ビューティフル・デイ : 関連ニュース

メニュー

ビューティフル・デイ

劇場公開日 2018年6月1日

関連ニュース:ビューティフル・デイ

英国アカデミー賞「女王陛下のお気に入り」が最多12ノミネート(2019年1月11日)

英国映画テレビ芸術アカデミーが1月9日(現地時間)、英国アカデミー(BAFTA)賞のノミネーションを発表した。最多ノミネートはヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」で、作品賞、英国作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞、助演女優賞を含む12ノミネートを獲得した。主演女優賞にノ... 続きを読む

米エスクァイア誌が選ぶ、2018年のベスト映画25本(2018年12月29日)

米エスクァイア誌が、2018年のベスト映画25本を選出した。1位は、パノス・コスマトス監督、ニコラス・ケイジ主演の血みどろスリラー「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」。愛する妻を惨殺され怒り狂った男(ケイジ)が、オリジナルの武器を作り壮絶な復讐に乗り出す。「ボーダーライン」「博士と彼女のセオ... 続きを読む

インディペンデント・スピリット賞のノミネートが発表 是枝裕和監督「万引き家族」も(2018年11月19日)

インディペンデント映画の祭典、第34回インディペンデント・スピリット・アワードのノミネートが発表された。製作費2000万ドル以下の映画が対象となる同賞。今年の最多ノミネートは、ドキュメンタリー監督ジェレマイア・ゼイガーの長編劇映画デビュー作となる「We the Animals」の5部門。続いて... 続きを読む

ホアキン・フェニックス版ジョーカー映画、9月から撮影開始へ(2018年7月12日)

米ワーナー・ブラザースが、ホアキン・フェニックス主演でバットマンの宿敵ジョーカー誕生の物語を描く新作映画の製作にゴーサインを出した。米ハリウッド・レポーターが伝えている。「ハングオーバー!」3部作のトッド・フィリップス監督が、スコット・シルバー(「8 Mile」「ザ・ファイター」)と共同執筆し... 続きを読む

「ビューティフル・デイ」監督 ホアキン・フェニックスの「中年の危機に瀕した主人公に面白さを感じた」(2018年6月1日)

個性派俳優ホアキン・フェニックスと「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督がタッグを組み、第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をダブル受賞した「ビューティフル・デイ」が公開した。トラウマを持つ元兵士が、捕われた美少女を救う物語を、研ぎ澄まされた映像で描くクライムスリラーだ。来日したラム... 続きを読む

ホアキン・フェニックス、カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」撮影は“初体験”の連続!(2018年5月22日)

「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」について語った6分弱のインタビュー映像が、公開された。「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督がメガホンをとり、行方不明者を捜索す... 続きを読む

カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」本編映像公開!「レディオヘッド」メンバーが音楽担当(2018年5月9日)

「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督と「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが組み、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」の本編映像が、公開された。行方不明者を捜索するプロフェッショナルで元軍人のジョー(フ... 続きを読む

カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」監督が来日!ホアキン・フェニックスの人柄明かす(2018年4月18日)

「少年は残酷な弓を射る」で知られるリン・ラムジー監督が、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」を携えて来日。4月17日に東京・新宿バルト9で行われたジャパンプレミアに参加し、観客からの質問に答えた。「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」の... 続きを読む

ホアキン・フェニックス主演の犯罪スリラー、不穏なオーラ漂う予告編公開(2018年3月23日)

リン・ラムジー監督・脚本、ホアキン・フェニックス主演のクライムスリラー「ビューティフル・デイ」の公開日が6月1日に決定。“美しき日”というタイトルとは裏腹に、不穏な凶暴さをはらんだポスタービジュアルと予告編が公開された。米作家ジョナサン・エイムズの犯罪小説「You Were Never Rea... 続きを読む

カンヌで男優&脚本賞2冠 ホアキン・フェニックス×リン・ラムジー監督作が6月公開(2018年3月1日)

昨年の第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で男優賞と脚本賞をダブル受賞したホアキン・フェニックス主演、リン・ラムジーの監督、脚本による「You Were Never Really Here」が「ビューティフル・デイ」の邦題で6月公開されることが決定した。母子の歪んだ関係性に迫った心理サ... 続きを読む

13件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi