エージェント・マロリー : 映画評論・批評

エージェント・マロリー

劇場公開日 2012年9月28日
2012年9月11日更新 2012年9月28日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー

カラーノがいなければ使えない手法。ソダーバーグが映画小僧に戻っている

モニカ・ビッティではなくてパム・グリアだ。「唇からナイフ」のモデスティ・ブレーズよりも、やはりフォクシー・ブラウンやコフィーを思い出す。ララ・クロフトを演じたアンジェリーナ・ジョリーやキャット・ウーマンに扮したアン・ハサウェイに飛躍する人もいるだろうが、それほどフェティッシュの匂いはしない。なんといっても、人のよさそうな顔と、太腿のたくましさがグリアに近い。若いころのグリアはけっこう可愛かったのだ。

マロリー・ケインは秘密工作員だ。ただし、CIA直属ではなく、CIAに委嘱された民間企業と契約を結んで働いている。演じるのはジーナ・カラーノ。おっ、とつぶやく人もいるだろうが、カラーノは総合格闘技の女王だ。つまり、身体は素晴らしくよく動く。走れるし、跳べるし、銃は扱えるし、車の運転は巧いし、なによりも肉弾戦の実技がちがう。ここはグリアも敵わない。

そんなマロリーが、各地を転戦する。冒頭に出てくるのは、元恋人にニューヨーク州北部の地味なダイナーで襲われる場面だが、映画はそこからフラッシュバックに入る。バルセロナでは追跡劇が演じられ、ダブリンでは逃走劇が展開される。

どちらの場面も、長まわしの撮影やロングショットが効果を上げる。そう、筋力と心肺機能と体技がちがうのだ。カラーノという素材を得なければ不可能な手法だが、監督のソダーバーグは、新しいおもちゃを手に入れた子供のように楽しそうだ。例によって、撮影=ピーター・アンドリュース、編集=メアリー=アン・バーナード(笑)の変名を駆使し、ソダーバーグはB級アクションの世界で映画小僧に戻っている。まったく、アート映画など撮るのをやめて、こちらに専心してはどうかとお節介を焼きたくなるほどだ。処理のもたつく部分もときどき混じるが、ここは突っ込まないでおきたい。大体、パム・グリアの映画にねちねちとからむのは野暮というものではないか。

芝山幹郎

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

エージェント・マロリー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] エージェント・マロリー[DVD] キックボクサー リジェネレーション[DVD] エクストラクション[Blu-ray/ブルーレイ]
エージェント・マロリー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] エージェント・マロリー[DVD] キックボクサー リジェネレーション[DVD] エクストラクション[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年2月22日 最安価格: ¥4,061 発売日:2013年2月22日 最安価格: ¥3,510 発売日:2017年3月3日 最安価格: ¥3,283 発売日:2017年4月5日 最安価格: ¥1,545
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全25件)
  • 組織に裏切られたエージェントの復讐 カフェとホテルのアクションシーンは良かった。ストーリーが単調すぎて、あーまあそうなるよねとしか。 ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日 23:16  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 肩透かし 視聴:1回目 推薦:映画マニアのみ 感想:豪華俳優陣とあの監督でオシャレBGMもついてノリノリで見ていくと見るほどブレーキがかかる映画。オシャレ要素はいらないしもたもたしてるし、ぱっとしないし。... ...続きを読む

    ほんげ ほんげさん  2018年4月29日 20:33  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 強い女のアクション見るならコレ! ただし、ソダーバーグ好きにはストーリー的にちょっと物足りないかも。 アクションに関していうと流石格闘家なだけあってキレッキレのパンチ見させていただきました。周りの俳優が弱っちく見えるほど(実際... ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2017年10月20日 00:29  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi