山田孝之&ムロツヨシ、佐藤二朗の爆笑シーンをネタバレ!?「とある人の真似を…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月22日 > 山田孝之&ムロツヨシ、佐藤二朗の爆笑シーンをネタバレ!?「とある人の真似を…」
メニュー

山田孝之&ムロツヨシ、佐藤二朗の爆笑シーンをネタバレ!?「とある人の真似を…」

2018年5月22日 19:00

恋人同士を演じた山田孝之と長澤まさみ「50回目のファーストキス」

恋人同士を演じた山田孝之と長澤まさみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田孝之長澤まさみが共演するラブストーリー「50回目のファーストキス」のレッドカーペットセレモニーが5月22日、東京・表参道ヒルズで行われた。山田、長澤と共演のムロツヨシ、佐藤二朗、勝矢、太賀山崎紘菜が大階段に敷かれたレッドカーペットに登場。集まった観客に笑顔で手を振り、映画をアピールした。

今作のメガホンをとったのは、これまでコメディ作品で手腕を振るってきた福田雄一監督。最も笑えたシーンを聞かれた山田は、「二朗さんがとあるコスチュームを着て、とある人の真似をするんです。それが凄過ぎて本人超えちゃってる」と佐藤がモノマネを披露することを示唆。すると、ムロが「ヒントはパイナップルですね」と、2016年にブレイクしたお笑い芸人・古坂大魔王扮するピコ太郎を予想させるネタバレ発言をし、佐藤は「答え言ってる!」と慌てた様子を見せて会場の爆笑をさらっていた。

また、太賀が「長澤さんがムロさんをバットを持って追いかけるシーン」に笑ったと回答すると、ムロは「すげー痛かったもん! 金属にちゃんと見える、重みのある、まあまあ固いやつだったから」と恨み節。容赦なくバットを振ったという長澤は、「そこは本気で行かないと。嘘になっちゃうと困るから。すみません、本気で行かせていただきました」とニヤリ。ムロは「わかりました、本気だなって。(自分も)本気で逃げました。いい画が撮れてます」と役者魂を見せつけていた。

それぞれが笑いの絶えない福田組の現場を述壊するなか、長澤は「穏やかで楽しい感じなんですけど、1発本番が多いので、気が抜けないピリッとした空間。福田さんのあのやわらかい感じで、ゆるい感じなのかなと思ったらそうじゃない」と意外な一面を披露。ムロも、「緊張感があるんですよね。ゆるく見えてるところなんかは、本当は裏ですごい緊張感を持っている」と同調していた。

映画は、アダム・サンドラードリュー・バリモアの共演で大ヒットした2004年のハリウッド映画を、福田監督がリメイク。ハワイ・オアフ島でツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの弓削大輔(山田)と、事故の後遺症で眠ると記憶が消えてしまう女性・藤島瑠衣(長澤)の純愛を描いた。

50回目のファーストキス」は、6月1日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi