15年後のラブソング

劇場公開日

15年後のラブソング
5%
61%
27%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリティ」などで知られるイギリスの人気作家ニック・ホーンビィの同名小説を実写映画化したラブストーリー。イギリスの港町サンドクリフ。博物館で働く30代後半の女性アニーは、長年一緒に暮らす腐れ縁の恋人ダンカンと平穏な毎日を送っていた。そんなある日、彼女のもとに1通のメールが届く。送り主はダンカンが心酔するミュージシャンで、90年代に表舞台から姿を消した伝説のロックスター、タッカー・クロウだった。伝説のミュージシャンを「恋人までの距離」のイーサン・ホーク、ヒロインのアニーを「ピーターラビット」シリーズのローズ・バーン、アニーの恋人ダンカンを「ソウルガールズ」のクリス・オダウドがそれぞれ演じる。

2018年製作/97分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Juliet, Naked
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

映画レビュー

4.0ホーンビィ原作モノならではの妙味が詰まった快作

2020年6月30日
PCから投稿

作家のみならず、今や脚本家としても名をはせるニック・ホーンビィ。今回の映画は彼の原作モノ(脚本ではない)だが、そもそもこの小説の発表が、新たな転機となった映画『17歳の肖像』(こちらはホーンビィ脚色)の公開と同年だったことを考えると、ともにヒロインが自ら人生を切り開こうとする両作は双子のような関係に思えなくもない。加えて本作は、音楽を愛しすぎる男が登場する『ハイ・フィデリティ』の香りも併せ持ち、つまり、過去のホーンビィ・ワールドがギュッと凝縮された成分表になっている。

映像化によって結実した触感がとても快い。役者陣が織り成す力んだところのない軽やかさが何とも言えないし、幻のミュージシャンという役柄を自然体で成立させたイーサン・ホークも最高だ。製作はジャド・アパトー。『2番目のキス』のファレリー兄弟といい、ホーンビィ作品はやや大胆すぎるくらいの舵取りができる人の方が相性いいのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

2.5イーサンホークじゃん!

syさん
2021年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

感慨深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sy

3.0ストーリー、キャラ、設定がピッタリ

小町さん
2021年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ちょっとくたびれたイーサン・ホーク、真面目で地味で可愛いローズ・バーン、クズな彼氏、それとイギリスの田舎が舞台、ストーリーにピッタリでした
ずっとクズ彼氏にイラッとしながら観てましたが、あれはあれでクズだから良かったです
ハッキリと描かれていない2人の未来、くっつかなくてもちゃんと自分の人生を始めたアニーに笑顔になれるラストで幸せな気持ちになれました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小町

4.0心地いい映画でした。

khapphomさん
2021年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いい男でもなくピチピチもしてない人たちの映画で楽しかった。
あの飲み屋での踊り、今一よくわからんビーチ、うまくも下手でもないあの生歌。
よくわからない部分もあったが、まあ楽しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
khapphom
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「15年後のラブソング」以外にこんな作品をCheck-inしています。