ファントム・スレッドのレビュー・感想・評価

ファントム・スレッド

劇場公開日 2018年5月26日
85件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

デイ・ルイスの生き様は、映画職人としてのPTAの精神そのものなのだろうか

「役を生きる」とはこの俳優、ダニエル・デイ・ルイスのための言葉である。同じPTA作品の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の地の底から情熱をみなぎらせるような役柄とも違い、ここではナチュラルな仕草や声のトーン、目線の動かし方などを駆使しながら、柔らかな佇まいの中に強靭な何かを秘めた男を見事なまでに演じきる。この存在感に触れただけでもピリリと身が引き締まる思いがするではないか。

老舗ドレス工房の朝の風景、食事時の流儀。ひと縫いひと縫い。全ては仕事中にどれほど感性を研ぎ澄ませるかに傾注され、後のものは二の次。そこに入り込んだひとりの女性をめぐって男の価値観が徐々に揺らいでいく、その戸惑いの過程が実に滑らかに綴られる。そこでふと思った。もしやDDLの姿には、PTAの映画作りの姿勢が投影されているのではないか。特に家族を持つことで変わりゆく精神性について、この映画は深く深く掘り下げている気がした。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

緻密で美しい、あるカップルのマウント合戦 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

イギリス上流階級御用達の天才ファッションデザイナーが主人公、ということで、フィルムのどこを切っても(実際にフィルムで撮影されている)細部までが緻密で美しく、なんとも格調高い出来栄えだ。主人公のデザイナーが、田舎町の地味な女性を自分のミューズだと見定めて磨き上げていくプロットは『マイフェアレディ』のバリエーションとも言える。

実際、男女のプライベートな関係が階級や性別の枷から逃れて次第に逆転する展開も数ある『マイフェアレディ』の系譜に収まりそうな気もする。が、そこから先の逸脱がすごい。ある意味トンデモな夫婦ゲンカの行きつく先はどこなのか? あのラストは現実なのか夢なのか? 解釈がいろいろできることと、これだけ豪華な舞台装置で描いているものが、ものすごくミニマムな男女のつばぜり合いであることに、戦慄と笑いが一緒にこみあげてきた。

壮大な夫婦ゲンカ映画ということでキューブリックの『アイズ・ワイド・シャット』を思い出したりもした。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

丸の内ピカデリー爆音映画祭にて鑑賞

これは男女で意見が分かれそうだ。前知識なにも入れずに行ったのですが、正直女まじ狂ってるわ男負けないで、ってずっと思いながら観てた。これが運命の恋なのでしょうか。ダニエル・デイ=ルイスはひたすらにセクシーでした。

みな
みなさん / 2018年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり女性に翻弄される

ポール・トーマス・アンダーソン×ダニエル・デイ=ルイス!最強のタッグによるアートかつ下世話な傑作。

英国ファッション界で名声を博す仕立屋が若きウエイトレスをモデルとし、自分の色に染め上げていく…と思いきや、女も実にしたたかだった。

このシニカルなエンディングはアンダーソンの心情の吐露といえるだろう。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

完璧な美しさ

兎に角美しい。
それぞれのカットがそのまま絵画になるのではと思えるほどに美しい。
ダニエルの所作の一つ一つが美しく優雅でセクシー。
見た目の美しさと物語の毒が溶け合う。
悪い薬みたいな映画だ。

かづ
かづさん / 2018年8月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アルマおそろしや。そしてふたりともきもちわるい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

うーん、はまれず。
レイノルズもムカつくけど、アルマの恐ろしいこと。

おねえちゃんがよかったのと、音楽が良かった。
おねえちゃんのまつげがすごく好き。
あと邸宅。
メインの二人は無理なんだけど、風景は素敵だった。
初ポールトーマスアンダーソンです。PTAって言ってみたかったん。シネフィルぶって。

毒キノコは殺すためでなく、弱らせるためってあんた…
悪趣味…
とはいえ、殺すの?殺さへんの?ってあたりからやっと目が覚めたきらいもある。
それまでは茶番すぎて眠かった。

レイノルズにサプライズ仕掛けて喜ばれると思ってるアルマが、どうしようもなくバカバカしくて、アホらしかった。
や、あんたばかなの?わかれよー。あいつ絶対喜ばへんってよ、と、スクリーンのこちらから(心で)怒鳴ったさ。

ファントムスレッド、直訳するとたぶん見せかけの糸とか仮面の糸とかってゆう意味ぽ。
幻影、幽霊とかって意味もあるらしく。

あんな自己中心的で自分のルールと仕事しか大事にせえへん男の何がよくて、キノコ作戦に至るんやろ。
さっぱり。わけわかめ。

だいたい出会いからしてわたしはもう「はぁ?」でした。
そして何故そんなに車を飛ばす。

突っ込みを山ほど突き刺し、ぼーっとみました。

だいず
だいずさん / 2018年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マザコン男と独占欲の強い女との憎愛劇

時代背景と階級制度みたいなものがあるにせよ、初対面のお客に惹かれ家までついていくものなのか。よほどお互いが惹かれ合わない限り、あのシチュエーションには共感できなかったが、結末まで見終わって、まあ仕方ないかという映画。
人の心を理解するのは、どんなに近くにいても難しい、けれど最後にわかりあえたから良かったねという、マザコン男と独占欲の強い女が繰り広げる愛憎劇ならぬ憎愛劇ですね。

さんにん@㌦㌦
さんにん@㌦㌦さん / 2018年7月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽とドレスがきれい

主役のデザイナーがイケメンっていう設定なんだけど、どう見てもおじいちゃんで恋愛映画としては感情移入できなかった。ドレスと音楽はうっとりしました。ヒロインもきれい。

Zita
Zitaさん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛のカタチ

愛する男に毒を混ぜ込む事には賛否両論ありそうだがこれも一つの愛のカタチ。女性の強さと恐ろしさを感じながら禁断の愛の行方に最後まで飽きずに観ることが出来ました。この作品の重要な役割となるドレスも素晴らしい。
2018-134

隣組
隣組さん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めくるめく

この監督、この俳優。そして、「毒」というキーワード。この物語はどのような結末にたどり着くのだろうと、観る前から空恐ろしい気持ちでいっぱいだった。切り刻まれるのは男か女か、もしくはお互いか。どれほどに陰惨な修羅場が繰り広げられるのか…と、頭のすみに覚悟と緊張感を常備。けれども、まるで夢から醒めるように、すっと映画は結末を迎える。 どこまでも、甘く。なんというハッピーエンド、と思えたのは、彼らの振りまく毒にすっかりやられたせいだろうか…と、かえってぞくぞくした。
この映画のクライマックスは2つある。まずは、完璧なデザイナー、レイノルズが自ら否定し、破り、汚したドレスの復活。本人は自分がしたことを察する間もなく熱にうさなれ、かつて自分が贈ったドレスを纏った、若き母の幻影に出会う。そんな幻をあっさり打ち消すのは、田舎のウエイトレス上がりのアルマだが、レイノルズは成すすべもなく、一寸の隙もなく看病に徹する彼女を受け入れるよりほかない。夢と現実が入り交じったような暗い密室の外では、まばゆいほどの光の下で、新たなドレスが着々と形づくられていく。その指揮を執っているのは、彼でもなく、完全無敵の姉でもない。見えない糸であやつられているように、主人不在のまま整然と立ち働くお針子たちは、不思議な存在感を放っていた。
そして更なるクライマックスは、終盤の食卓。アルマは優雅な動きで(レイノルズが嫌悪する)バターを惜しげなく使った料理に毒を盛り、彼もまた、それを優雅に味わって見せる。フレームの中では、第一のように彼が苦しむ様子は描かれない。毒を盛る人・盛られる人が、まるで共犯者のように共鳴し合っている。実は毒は幻なのか、平然としているのが演技なのか。毒を盛る・盛られる様子が演技なのか。真実はフレームから押し出されているだけなのか。突き詰めようとすればするほど、物語の糸は絡まり合う。真実を求めるのではなく、自分にとっての真実を選び取れ、と迫られているように思えた。
第二のクライマックスの後、薄暗がりの中で、新たなドレスがつくられる。姉も、お針子たちも、もういない。そこにいるのは、レイノルズとアルマだけだ。華やかな諸々から隔絶されたような2人が、これまでになく満たされ、ほのかな光さえ発しているように見えた。
思いがけないラストに遭遇し、ふと、塚本晋也監督の「六月の蛇」を思い出した。仕事も人生も駆け出しだった当時は、その結末に戸惑うばかりだったのだが、なぜかこの映画に引かれたという職場の大先輩は満足そうだった。「最後に、倫子さんはしあわせになってよかったよねえ…。」予想もしないシンプルな感想に、衝撃を受けた記憶は今も鮮やかだ。久しぶりに「蛇」を観返してみたら、今の自分はどんな感想を持つだろう。そして、あの先輩も、の映画をどこかで観ていたらと願う。

cma
cmaさん / 2018年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きるにはあなたが必要 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どんな形であれ、2人にしかわからない情緒の会話がある。
どんな形であっても、あなたが必要。周りには理解されなくとも、歪な関係であっても、私が、君が必要。
ポールトーマスアンダーソンの作品に、骨太で一貫しているテーマは、相手があってこその人生というテーマ。
出会いのシーンから、エンドまで、終始、2人の精神的にまぐわう感情と空気感が溢れていた。
相手を理解し尽くしているからこそ、自分を見ていてほしい、構っていてほしい、2人の会話、視線、佇まいから、関係性が手に取ってわかる。
極めて感覚的な映画だから好き嫌いは分かれるかもしれない。

松たけ子
松たけ子さん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

着る、食べる、愛する

生活と愛は密着している。「ドレスを着る」非日常では全てが上手くいく二人でも、一緒に生活するとなれば話は別だ。習慣の違いにイライラし、リズムを崩されることに我慢できなくなり、言い争いがさらに溝を生む。非日常で恋をする事と、日常で愛を築くことは全く別のことだと強く思う。愛する人を語るアルマの笑顔、最初と最後で全く受ける印象が違う。
繊細なレース、咀嚼音、階段の軋み、卵の柔らかさ。生活の風景がリアルで色鮮やか。何回も出てくる食事のシーンがいつも美味しそうで素敵だった。

rio
rioさん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キノコパワー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

かなり面白いブラックコメディ映画でした。

前半は高尚な雰囲気と主人公カップル2人の息詰まる空気感から、展開が読めず緊張を強いられましたが、後半は爆笑に次ぐ爆笑でした。観終わってからは、映画全体を支配する格調高さやダニエル・デイ=ルイスの重厚な演技すらギャグだったのでは、なんて感じています。ゴージャスでスケールがデカそうな風情のクセに描かれている物語はヨタ話のたぐいという、そのギャップも可笑しかったです。
見方によれば、母のファントムに囚われた男と、新たなファントムとして男を支配する女の哀しい物語とも言えそうですが、やはり語り口が面白すぎて、シリアスな話として捉えることは不可能でした。

やはり、キノコの破壊力が強烈すぎます!だってキノコだよ…そのスケールの小ささたるや。しかも、キノコ事件の後の超絶展開には本当に仰天、大爆笑でした。キノコパワーすごいぜ!

そして、クライマックスのオムレツ…ダニエル、アンタ最終作があんな面白演技でいいのか!と突っ込みたくなる顔芸が炸裂。食べる?食べない?いや食べる?あ…食べたけど〜、飲み込む?飲み込まない?のくだりは完全なるコント。ここは本当に面白かったです。バーフバリのエンディングに匹敵するほど笑えました。本当にキノコのインパクトが強すぎる。困ったときのキノコパワー。最終的には呪いとかどうでもよくなってしまった。

この辺りの描写から鑑みるに、PTAもギャグ映画として撮っていたのだと思います。実際、物語として描かれているのは単なるバカ2人の共依存ですからね。シリアスな話よりも、ギャグ向けの題材だと思います。

アルマのキャラクターは実にキてますね。キノコ事件に至る寂しさやもどかしさは理解できますが、やってることの程度の低さがどうしても滑稽に感じます。なんだかんだと有名人の愛人ポジションを捨てられないんでしょうね。ある意味、レイノルズに寄生するしかないわけですから。
あと、お姉さんが後半空気なのは残念。彼女がウッドコック家の呪いとして機能するのか、と思いきや、前述したように呪いとかどうでもよくなったため、姉もどうでもいいキャラになってしまったように感じます。
(後述…別の方のレビューで、アルマによって姉の呪いが解けた、という解釈があり、現在はその通り!と感じています。空気になったというよりも、ウッドコック家の呪いが解けて、空気になれた=家とは関係ない人生を送る可能性が生まれた、と言えます。その意味では、アルマいい仕事しました)

綺麗なモリッシーことダニエル・デイ=ルイスは、履いていたボルドーの靴下がとても素敵でした。

まったく本作は、史上最高のキノコ映画だと思いました。キノコパワー!(キノコパワー!)遠く高く放り投げてっくれッッ!

kkmx
kkmxさん / 2018年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ダニエル=デイ・ルイスを鑑賞する贅沢な映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ダニエル・デイ・ルイスの演技に只々感心した一作。華麗で気品の高い映像・演出を大いに堪能。だけど、ヒロインの感情の動きには疑問が残った。"えー!こんなのあり⁈"って感じ…本当、怖いなって思うけど、極端過ぎないかな?
ダニエル・デイ・ルイスは引退らしいけど、惜しいよね。気が変わってカムバックされるのをお待ちしています。出ているだけで見に行きたくなる…数少ない俳優ですから。

Hiroshi
Hiroshiさん / 2018年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PTAの狂気

PTAなのにイギリスが舞台?!と思ったが、相変わらずの主人公達の狂気、歪んだ愛。
もちろんその世界観と細かな描写は文句なしではあるが、そろそろPTAの現代アメリカを舞台にした映画も見たい。

まぁみどり
まぁみどりさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

究極の愛か?ホラーか?

監督作品群は傑作揃いだが、取っ付きづらさと理解しづらさが障害になり、一部の熱狂的な支持を受けるものの、世間一般からは”怪作監督”と呼ばれてしまうのがしゃくだが、何はともあれ、PTAこと我らがポール・トーマス・アンダーソンの最新作。盟友ダニエル・ディ・ルイス最後と言われる出演作でもあります。1950年代イギリスのオートクチュール・デザイナーとして華々しく成功を収めた偏屈なデザイナーと、彼がミューズに選んだ元ウェイトレスの女性との心の葛藤と駆け引き、禁断、倒錯、若しくは究極の愛の姿を描く。鑑賞する側の心持ちや性別(こっちが顕著かな)でかなり見方が変わる作品なれど、これを受入れられるかどうかが、映画本編同様に試される作品ではある。すんなり受け入れられる人は少ないかも知れないし、ストーリーが”愛”か”変態”か”ホラー”か、受け取り手の捉え方、下手すれば体調(笑)で変わる作品なれど、PTAの作品として完全にウエルカム。完璧にノックアウトされました。毒のあるストーリーとは裏腹に、英国上流階級の豪華絢爛な衣装やインテリアなどの世界を、どこかもやっとした映像で描く様が美しい。「ザ・マスター」を超えるノスタルジアによって異世界への誘いを拒絶しなければ、至福の時間を過ごせます。こちらも盟友と言えるジョニー・グリーンウッドが手掛けた流麗でゴージャスな音楽も素晴らしい。ジョニーは、直近の「ビューティフル・ディ」で聴かせた鋭角でヒリヒリする様なサウンドから一転、恐るべき振幅のある才能を発揮して音世界を作り出した。既に名匠の域に到達している。凄い。誰かが『召使』になぞらえていたけれど、そうは思いませんでしたねー、違いは”愛”の存在でしょうか。

foxheads
foxheadsさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美と俗の戦い

衣装目当てに行きました。
アンダーソン監督の作品は初めてです。

映像や音との距離感が近く、独特で、やや戸惑いながら鑑賞しました。
しかしオートクチュールの職人たちや、デザイナーのピリピリした雰囲気などに引き込まれました。
主要3人の微妙なパワーバランスも面白かったです。
女性にとっては、祝福と天罰のアンビバレントな状況なのでしょうね。

フィルムの質感や沈黙のシーンなどは自分好みで、もちろん衣装も楽しみました。

映画の内容とは別に面白かったのが、この作風が好きかどうか、気持ちが揺れながら観たことでした。
好きかも…ちょっと違うかな??などと思っていたら、ラストの食事シーンで、一気に好きになりました。
一本決められたような、爽快感でしたね。

凪
さん / 2018年7月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しくも恐ろしい、苦笑と戦慄の「男と女のラブゲーム」

ポール・トーマス・アンダーソンがまたやった!『マイ・フェア・レディ』のように初まり『ゴーン・ガール』のように終わる、美しくも恐ろしい、苦笑と戦慄の「男と女のラブゲーム」。夫になるとは「君の好きな僕」をロールプレイすることなのだ

コメディ・ホラー両面で冴えまくる演出、眼福極まる衣装、監督自らカメラを持った撮影、ジョニー・グリーンウッドの流麗な音楽、全てが完璧に調和して見事な「芸術作品」に仕立てられている。PTAは個人的にはここ2作(長編映画のみ)があんまりピンと来てなかったけど、これは文句なしの新たな傑作

『ゴーン・ガール』『ファントム・スレッド』とかは自分が結婚してないと理解できてなかったと思う。事実、恥ずかしながら『ゴーン・ガール』については初見時は完全にオチの意味を真逆に解釈してしまっていた。今ではこういう作品の言わんとすることが痛いほどわかる。映画ってホント勉強になるよねー

ヒートこけし
ヒートこけしさん / 2018年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

上品でセンスのいい冗談のような

なにもかもが上品で完成した世界。
だから眺めておくだけでも楽しい映画だが、途中からただ眺めるだけにはいかなくなる。

アルマとレイノルズのふたりがアブノーマルな恋をどのように進めていくのか。

ただそれだけなのに、それがふたりの全てでこの映画のすべてで
不思議と目が離せなくなる。

結果として、お高くとまった冗談みたいな話なんだけれども
観終わった後に色々と考えこんでしまう。

それは主演ふたりの演技があまりにもリアルで巧いからかも。

しんば
しんばさん / 2018年7月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

折り重なる美しさと醜さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドレスの美しさと人間の醜さの丁寧な丁寧な重層構造。
美しいドレスを着た女性のワンカットだけで、観ているこちらも凄いものを見た!と思わせる画の説得力の凄さ。

何かを介さないと愛し合えない、わかり合えない、というのPTA作品の中で一貫して描かれているモチーフで、今回もバッチリでした。
今回はそれがドレスであり、母姉であり、死の疑似体験であった。
我々は孤独なんだ、コミュニケーション取れないものなのだ、という諦め、認識が自分に取ってリアルだし居心地が良いのだと改めて思った。

マザコン気質は今まで十分匂わせてきたPTAがいよいよ全開にしてきたのでこらぁ偉いこったと思ったね。
いつにも増してバランスがいびつなまま突っ走っているのも印象的だった。
常に劇音楽がなり続けていて、ある意味一直線のストーリーの補助線というか、退屈しないようになってるなー、と。

この映画がPTAのキャリアの中でどういう位置付けになるかちょっと今はわからないけど、パンチドランクドラブ的なあとから振り替えるとそのときの技術の集大成的な映画だったと、次に偉いの来たな、みたいな映画になることを期待。
男性性の後退、非アメリカ、というのは新境地かもしれない。
当然最高な映画体験だったことは間違いないです。

あした
あしたさん / 2018年7月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

85件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi