ホアキン・フェニックス、カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」撮影は“初体験”の連続! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月22日 > ホアキン・フェニックス、カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」撮影は“初体験”の連続!
メニュー

ホアキン・フェニックス、カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」撮影は“初体験”の連続!

2018年5月22日 18:00

増量の理由も明かす「ビューティフル・デイ」

増量の理由も明かす
(C)Why Not Productions, Channel Four
Television Corporation,and The British
Film Institute 2017. All Rights Reserved.
(C)Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」について語った6分弱のインタビュー映像が、公開された。

少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督がメガホンをとり、行方不明者を捜索するプロフェッショナルで元軍人のジョー(フェニックス)が、怪しげな依頼を引き受けたことから窮地に陥るさまを、独自の映像表現とバイオレンス描写を絡めて描く。音楽を、人気バンド「レディオヘッド」のメンバーで、「ファントム・スレッド」でオスカー候補に選出されたジョニー・グリーンウッドが担当している。

ガス・バン・サント監督新作「Don't Worry, He Won't Get Far on Foot(原題)」や、キリスト役を演じた「Mary Magdalene(原題)」、さらにバットマンの宿敵・ジョーカー役を演じる新作が控えるなど、ハリウッド随一の売れっ子であるフェニックス。「監督と直接会うことなく作品への出演を決めたのは、実は今回が初めてだった」と明かし、「顔を合わせたのは僕が現場入りしたときで、リハーサルが始まる2週間前のことだ。この作品の特徴として、僕の演じた男に焦点が当てられている。だから、僕らは早急に理解を深め合う必要があった。そのため、最初の段階で長い間一緒に過ごしたんだ」と続ける。

「僕が到着した晩から一緒に脚本を読み始め、登場人物のことや背景なんかについて話した」ほか、撮影初日には一緒に水風呂に入ったそう。「それが彼女のやり方なんだ。実際に登場人物の立場に身を置いてみて、僕が実際に経験していることを、(役として)体感する。僕らがやりにくさを感じているとき、例えば動きやセリフなどに問題があって、どうしてもしっくりこないことがある。すると彼女が近づいてきて、僕と同じことをしてどんな感覚かを知ろうとする。そうして問題解決を図るんだ。とてもユニークなやり方で、初めての経験だったよ」とラムジー監督ならではの演出術について言及する。

本作では過酷な肉体改造も行ったが、「幼い頃に虐待を受け自分の弱さを痛感すると、強くなることでそれを克服しようとするはず。だから、増量は僕が真っ先に決めたことだった」とロジックを解説。「可能な限り筋肉質になると同時に、疲れた中年の雰囲気も出したかった。そこで僕らがイメージしたのは、何年か前は鍛え上げられていた体が、たるんでしまった感じだ」と語っている。

ビューティフル・デイ」は、6月1日から全国公開。

(映画.com速報)
her/世界でひとつの彼女[Blu-ray/ブルーレイ] her/世界でひとつの彼女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 第86回アカデミー賞にて脚本賞を受賞したスパイク・ジョーンズが贈る、近未来ラブドラマ。
ザ・マスター[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・マスター[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,821 教壇の指導者(マスター)と、その右腕となる男。惹かれあい、引き裂かれる魂…。第85回アカデミー賞、主要3部門ノミネート!新興宗教をテーマにした「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi