26歳の五輪候補がどうやってポーカールームの経営者に?「モリーズ・ゲーム」特別映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月26日 > 26歳の五輪候補がどうやってポーカールームの経営者に?「モリーズ・ゲーム」特別映像
メニュー

26歳の五輪候補がどうやってポーカールームの経営者に?「モリーズ・ゲーム」特別映像

2018年4月26日 10:00

名脚本家アーロン・ソーキンが監督デビュー「モリーズ・ゲーム」

名脚本家アーロン・ソーキンが監督デビュー
(C) 2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「女神の見えざる手」「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインが主演を務め、「ソーシャル・ネットワーク」でオスカーに輝いた脚本家アーロン・ソーキンが映画監督デビューを飾った「モリーズ・ゲーム」の特別映像が、公開された。

オリンピック候補のトップアスリートから、26歳にしてセレブが集う高額ポーカールームの経営者へと転身した異色の経歴を持つモリー・ブルームの実話を映画化。ブルーム本人が手がけた回顧録をソーキン監督が脚色し、第75回ゴールデングローブ賞では主演女優賞(ドラマ部門)と脚本賞候補に選出され、第90回アカデミー賞でも脚色賞にノミネートされた。

映画では、違法賭博の罪でFBIに逮捕され、富も名誉もすべてを失ったモリー(チャステイン)が、人情派の弁護士チャーリー(イドリス・エルバ)と組んで再起を図る姿が描かれる。ソーキン監督は、「これは正しい決断をした人の物語なんだ。だがその結果彼女は、大金も名声も失う」と熱弁。「最初からジェシカ(・チャステイン)に演じてほしいと思ってた」とチャステインに信頼を寄せ、「気分が高揚する映画だよ」とメッセージを送っている。

チャステインは、「驚きのストーリーよ。未知の世界をスクリーンで味わえるわ」と語る。映像には、オリンピックの夢を絶たれたモリーが、ポーカールームの経営法を学んでのし上がっていくさまが描かれており、「モリーはコロラドで育ち、オリンピック出場を期待された女性よ。でも事故で夢を絶たれ、しばらくロサンゼルスで息抜きをしようと決めたの」(チャステイン)と背景を解説している。

映像には、ブルーム本人も登場し、「ポーカーのことは何も知らなかったけど、飛び込んだの。男性の世界で成功したかった」と告白する。実際のポーカールームには、レオナルド・ディカプリオベン・アフレックトビー・マグワイアらトップスターが顧客リストに並んでいたというが、「(ポーカールームには)億万長者、政治家、映画スターも来たわ」と明かしている。

モリーズ・ゲーム」は、「ドリーム」のケビン・コスナー、「JUNO ジュノ」のマイケル・セラ、「デトロイト」のジェレミー・ストロング、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のクリス・オダウド、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のビル・キャンプらが脇を固める。5月11日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi