355

劇場公開日:

解説

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴら豪華キャストが集結し、世界各国の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション。格闘術を得意とするCIAのメイス、トラウマを抱えるドイツ連邦情報局のマリー、コンピューターのスペシャリストであるMI6のハディージャ、優秀な心理学者であるコロンビア諜報組織のグラシー、中国政府で働くリン・ミーシェン。秘密兵器を求めて各国から集まった彼女たちは、ライバル同士だったが互いの手を取り、コードネーム「355(スリー・ファイブ・ファイブ)」と呼ばれるチームを結成。世界を混乱に陥れるテクノロジーデバイスの利用を画策する国際テロ組織を阻止するべく立ち上がる。「X-MEN:ダーク・フェニックス」のサイモン・キンバーグ監督がメガホンをとった。

2022年製作/122分/PG12/イギリス
原題:The 355
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

映画レビュー

3.0いさかか凡庸ながらキャラの魅力は捨てがたい。

2022年2月28日
PCから投稿

ジェシカ・チャステインが座長となって、女性たち主体の娯楽アクションをやる。その心意気や良しであり、また、女性が働きやすい撮影現場を整え、メインキャストのギャラを一律にしたという心遣いも素晴らしいと思う。

キャラクターもそれぞれに魅力的なのだが、惜しいのはいかんせんアクション映画としての体裁が古く感じることか。サイモン・キンバーグ監督には悪いが、もっとメインキャストを活かし、時代を切り開くセンスを持った監督・脚本チームを別に組めたのではないか。セバスチャン・スタンの使い方なんかももっと独創性があって欲しいところ。

とはいえ今後続編や似た企画が生まれる時にとりあえずこのラインは超えていこうかという基準にはなりそうで、今後の展開への期待値も含めると、ほどほどの完成度のアクション大作であることも、過渡期ゆえの布石としては悪くない気もしている。。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
村山章

4.0「チャーリーズ・エンジェル」のような女性によるスパイアクション映画。世界各国の凄腕エージェントのドリームチームが見どころ!

2022年2月4日
PCから投稿

本作は、タイトルの「355」の時点で分かりにくい雰囲気ですが、これはアメリカの独立戦争時代に、ジョージ・ワシントン大統領の下で実在したとされる女性スパイのコードネームに由来しています。
本作では、アメリカ、ドイツ、イギリス、コロンビア、中国のライバル同士のメンバーが第3次世界大戦級の危機を阻止するために手を組んだチームのコードネーム「355(スリー・ファイブ・ファイブ)」として使われています。
本作の見どころは、何といってもジェシカ・チャステイン×ペネロペ・クルス×ダイアン・クルーガー×ルピタ・ニョンゴ×ファン・ビンビンといった「主役級豪華キャストの集結」でしょう。
製作者でもあるジェシカ・チャステインが、平等に5人のギャラを同額にしたりと、なかなか画期的な試みの作品です。
これだけのメンバーが集結すると、それだけで見る際のハードルが上がってしまうのですが、そこは敢えてハードルを上げずに見るのが重要です。
世界各国を飛び回り、アクションシーンも良いですし、十分に及第点である作品と言えるでしょう。
いきなり5人が集まるのではなく、必然性に応じて会うべくして出会っていく展開も良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 29件)
細野真宏

3.0女性戦隊モノ

2022年12月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

オーシャンズエイトのような、女性だという点が特徴点の、よくあるスパイ世界救う系
普通に楽しく、普通に忘れる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
WALLE

4.5「女性主体」というのがコンセプトかもしれない

2022年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
maru
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る