ビューティフル・デイのレビュー・感想・評価

ビューティフル・デイ

劇場公開日 2018年6月1日
42件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ホアキン・フェニックスの人物造形が画期的!

幼い頃に受けた虐待、戦場体験によるPTSD、慢性的不眠症、等々、日々朦朧としながら暮らす主人公、ジョーだが、生業にしている失踪者捜索を邪魔する刺客が現れると、一気にやる気が沸点に達し、相手をハンマーで殴り殺してしまう。その緩急の落差が最大の見せ場とも言える。ホアキン・フェニックスが疲れ切った表情とボリューミィな肉体を時折鏡に写しながら演じる夢遊病者のような人物造形は画期的だ。噴出する血液の量も半端ないクライム・サスペンスは、同時に、現実と幻覚の境目を取り払い、観客を全く別のジャンルへと運び去ろうとする。境目の判断は人それぞれ。映画の醍醐味を存分に味合わせてくれる、上半期を代表する1本だ。

MP
MPさん / 2018年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像のリズム、空気、感情の流れ。全ての瞬間にシビれずにいられない

久方ぶりのリン・ラムジー監督作のお目見えである。彼女の独特の浮遊するような映像感覚や色彩に飛んだ心理描写は相も変わらず健在。しかもどれを取ってみても一筋縄ではいかない。全てを可能な限り映像言語で伝えようとするため、時に重要な描写をあっさりと省略したりも。だが、そこで生まれる変則的かつソリッドなテンポとリズムこそが、本作の緊張と焦燥感の溢れる「鼓動」を形作っていくのである。

さらに時系列を無視するかのように、過去の幾つかの出来事が記憶の洪水のように主人公の胸にこみ上げる箇所がある。原作小説ではわかりやすく記述してある事柄でも、本作ではほんの数秒のフラッシュバックで差し込まれるのみ。一見すると不親切にも思える演出だが、ここでもホアキンとラムジー、音楽担当のグリーンウッドが巻き起こすケミストリーが観客をなんとも不思議な境地へ誘ってやまない。難しく考えず、作品世界を泳ぐように楽しみたい一作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

面白い

音楽と映像の無機質さが殺伐とした話にピタリ合っている。とにかく流血死体をやたらしつこく見せたがる演出だった。
ホアキンの一人称的視点から一歩も外に出ず、映画というよりは短編小説を読んだ様な感覚だった。少女役の子は出ている時間は短いが、かなりの存在感だった。

赤忍者
赤忍者さん / 2018年6月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息を止めて ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

体の外と中を遮断して

40秒間無になり
過去から現在へ、
苦悩から平穏へ、
絶望から希望へ、
見える世界が変わるのを、悪夢が過ぎ去るのを、
じっと堪える…。

殺し屋兼人質奪還屋?のJoe。
好みの武器はハンマー。
ハッキリとは語られませんが、彼のトラウマは、DVの父親に苦しめられ、兵役中自分があげたお菓子のせいで戦地の少女が殺され、また人身売買を想像させるコンテナ?内のアジア少女達の変死を目撃したことのようです。
駅のホームや二階から下を覗き込む姿には、希死念慮が漂っていました。

唯一愛情を感じる存在の母親を亡くした世界で、救ったNinaも失えば、彼をこの世に引き留めるものは何もなくなってしまいそうでした。

JoeもNinaも被虐待者。
もしJoeが実父を殺しているのなら、Ninaには虐待者に対し直接手を下して欲しくなかったのかな、そうなる前に救いたかったのかな…と思いました。

でっぷりとがたいが良くて髭ぼうぼうで、如何にもヤバそうなおじさんに、写真撮影は頼めないなぁ…(^_^;)。

音楽がとてもスタイリッシュでスリリングでした。
殺人そのものの残酷なシーンはありませんでした。

everglaze
everglazeさん / 2018年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決別

豊かな音楽がスクリーンを彩っていたが、キャラクターのテンションが一定で鬱陶しい。

何故そこに至るか。
構成が虫食いの分、演出に意地悪なミスリードは無い為、画面と音響で明確に示されているが、単純な帰結の割には雑な過程。

予定調和の女神が微笑む。
実にカンヌ好みの現実の甘さだ。

たろっぺ
たろっぺさん / 2018年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ずっしり

レオンが好きだし、元軍人って設定も好き。でも想像と違った。ずっしり。ホアキンの傷だらけの裸がいろいろ物語っててカッコよかった。髭と長髪も。たまに決め顔になるけど、それがめちゃめちゃカッコよくて、さすがハリウッド俳優だなと我に帰る。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リン・ラムジー作は精神にクる

リン・ラムジーと言えば、「モーヴァン」「少年は残酷な弓を射る」など、救われない心を救済するかと思わせて突き放す作風が散見されるが、そういった浮遊する心への監督の鋭い眼光がピークに達したと言えるの今作だと思う。淡々としていながら、過激で残酷で、でも魂の救済を渇望する人々を見つめる視線には、微かな優しさも感じられる。少年期のトラウマを引きずりながら、満たされない現在を殺伐と生きているだけの男。人助けの様だが、実際には人殺しという家業に身を投じている彼は、大人にはツラく当たるが、少年少女にはどこか優しい。そんな彼が、大人の勝手な欲と汚さにより、あまりにも過酷な境遇に晒された少女と出会い、何かを共有する事によって、彼の精神は満たされたのだろうか...そのものズバリな邦題(原題は全然違う)に希望を見出したい。PTA作品の常連、すっかり映画音楽作家として成熟したジョニー・グリーンウッドの耳障りなまでに鋭角な音楽は、心に突き刺さるようで痛くて素晴らしい。ホアキン然り、ダイアン・クルーガー然り、昨年のカンヌの審査陣はちゃんとしてたんだなあ、と納得。

foxheads
foxheadsさん / 2018年6月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トラウマ塗れ。

壮絶な過去を引き摺りながら死んでいる様に生きる悲壮感が漂う男。

断片的な映像での描写に男の過去をハッキリと理解するコトは出来ない。

ソレを語るコトもしない。

ただ哀しい男であるのは解る。

母親との何気ない場面にすら暗いモノを感じる。

ベタな曲を口ずさみながら死ぬ男と死ねない男の狂気じみた奇妙なシーン。

心が死んでいる様な無感情で表情も変わらない少女が一度だけ「ジョー!」と叫ぶ。

湖の底で少女の幻影を見て死を諦める男、救われたい気持ちを浮遊しながら向かい合う2人。

"まったくもって存在していなかった"男と少女のこれからは.....!?

万年 東一
万年 東一さん / 2018年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

掴みどころのない心の闇。幻想的なサスペンス。

【賛否両論チェック】
賛:主人公が抱えたトラウマの深さや、それ故の葛藤が、不思議な少女の救出劇を通して描かれていく様に、思わず考えさせられるものがある。
否:物語自体はかなり淡々と進み、想像しないと分からない部分も多いので、好みは分かれそうなところ。

 トラウマを抱え、時々自殺企図をしながらも、家出し傷ついた少女達を救出し続けるジョー。観ている方は、最初はその真意が分かりませんが、ニーナの救出事件を通して、少しずつその理由が明かされていくので、ジョーが抱える痛みの重さに、思わず考えさせられてしまいます。彼の、死ぬことを恐れていないが故の強さや、決してヒーローではないその心理描写も、見事なものがあります。
 半面、ストーリーはかなり淡々と進んでいくほか、ハッキリとは語られずに、
「えっと・・・結局こういうことかな?」
と想像しなければいけない部分も多い印象を受けます。加えて、結構生々しい暴力描写もあったりするので、その辺りは好みが分かれそうなところです。
 とはいうものの、なかなか異色な光を放つサスペンスでもありますので、是非チェックしてみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本賞かー…。

深読みさせないでシンプルな話が好きだからよくわからなかったなー。エロ政治家を勧善懲悪にバッシバッシと成敗するような感じがはまるので自分には合わなかった。まあ、それでも見応えはありました。あと、音楽と効果音がアルジェントみたいで好き。

peanuts
peanutsさん / 2018年6月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖

不思議な後味の作品。
研ぎ澄まされた恐怖がハンマーから伝わってきました。
主人公のトラウトの表現がとても上手で、またその演技がとても素晴らしかったです。
ハンマーでぶちかますというシンプルなスタイルが、狂気を倍増します。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2018年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほったらかし ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

精神的に病んでる男の抑揚のない殺人行脚。他人の依頼でヒト殺し。殺しても、殺さなくても何も変わらない。「お前は本当はそこに居ない」まあ、その通り。

この映画を観ても、観なくても何も変わらない。

労働4号
労働4号さん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おもしろかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人生に絶望した中年男と居場所のない少女の邂逅と人生の再生なんてのは、まぁかなりありきたりな設定かもしれません。

しかし、えげつないことに満ち溢れたこの世の中においても微かな希望が訪れる瞬間があるということ。
それが孤独な独身女と捨て猫の出会いであっても、虐待された少年と変わり者と疎まれる老人の出会いであっても良いのです。
手垢の付いた設定だの説明を省きすぎだの思わなくもありませんが、伝わるものは確かにありました。

雑種のねこ
雑種のねこさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆☆☆☆ 現代の『タクシードライバー』に偽りなし。 少女を助ける話...

☆☆☆☆

現代の『タクシードライバー』に偽りなし。
少女を助ける話といい、ラストシーンといい…。
やべえくらいにクソ面白い。
鏡に向かい、謎のアルファベットの歌を歌う場面等は。あのトラビスが乗り移ったかの様に思い、ついついニヤニヤしてしまう(^^;;

早い話が、チンケな殺し屋の話なのだが。この男は、過去に強いトラウトを抱えている。
だからこそ、トラウトを払拭させる為に、殺し屋稼業を続けているのだ…とも言える。
更に言うと。この男は、マザコンらしき兆候も見受けられるのだが。どうやら母親共々、過去に起こった事件が関係しているらしいのは。度々入るフラッシュバックで、※ 観客側に(『サイコ』ネタ等を使い)少しづつ提示されて行く。
母親の最期等は、ちょっとだけ『ゴッドファーザー』を想起させなくもない。

映画は半分程度進んだ時に「あれ?終わり!」…と思わせて。ここから一気に急転直下の展開を見せる。

案外と政治的な話が入る…と思わせながら、その真相は浅い。しかし、映画の面白さの前には、寧ろどうでもいい話でした。
どう考えても簡単には「セキュリティーは突破出来んだろ〜」…と思うのだが。そんな意見なんぞは、主人公が手にするハンマー1本だけで、観客を黙らせてしまう。
映画の前半部分で、そのハンマーの使用方法を観せているだけに。シンプルな演出ながらも、観客に有無を言わせないだけの説得力を持っている。

映画に深みの有るストーリー。数多くの伏線を最後に回収し、感動場面で観客を酔わせる…そんな作品を観たい人には全く用は無し。観ない方が良いでしょうね。
何しろチンケな殺し屋が、ハンマー1本を片手にし。人の頭をカチ割る話なんだから(^^;;

こうなったら、子供時代のトラウトを受けた事件を詳しく知りたい…と、つい思ってしまう。

※ 母親がビショビショにした床を丁寧に拭く場面等は、まさに『サイコ』そのものだ!

2018年6月6日 ヒューマントラウトシネマ有楽町/シアター1

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ウーン

制作者が観客に何を伝えたいのか分からない。しかし、主演男優の演技は凄い。

adamsmith
adamsmithさん / 2018年6月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「フォーリングダウン」「マン・ダウン」

爽快感は一切無いが、心の忘れっぽい片隅にしぶとく居座り続けるこの二作品に、新しいラインナップ。
音楽がヴァンゲリスっぽかったのは気のせいなのだろうか…。そこでチョイチョイ現実に引き戻されるが(笑)、渦の様な悪夢にすぐ飲み込まれる。それでも絶望ではナイのが不思議な感覚。
さぁ、出掛けよう。今日は素晴らしい天気なのだから。

lynx09b
lynx09bさん / 2018年6月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前衛的レオン。筋書きではなく感覚でスリルを感じる映画

個人的にはかなりの名作。
ただ賛否両論あるのは納得がいきます。
まずストーリーの説明が不親切。
主人公の過去のトラウマや設定がフラッシュバック的に表現されますが、それは脈絡もなくほんの一瞬現れるだけ。
主人公の行動が理解出来ないシーンも少なくなかった。??が頭で渦巻きます。
ただ不可解な場面の連続こそがこの映画の醍醐味というか。
本作品は「スリラー」と銘打っている通り緊迫感煽ることこそがこの映画のキモと思うのですが、
役者、特にホアキンフェニックスの不気味な演技、無機質な音楽、そして不安を煽る理解し難いシーンが見事に融合して、先の展開が読めないというある種の緊迫感を観客に与えることに成功していると思います。
話の運び方でスリルを表現していくのではなく、映像そのものの表現の仕方で直感的にスリルを感じさせる映画。
そういう意味では個人的にベストなスリラー映画の一つだと思います。

ひびの
ひびのさん / 2018年6月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豊穣な美意識

筋は要約してしまえば単純なものだが
映像、劇伴、そして編集の力で見応えのある、
引っ掛かりを残す作品となっている。

過程でなく結果のカットを積み重ねることで生まれるリズムと緊迫感。
環境音とも楽曲ともつかない心に刺さる音楽。

こうした豊穣な美意識を受け
極力説明的なカットが排除されているのだが、
ここが理解を難しくさせている部分にもなる。

主人公の過去に繋がるフラッシュバックの数々も
およそ推測がつく範疇であるが、
砂漠のカットと狭い部屋でのショッキングなカットは
劇場を出てパンフレットのあらすじを読むまで理解できなかった(そもそもそういう設定であることが劇中で説明されてなかった気が)。

それらを踏まえつつも、
総合的な完成度の高い、鑑賞後の心地よい作品だった。

にわか
にわかさん / 2018年6月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過激な血の描写でまさかの涙

断片的なフラッシュバックが説明もなく突然差し込まれるし、主人公の背景もあまり分からない。要するに、非常に分かりづらいままに物語が展開していき、終始もやもやした感情をぬぐい去ることはできなかった。
それでも、相当作品の中に引き込まれたし、非常に過激で残忍な殺戮に涙まで催してしまった。
複雑に入り組んだ映像は、いずれも力強くて素晴らしいと感じた。そこに効果的な音響や音楽が組み合わさって、見事なまでに感情を揺さぶった。
これは全くのフィクションだという付け加えに、結構引いてしまうのだが─醜悪な事件や暴力の連続だから…─、とても架空の絵空事ととは思えないところもあり、フィクションではあるけれど真実をついていると思って見ると、より感情移入ができるはず。
複雑な役柄のホアキン・フェニックスと麗しい少女に関しては言わずもがな─。

SH
SHさん / 2018年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ふるえる

はじめから何かが動き出していた。
あの世界観、音楽、映像、そしてジョーに飲み込まれるように引き込まれていった。
まるで光がゆらゆらと絶え間なく差し込んでいて暗くて深い水の中にいるようだった。

冷たいようで感覚がマヒしたようにじわっ暖かくなり、
鋭く研がれたナイフのようで。なまあたたかい血がゆっくりからだをながれていく。
鳥肌がぶわっとたったかと思うと体から心が離れていくような感覚に襲われる。

そして最後にはなぜか理由のわからない涙が止まらなかった。

美しい映像と音楽、まるでジョーの心が映し出されているようである。自分の中の五感が研ぎ澄まされていく。
ショッキングな描写も含まれるが、それよりも人物描写がえがかれており、
美しく悲しく、そしてなにかつながりのようなものやあたたかみを感じる。

「レオン」など孤独の殺し屋や、にがし屋が少女を助けてどうたらこうたらてゆー内容じゃあない!
これはそーいった映画じゃない!

タイトルがでるシーンもセンスにあふれている。

絶対オススメ!
てゆーか僕ももっかい観る!
ホアキンフェニックスの演技にニーナ役の子の深い瞳。セリフが少ないが、2人の演技に圧倒される。

R Film n
R Film nさん / 2018年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

42件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi