マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

劇場公開日

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
20%
53%
23%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。主人公ソフィがホテルの開業を目指して奮闘する現在と、ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく物語をつづる。ギリシャのカロカイリ島で念願のホテルを完成させたソフィは、オープニングパーティの準備に追われていたが、母ドナの親友ロージーとターニャもやってきて、久々の再会を喜ぶ。しかし、ニューヨークにホテルビジネスを学びにいっている夫のスカイから、一緒にニューヨークで暮らさないかと誘われ、心揺れるソフィ。そんな彼女に、ロージーやターニャ、そして3人のパパのひとりであるサムらは、若き日の物語を話し始める。キャストにはソフィ役のアマンダ・セイフライドを筆頭に、ドナ役のメリル・ストリープら前作のメンバーが再結集。若き日のドナ役に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に「戦火の馬」のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に「バーレスク」のシェールら、新たなメンバーも参加。「17歳のエンディングノート」のオル・パーカーが監督・脚本を手がけた。

2018年製作/114分/G/アメリカ
原題:Mamma Mia! Here We Go Again
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5親戚の結婚披露宴のような微笑ましさ

村山章さん
2018年9月29日
PCから投稿

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

3.5前作とABBAのファン向き。ミュージカル映画としての新味は…

2018年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

2008年公開の前作は英ウエストエンドから米ブロードウェイへと進出したミュージカルの映画化で、ABBAの代表曲を並べた歌唱シーンで楽しませてくれた。続編で同じ曲ばかりやるわけにもいかず、ABBAの大ファン以外は知らない曲が続き、やや退屈。さすがに認知度の低い歌ばかりじゃ…となり、「マンマ・ミーア!」や「ダンシング・クイーン」などは再登場するが。

前作公開の後、俳優の歌唱の同録撮影にこだわった「レ・ミゼラブル」、歌い上げないソフトな歌唱と洗練されたジャズサウンドが印象的な「ラ・ラ・ランド」といった傑作が出たこともあり、今作は相対的に古臭さを否めない。ただ世界観は継承しているので、前作が大好きだった人は再会を喜べそう。

ドナがソフィを身籠ったとき3人の男と順に寝ていたエピソードは、実際に映像化されるとエグイなと感じた。コリン・ファースの喜劇センスが光っていたのは◎。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

3.5前作にハマった人は観るべき‼️

movicさん
2021年11月4日
iPhoneアプリから投稿

ネタバレは含みません。安心してください。

今回は現代と母の代がパパッと常に入れ替わっていく感じで進みます。
前作が好き、もしくは面白かったと感じている方は今回も同じように楽しめると思います。逆に前作を観ていない人は観ても話の分からない部分が多いと思います。

とにかく若き日のドナ役のリリー•ジェイムズの歌がうますぎることと若き日のドナの親友たちが現代の役の人と似すぎています。本当に似てます。なので、違和感が全くなく本当に彼女らの若き頃を観ているようです。

実際に前作から10年経っての撮影なので俳優がそれぞれ良い感じに年をとっていて味がありました。
俳優らも再会を楽しんで撮影しているのが伝わってきました。

正直あまり期待していませんでしたが全体的に思っていたよりもおもしろかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movic

3.0娘はいったい今いくつなの?

2021年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

全編ABBAの曲を声高に合唱しながら観る映画のため、劇場鑑賞は不適か(まあ家でもうるさがられたが)。それにしても一生懸命覚えて口ずさんでた歌詞が、映像にするとこんなにアバズレ、いや奔放な女の話になるなんて。オープニングで「あなたの未来は輝いている」と称賛された主人公が、本能のおもむくままに行動し1年後には未婚の母となって人知れず生きていくような姿にはあまり共感はできないが、リリー・ジェイムスがおバカな女感を払拭させるような聡明さと元気さと可愛さを合わせ持っているので、まあこんな人生もありなのかと納得してしまう。ところで娘は1980年ぐらいに生まれてることになるが、もう40ってこと?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっきー
すべての映画レビューを見る(全189件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「マンマ・ミーア!」シリーズ関連作品