パラサイト 半地下の家族 モノクロVer.

劇場公開日

  • 予告編を見る
パラサイト 半地下の家族 モノクロVer.
パラサイト 半地下の家族 モノクロVer.
51%
33%
13%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞したほか、第92回アカデミー賞でもアジア映画で初めて作品賞を受賞するという歴史的快挙を成し遂げた「パラサイト 半地下の家族」のモノクロ版。第72回カンヌ国際映画祭で通常のカラー版がお披露目されるより前に作られたバージョンで、映画がまだモノクロだった時代のクラシック映画にあこがれるポン・ジュノ監督の夢をかなえるために作成された。「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞をはじめさまざまな映画賞を席巻し、日本でも2020年1月に劇場公開されると韓国映画史上ナンバーワンとなる大ヒットを記録するなど大きな話題を呼んだことから、モノクロバージョンも劇場公開される。

2019年製作/132分/PG12/韓国
原題:Parasite
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.5A Classic upon Inception, More Timeless in Black and White

2021年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

South Korea's best picture winner Parasite is a perfectly balanced classic. The first time I saw the film without knowing any details of its plot, and all its turns captivated me. Upon a second viewing, I was pleased to find that the film's strengths hold up, and there is plenty of detail in the film's robust elements of contrast that make it an undeniable masterpiece. Great even without color!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.5モノクロになってより際立つもの

2021年1月16日
Androidアプリから投稿

【象徴的】ディス・イズ・マスターピース。持論 : "(アメリカ映画に多い)豪邸が舞台の映画は、つまらないものが多い"…を見事に覆された衝撃といったらなかった。《高さ》で見せる画作りが完璧だと改めて思った。すべて繋がっていて一瞬たりとも、一切無駄にしないのスゴいブリリアント。それは濃淡の際立ったモノクロ版でより顕になっている。画面の中の線に目が行く。同じゾーンに、心のブラックボックス。例えば、友人が持ってきた石を見たときや、計画を思いついたとき。真に象徴的で強烈。アイム・デッドリー・シリアス。中の中までしっかりとクリエイティブさという火の通ったウェルダン。
隅々まで《計画》とその意図が行き届いていて、本当によく練られている。前フリが効いているトーキング・アバウト。カットやセリフ、一切無駄がない。効果的なリビールショットも多い。ユーモアのセンスも秀逸。リラックスしたムードから一転するときにはより際立つ。コメディとサスペンス、そして痛烈な社会派ソーシャルコメンタリーを多角的なエンタメに昇華する手腕にひたすら唸る。やはりヤング・アンド・シンプルの逆、まさしくオールド・アンド・コンプレックス。イズ・イット・オーケー・ウィズ・ユー?
あの臭いがする……そう、韓国に負けている、してやられている。においが度を越してやがる。束の間の幸せ満喫タイムから一転、急転落させて哀れ惨めな感じにさせるのなんかも上手かった。突きつけてくる絶対的身分差。ユー・ノー・ホワット・アイ・ミーン?見れば見るほど驚嘆させられる、気づけば夢中に見入ってしまっている自分がいる。ホワイ・ノット?インディアンの格好というのもまた象徴的。痛いシーンは本当に痛そうだし、本当の意味で背筋の凍る怖さと衝撃に全編満ちている。
胸を触るときなぜ時計回りなのかは分からず仕舞いだけど、この屋敷をイチから作ったのはリスペクト!編集で役者それぞれのベストテイクをつなぐというテクニックも採用しているらしい。素直にお人好しでのんびりとした奥さんが好き。信じられる人とのつながりがベスト、信頼の輪。ファイティン!オーバー、それでは…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とぽとぽ

3.5モノクロ版も鑑賞

JYARIさん
2021年1月6日
iPhoneアプリから投稿

モノクロ版を改めて鑑賞。
雰囲気は出るが、どこか物足りない印象。

やっぱり食べ物のシーンは鮮やかな色でなきゃ。
桃のシーン、ジャージャー麺のシーン、
この2箇所は色ありでもう一度見直すほど
元の印象が強烈すぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

0.5画面が黒すぎて状況が分からない!!

2021年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

モノクロver.を改めて上映するほど高尚な映画なのか?と思います。これが執拗なロビー活動で受賞した人間の驕りなのかという感じです。洋画「ミスト」の場合はグレーの色合いと霧の質感が活かされていましたが、本作は特に考えがあった訳ではないのか画面の殆どが黒いシーンばかりで、状況が良く分からず観辛いです。貧富の差が際立ったと書いた方は、単に台詞に集中できたというだけの事ではないでしょうか。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「パラサイト 半地下の家族」シリーズ関連作品