劇場公開日 2018年6月1日

  • 予告編を見る

ビューティフル・デイのレビュー・感想・評価

3.496
18%
48%
25%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全96件中、1~20件目を表示

4.5ホアキン・フェニックスの人物造形が画期的!

2018年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

幼い頃に受けた虐待、戦場体験によるPTSD、慢性的不眠症、等々、日々朦朧としながら暮らす主人公、ジョーだが、生業にしている失踪者捜索を邪魔する刺客が現れると、一気にやる気が沸点に達し、相手をハンマーで殴り殺してしまう。その緩急の落差が最大の見せ場とも言える。ホアキン・フェニックスが疲れ切った表情とボリューミィな肉体を時折鏡に写しながら演じる夢遊病者のような人物造形は画期的だ。噴出する血液の量も半端ないクライム・サスペンスは、同時に、現実と幻覚の境目を取り払い、観客を全く別のジャンルへと運び去ろうとする。境目の判断は人それぞれ。映画の醍醐味を存分に味合わせてくれる、上半期を代表する1本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
清藤秀人

4.0映像のリズム、空気、感情の流れ。全ての瞬間にシビれずにいられない

2018年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

久方ぶりのリン・ラムジー監督作のお目見えである。彼女の独特の浮遊するような映像感覚や色彩に飛んだ心理描写は相も変わらず健在。しかもどれを取ってみても一筋縄ではいかない。全てを可能な限り映像言語で伝えようとするため、時に重要な描写をあっさりと省略したりも。だが、そこで生まれる変則的かつソリッドなテンポとリズムこそが、本作の緊張と焦燥感の溢れる「鼓動」を形作っていくのである。

さらに時系列を無視するかのように、過去の幾つかの出来事が記憶の洪水のように主人公の胸にこみ上げる箇所がある。原作小説ではわかりやすく記述してある事柄でも、本作ではほんの数秒のフラッシュバックで差し込まれるのみ。一見すると不親切にも思える演出だが、ここでもホアキンとラムジー、音楽担当のグリーンウッドが巻き起こすケミストリーが観客をなんとも不思議な境地へ誘ってやまない。難しく考えず、作品世界を泳ぐように楽しみたい一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.0ジョニーグリーンウッド

2020年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

4.5It's a beautiful day は誓いの言葉

isukeeさん
2020年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

予測が全くつかない、急転につぐ急転で、ずっと圧倒された
これが短尺の90分に詰め込まれているから密度は高過ぎて、
見終えた時にはグッタリ、凄い作品だった

コーヒー飲んで、やっと落ち着いて振り返ると、
ホアキン・フェニックスの演技の凄まじさ、あれは突き抜けてた
なんであれ程凄みを感じるのか巡ると、音楽・背景の効果音も兎に角効いてた
ずっと背筋が騒つく感じ、落ち着くタイミングなんて全くなかった

観ながらタイトルと物語の相関を探してたら、やっと最後の科白に
心傷が深過ぎて痛々しさが90分続く作品だったけど、
最後の最後に、やっと人間らしさが、ささやかに用意されていたのが救い
二人の未来がどうなるのか さっぱり分からないけれど
ニーナが吐露した あの言葉に二人の心の解放を期待したくなった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
isukee

2.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

1.0映画とは予備知識0で観るか否か正しいのはどちらなのだろう?

mojimizuさん
2020年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mojimizu

2.5ちょっと微妙

2020年10月24日
PCから投稿

好みの作風だが、個人的にはまらなかった。

過去(トラウマ)を抽象的に描いてはっきりとは提示しない手法だが、これがあまりに頻繁に差し込まれるので展開がぼける。見せるなら見せる、見せないなら見せないでどっちかに絞ってほしかった。だからそれなんですか?となる村上春樹みたいな感じをこの尺の映画でやられても正直しんどい。

あと、クズにしたいのかヒロイックにしたいのか、そこもどっち付かずだし、なんかちょっとレオン設定が漂うしで、進むにつれどんどん気持ちが離れていった感じ。映像の質感といい期待値があがるぶん、まじめに観賞したので個人的にダメなところが気になってしまうという。(もとからハードル下げてると気にならない)

まじめに評価するにはちょっと微妙です。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.5ビューティフルデイというタイトル

Franciceさん
2020年10月24日
iPhoneアプリから投稿

物語はハンマーおじさんのホアキンフェニックスが主役です。
やはり演技が上手いですな。

その演技だけでもってかれます。

全体のストーリーはあまり僕とはハマらなかったのですが、ラストは秀逸でした。

ぜひ最後までしっかり観て欲しい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Francice

4.0たたずまいだけで語る

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

ジョーはトラウマを負っています。
そのフラッシュバックが、いつの何であるか、明確に描写されませんが、子供のころ体験した親からの虐待だということは、なんとなく解ります。
そのカットシーンが効果的なので、ジョーの暗さと身を置く世界の闇が、すんなりと伝わってきました。
女性監督ですが、こけおどしでない冷徹さがあります。
なんて言うか、地獄を知っているような気配値があります。

挿入される心象風景や点景は相当にスタイリッシュですが、人間社会の病んだ側面をとらえています。登場人物も世界も箱庭的ですが、狭さを感じさせないペーソスがありました。

もっとも特徴的な演技指導が感じられたのはジョーの歩くスピードです。いつでもどこでも、ゆっくり歩きます。それがなぜか、恐ろしい威圧感をともなっているのです。
彼の牛歩には、リンラムジー監督の底知れない実力をうかがわせる、不思議な説得力がありました。

ジョーは雇われの殺し屋ですが、徐々にペドフィリアに対する復讐の様相になっていきます。
議員から、娘ニーナの奪還を頼まれ、いったんは助け出すものの、知事の手下に、また略奪されます。
その直裁の説明描写はありませんが、結局、実父である議員も知事と結託してニーナを弄んでいたという不条理が、ジョーの悲憤を煽るのです。
ただし、復讐とはいえ、ダイナミックな劇へは持っていきません。どこまでも悲しいままで処理します。
すなわちニーナがIt’s a beautiful dayと言ったのはハッピーなエンディングを飾るためではありません。多少の希望をはらんでいるものの、天涯孤独になったゆきずりの二人には、茫漠たる未来が待ち受けています。その余韻を持たせるためのIt’s a beautiful dayだと思います。
ゆえに邦題はやや感傷へ流し過ぎだと思いました。

原題の「ここじゃない」は、ジョーの胸中に繰り返し去来する、虐待の記憶における子供時代の自分に対しての「あれは俺じゃない」がひとつ、退役して人殺しに加担している「こんなの俺じゃない」がひとつ、囚われたニーナの「ここは君の居る場所じゃない」がひとつ、ニーナの犯した罪(知事は死んで当然とはいえ年端もいかない少女が喉を切り裂くのはジョーも望んでいませんから)に対する「これは君じゃない」がまたひとつ・・・。
というように、複層のYou Were Never Really Hereが重なっていると思います。

歯痛や肉体表現も迫真でした。
ホアキンフェニックス。暗い眼窩、たどたどしい口調、哀しげな表情、あまり上手じゃない兎唇の手術跡。カンヌで、壇上へあがることを予期していなかったスニーカーが素敵でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

1.0暗くカタルシスもない映画。

2020年6月2日
PCから投稿

暗くカタルシスもない映画。
タクシードライバーとレオンを混ぜてそこから面白さを抜いた映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

5.0脚本がねぇ……モンスター級。

ytoshikさん
2020年5月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

難しい

見よう見ようと思っていて、邦題がビューティフルデイだから、後回しに。w
ホントもう邦題つけるのは金輪際必要ない。見事な字幕翻訳はあるが、邦題に出会った事は一度もない。

本編は、見事な脚本に尽きる。トラウマの本質は、本人もどういう記憶で、どんな作用があるか、分からない事。こんなトラウマを抱えてますなんて、トラウマではない、単なる嫌な記憶。みたいな。

忘れた、忘れたいが、戻って来るのがフラッシュバック。あなたはここにいなかったという母親の、消去というかリセットを今度はジョーが少女にするのかもね。まぁお互いかな。

少女が知事を殺して今までの自分と決別してセルフ救助した事は、ジョーにはできなかった事で、なんだ、こうやればいいのかって笑い泣き。

道のりは長いけど、自分と決別して分からない未来に踏み出すのは、二人にとってもはやお散歩です。過去に死んで、新しく生きるという事はほとんどの人間が意味も知らないまま、死んで行くので、こういう映画の価値が評価できる場所がカンヌにあって良かった。w

最後のぶっ放しは、ジョーの涙と共に起こされた変化。本人にも自覚がないとも思わせるほど。決心にはあまり見えなかったけど、少女もトイレで自分をかき切ったかも。w
これで二人は過去「だけ」で生きる所から解放されて普通の会話を手に入れた。幸あれとしか言い様がない。

あなたは本当にここにいなかったというのは、あなたのせいじゃない、あなたの責任じゃないと同義。自己責任常識化と安直な思いやり運動の幼稚さに、強烈なハンマーを投じる。
ホアキンの名演は勿論、考える事でしか何も成長がない事を映画に託すスタンスが見事。訳の分からない作品もあるけれど、その中で考えれば分かる作品は、少ない。
一度死んで新しく生きるを脚本化、映画化して、「本当の救い」に挑戦した事に拍手。日本では、まず生まれないだろうな。傑作というより一つの到達点。映画もここまで来ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ytoshik

4.5緊張しながら浮遊。鑑賞後はめまいに似た感覚

Toshiyaさん
2020年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

これほど最後まで緊張を強いる映画もそうない。張り詰め続けての鑑賞は90分が限界でしょうか。少し疲れるほどではあるが、満足感は高い。緊張しながらもジョーの生い立ちや過去をこちらも一緒に浮遊しているわけで、緊張感と浮遊感が渦巻くレアな体験。多くを語らず、だから鑑賞しながら頭もきっと一緒に回転しているから一層の、このめまいのような後味か。
よい作品を観せていただきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Toshiya

4.5テンポの良い映画。ホアキン・フェニックスが素晴らしい。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主演は1人。90%は殺し屋役の彼の演技。本人と、メークした姿の差がすごい。監督は女性でスコットランド人。テンポよく、90分でまとまっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

2.5大向こう受けする作品ではないですね。

よしさん
2020年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

行方不明になった少女を探す探偵と売春をさせられていた少女の物語。

過去のトラウマに苦しみながら少女を探し救い出そうとする冴えない中年探偵。と捕われて心が壊れてしまった少女。
カンヌで高い評価を受けた作品のようですが、私のような似非映画好きには少々敷居が高いように感じられました。それでも、残酷で、切なく、でも美しい情景が描かれているように感じられました。
私自身に年老いた母親がいる為か、心が締め付けられるシーンもありました。
ただ、主人公の過去やストレスからくる妄想の映像が唐突に織り込まれる手法は、正直見難く私には負担でしかなく、その点も含めて評価は低めです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5あぁ、アート系だ

marさん
2020年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

寝られる

暗く、重く、言葉すくなく。
もうアート系ですよっていう雰囲気が初めからすごい。
テーマ的には「トラウマの克服」なんだろうけど
ラストに救いがあって良かった。

まぁ少なくとも、正月に見るもんじゃないなっていうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

4.5ビューティフルデイは邦題で、原題は違うのか。 原題は良い意味にも取...

2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ビューティフルデイは邦題で、原題は違うのか。
原題は良い意味にも取れるし、観たあとだとまた違う印象になるな。
やたら半裸が多くてホアキンさんのダイナマイトボディを堪能しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

3.0死の淵から蘇る

2019年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

地獄の日々を送る主人公の
死の淵から浮上出来ない日々。

つまらない日常から抜け出すきっかけをくれるような
爽快な物語であってくれ!と
題名を見た時は思ったが、さすがホアキンフェニックス
そんなわけなかった。
過去のトラウマから逃れられない主人公の鬱々とした
気分をこれでもかと見せつけられた。
ハンマーでブチ殺す事で、鬱屈した日々をぶち壊そうと
してるかのようだった。

難解なように見えて実にシンプル、
気付けば主人公を縛る全ての物は消え去り、
少女という希望が目の前に。
昨日までの自分は死んだ、誰が見ても分かる
銃による自殺シーンはインパクトあった。

重苦しいけど、何か小さな希望を手にしたような
気持ち良い映画でもあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.0I‘ve never been to me…

2019年11月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.5良い作品だった。

なるみさん
2019年11月3日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

怖い

「頭」じゃなく
「五感」や「心」で感じる作品。

息の詰まるような切なさと緊迫感と
登場人物たちそれぞれが求めている
形の違った"愛"。

皆 それぞれにそれが欠落していて
その渇望感を埋めようと必死にもがいている。

「愛」のような形をした"何か"に
しがみ続ける。

切なさと残酷さに胸を射抜かれて
最後にその空いてしまった穴に
そっと優しく手を添えられるような

そんな作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
なるみ

4.0映画は生きるためにある

あつんさん
2019年11月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あつん
「ビューティフル・デイ」の作品トップへ