エージェント・マロリー
ホーム > 作品情報 > 映画「エージェント・マロリー」
メニュー

エージェント・マロリー

劇場公開日

解説

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、全米女子格闘技界でトップクラスの人気・実力を誇る女性格闘家ジーナ・カラーノを主演に迎えて描くスパイアクション。スパイ業界にその名を轟かせるエージェント、マロリー・ケインは、何者かに殺人の濡れ衣を着せられ、国際的な指名手配犯に仕立て上げられてしまう。疑惑を晴らすため孤軍奮闘するマロリーは、やがて驚きの真実に直面する。ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー、マイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラス、チャニング・テイタムら豪華男優陣が共演。

作品データ

原題 Haywire
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 93分
映倫区分 G

DVD・ブルーレイ特集

“超一流監督”と“超一流ハリウッドスター陣”と“超一流女性格闘家”が出会ったとき壮絶な《傑作スパイアクション》が生まれた!
DVD・ブルーレイ特集

 ハリウッド屈指の名監督と主演クラスの豪華キャスト、そして抜群のカリスマ性を誇る女子総合格闘技界のスターとの出会いが実現させた、新たなる“傑作スパイアクション”の誕生──「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が描く「エージェント・マロリー」が、いよいよ2月8日よりTSUTAYA限定でレンタル開始!(セル版は2月22日発売) DVD・ブルーレイ特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

カラーノがいなければ使えない手法。ソダーバーグが映画小僧に戻っている
エージェント・マロリーの映画評論・批評

モニカ・ビッティではなくてパム・グリアだ。「唇からナイフ」のモデスティ・ブレーズよりも、やはりフォクシー・ブラウンやコフィーを思い出す。ララ・クロフトを演じたアンジェリーナ・ジョリーやキャット・ウーマンに扮したアン・ハサウェイに飛躍す...エージェント・マロリーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全25件)
  • 組織に裏切られたエージェントの復讐 カフェとホテルのアクションシーンは良かった。ストーリーが単調すぎて、あーまあそうなるよねとしか。 ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 肩透かし 視聴:1回目 推薦:映画マニアのみ 感想:豪華俳優陣とあの監督でオシャレBGMもついてノリノリで見ていくと見るほどブレーキがかかる映画。オシャレ要素はいらないしもたもたしてるし、ぱっとしないし。... ...続きを読む

    ほんげ ほんげさん  2018年4月29日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 強い女のアクション見るならコレ! ただし、ソダーバーグ好きにはストーリー的にちょっと物足りないかも。 アクションに関していうと流石格闘家なだけあってキレッキレのパンチ見させていただきました。周りの俳優が弱っちく見えるほど(実際弱... ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2017年10月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「エージェント・マロリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi