松嶋菜々子「誘拐法廷」でテレ朝ドラマ初主演! 娘を誘拐された弁護士役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月27日 > 松嶋菜々子「誘拐法廷」でテレ朝ドラマ初主演! 娘を誘拐された弁護士役に
メニュー

松嶋菜々子「誘拐法廷」でテレ朝ドラマ初主演! 娘を誘拐された弁護士役に

2018年8月27日 19:00

韓国映画「セブンデイズ」をベースにした物語「帝一の國」

韓国映画「セブンデイズ」をベースにした物語
(C)テレビ朝日
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の松嶋菜々子が、テレビ朝日のスペシャルドラマ「誘拐法廷 セブンデイズ」で主演を務めることがわかった。誘拐された娘を奪還すべく、法律ギリギリのラインで格闘する弁護士・天吹芽依子役を全身全霊で演じる。

本作のベースとなったのは、2007年に製作されたキム・ユンジン主演の韓国映画「セブンデイズ」。舞台を日本に移し、母性と倫理、無数のどんでん返しがめまぐるしく交錯する7日間のノンストップサスペンスが描かれる。物語は、敏腕弁護士・芽依子のひとり娘が誘拐されるという衝撃の展開からスタート。誘拐犯の要求は「殺人罪で起訴された、限りなくクロだと思われる被告人の無罪を勝ちとる」こと。結審までたった7日間という苦しい状況のなか、芽依子は最愛の娘を取り返すために、弁護士の倫理に抵触しかねない方法で証拠集めに奔走する。


画像2

(C)テレビ朝日
[拡大画像]

1996~98年にテレビ朝日系で放送された「劇的紀行 深夜特急」シリーズ(名古屋テレビ制作)に出演していた松嶋だが、テレビ朝日制作のドラマへの出演は今回が初のこと。テレ朝ドラマ初主演の場となり、実生活で2児の母でもある松嶋が、その豊かな母性をいかんなく芝居へと昇華し、“母親ならではのせめぎあい”を繊細に表現している。

「弁護士としての使命感や責任感。子どもを守りたい強い親の気持ちと、仕事をしながら娘を育てる母の心情、幾重にも重なる思いは難しい役どころ」と芽依子役への思いを明かす松嶋。「娘を助け出すための7日間のタイムリミットが迫る緊迫感を私なりに演じたいと思います」と意気込みを明かすと「物語が進むにつれて意外な方向へと展開し、見終わった後には何か心に残る、考えさせられる作品になると思います。是非ご覧下さい」とアピールしている。

「誘拐法廷 セブンデイズ」は、テレビ朝日ドラマ初執筆となるいずみ吉紘(「帝一の國」)が脚本を担当。今秋にテレビ朝日系で放送される。

(映画.com速報)
帝一の國 通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 帝一の國 通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,845 古屋兎丸のコミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi