「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」スピンオフドラマ監督に「ブラック・ミラー」の俊英

2020年9月25日 14:00

イギリスの俊英が手がけることに
イギリスの俊英が手がけることに

[映画.com ニュース] ルーカスフィルムがDisney+向けに制作する「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のスピンオフドラマの最初の3話の演出を、イギリスの俊英トビー・ヘインズが手がけることになったと、米Deadlineが報じている。

タイトル未定の同作は、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に登場したキャシアン・アンドーを主人公にしたスピンオフで、アンドーを演じるディエゴ・ルナとK-2SO役のアラン・テュディック、モン・モスマ役のジェネビーブ・オライリーが復帰する。さらに、デニース・ゴフ(「15年後のラブソング」)、ステラン・スカルスガルド(「マイティ・ソー」シリーズ)、カイル・ソーラー(「スペインは呼んでいる」)、アドリア・アルホナ(「6アンダーグラウンド」)らの出演が発表されている。

物語は、反乱軍の諜報員アンドーを主人公にしたスパイ・スリラーで、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の脚本のリライトと追加撮影を行ったトニー・ギルロイ監督がショーランナーを務めている。もともとはギルロイ監督が自らメガホンをとる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で米ニューヨーク在住のギルロイ監督はロケ地イギリスへの渡航を自粛。代わりにイギリス在住のヘインズ監督に白羽の矢が立った。

ヘインズ監督は、「ドクター・フー」や「SHERLOCK シャーロック」などの英ドラマの演出家として知られ、NetflixのSFシリーズ「ブラック・ミラー」の「宇宙船カリスター号」の演出で大きな注目を集めた。ほかにも、ベネディクト・カンバーバッチ主演のテレビ映画「ブレグジット EU離脱」やAmazonのオリジナルドラマ「UTOPIA」などを手がける注目株だ。

なお、ルーカスフィルムが「スター・ウォーズ」のスピンオフドラマとしてDisney+向けに制作する「マンダロリアン」シーズン2は、10月に世界配信を控えている。ほかにも、ユアン・マクレガー主演の「オビ=ワン・ケノービ(仮題)」などが企画されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース