ファントム・スレッド
ホーム > 作品情報 > 映画「ファントム・スレッド」
メニュー

ファントム・スレッド

劇場公開日

解説

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれる。「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」で3度のアカデミー主演男優賞を受賞している名優デイ=ルイスが主人公レイノルズ・ウッドコックを演じ、今作をもって俳優業から引退することを表明している。1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

作品データ

原題 Phantom Thread
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ビターズ・エンド、パルコ
上映時間 130分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

“絶対見るべき”オスカー受賞作──だが“それだけ”じゃなかった!驚がく度92%! 天才仕立屋と女神が開けた《禁断の扉》の先にあるものとは―─その愛の結末に、あなたの愛の概念は揺さぶられる!
アカデミー賞衣装デザイン賞受賞(全6部門ノミネート)作品が、いよいよ公開

アカデミー賞に3度輝く名優、ダニエル・デイ=ルイス“最後の作品”であり、「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督との2度目のタッグ作、そしてオスカーも受賞──これだけで、「映画ファンが絶対に見...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
ファントム・スレッドの映画評論・批評

「マイ・フェア・レディ」や「プリティ・ウーマン」など、裕福な男性が身分の低い女性と出会い、ピグマリオンとなる物語は珍しくない。本作も入り口はその定型にのっとっている。だが、監督は「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「インヒア...ファントム・スレッドの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全87件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ファントム・スレッド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi