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万8000人、興収4億1600万円をあげた。これは2015年に公開され、最終興収46.7億円を記録した木村主演「HERO」の興収比56.8%の成績。公開3日間では動員44万7000人、興収5億8000万円をあげており、まずは興収25億円超えが期待できるスタートとなった。

前週首位発進した「銀魂2」は2位に後退したが、週末2日間で動員26万9000人、興収3億7100万円をあげている。3位には「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」がつけ、週末2日間で動員20万6000人、興収2億8500万円をあげて、累計動員は601万人、興収は77億円を超えた。4位の「インクレディブル・ファミリー」は累計興収が40億円を突破している。

快進撃を続けている「カメラを止めるな!」は、8位から6位にさらにランクアップ。週末2日間で動員12万7000人、興収1億9000万円をあげ、累計動員は86万8000人、興収は遂に12億5700万円を突破した。盗作疑惑問題が勃発したが、これがさらに注目を集める形となり、まだまだ“感染拡大”は続きそうな勢いを見せている。

なお新作では他に、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」が24日から公開され、7位スタートとなった。「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の続編。前作は09年に公開され、最終興収26億円を記録した。

(映画.com速報)

マンマ・ミーア![Blu-ray/ブルーレイ]

マンマ・ミーア![Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥980

ABBAのヒット曲で構成されたブロードウェイ・ミュージカルをオスカー女優メリル・ストリープ主演で映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com