少年は残酷な弓を射る
ホーム > 作品情報 > 映画「少年は残酷な弓を射る」
メニュー

少年は残酷な弓を射る

劇場公開日

解説

「ボクと空と麦畑」「モーヴァン」のリン・ラムジー監督が、強い悪意と執着心を抱く息子とその母親の関係を緊張感たっぷりに描いた人間ドラマ。自由奔放に生きてきた作家のエバは子どもを授かったことでキャリアを捨て、母親として生きる道を選ぶ。生まれた息子はケビンと名づけられるが、幼い頃からエバに懐くことはなく、反抗を繰り返していく。やがて美しい少年へと成長したケビンは反抗心をますます強めていき、それがある事件の引き金となる。「フィクサー」のティルダ・スウィントンが主演。

作品データ

原題 We Need to Talk About Kevin
製作年 2011年
製作国 イギリス
配給 クロックワークス
上映時間 112分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(ドラマ) ティルダ・スウィントン

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

出品
コンペティション部門
出品作品 リン・ラムジー

インタビュー

セクシーでイノセントな19歳、新星エズラ・ミラー
インタビュー

一見ごく普通の家庭で育った少年が、周到な準備の末に凄惨な事件を起こす――。女流監督リン・ラムジーの新作「少年は残酷な弓を射る」で、あやしい魅力を放つ少年ケヴィンを演じ絶賛されたエズラ・ミラーは現在19歳。今最も将来を嘱望されている若手...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

カタストロフが訪れたあとも人生は続く
少年は残酷な弓を射るの映画評論・批評

破局のあとも人生は続く。たとえば無差別狙撃犯が警官に射殺される。たとえば殺人の謎が解かれ犯人がつかまる。映画ならそこでエンドマークが出て物語は終わりだ。だが人生にエンドマークはない。カタストロフが訪れたあとも人生は続く。エバ(ティルダ...少年は残酷な弓を射るの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全38件)
  • 苦しめるコトでの愛情表現。 序盤から時間軸が行ったり来たりでセリフでは無く映像で物語を理解していく中、起こる出来事に陥ってしまった母親の現状をユックリ描写する演出に興味は薄れない。 ブルースやカントリーにB・ホリーと作品の... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2018年6月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 邦題が悪い。 邦題がネタバレなので、ストーリー中にあるケヴィンの危なさが垣間見れる様子が生きてこない。ケヴィンは何をしでかしたんだ?とはならない。 例え愛されず生まれた子でも子どもは無条件に母親を愛してしまう... ...続きを読む

    めたるぱんち めたるぱんちさん  2018年5月20日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ティルダ・スウィントンに女の匂いを感じられず、序盤でリタイアしまし... ティルダ・スウィントンに女の匂いを感じられず、序盤でリタイアしました。 そもそも彼女の骨ばった顔が、どうも生理的に受け付けないんだよね。 リム・ラムジー監督の新作『ビューティフル・デイ』のトレー... ...続きを読む

    2018年5月19日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「少年は残酷な弓を射る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi