地獄の黙示録 ファイナル・カット

劇場公開日:

解説

「ゴッド・ファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ監督が1979年に発表し、カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したほか、膨大な製作費や過酷な撮影環境、CGなしの壮大なスケールの映像など、数々の伝説を残した戦争映画の傑作「地獄の黙示録」を、コッポラ監督自身が望むかたちに再編集した最終版。79年のオリジナル版より30分長く、2001年に発表された特別完全版より20分短いバージョンとなり、新たにデジタル修復も施された。ベトナム戦争が激化する1960年代末。アメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部から特殊な任務を与えられる。それは、カンボジア奥地のジャングルで軍規を無視して自らの王国を築いているという、カーツ大佐を暗殺するというものだった。ウィラードは部下を連れてヌン川をさかのぼり、カンボジアの奥地へと踏み込んでいくが、その過程で戦争がもたらす狂気と異様な光景を目の当たりにする。出演はマーロン・ブランド、マーティン・シーン、ロバート・デュバル、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパーほか。

2019年製作/182分/PG12/アメリカ
原題:Apocalypse Now: Final Cut
配給:KADOKAWA

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0オリジナル版を超えるコッポラ監督の芸術家としての情念は感じられず…

2022年10月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最近、1979年の153分劇場版と共に、
こちらも観た記憶のあった
2019年ファイナルカット182分版が
改めてTV放映されたので再鑑賞
(2001年の特別完全版は未鑑賞)。

引き続き1979年版と同じ印象で、
戦場においては人間の神経が
こうも破壊されてしまうかを、
莫大な資金を投じたと思われる戦場シーンで
延々と描いていることに改めて驚愕した。

違いはカンボジアのフランス人入植者との
交流エピソードが加わって
反戦イメージが増した位だったろうか、
それ以外は1979年版とほぼ同じ印象だった。

しかし、既に、散々に戦争の狂気を
見せつけられているので、
このファイナルカット版の追加シーンの
必要性は余り感じ取れなかった。
それにしても映画の世界は厳しい。
ここまで力を入れて撮っていたシーンを
当初の上映時には
バッサリとカットしていたのだから。
このシーンの関係のスタッフと
ここだけにしか登場しないキャストの
気持ちを察するには余りあるが、
逆に言うと、その彼らの救済のための
特別完全版だったりファイナルカット版
なのだとしたら、
それはそれで問題がありそうだ。

昨今、ディレクターズカット版や、
ファイナルカット版と称する作品が
多く見受けられるが、
この作品の場合のその是非はどうだろうか。
私としてはほぼワンエピソードを加えただけ
のこの作品には、
興行上の理由と
スタッフ・キャストに対する配慮にしか
想像出来ず、
コッポラ監督の芸術家としての情念は
感じ取れなかった。
多分、未見の特別完全版でも
同じ印象を持つのではないだろうか。

因みに、
やはりファイナルカット版が話題となった
「ブレード・ランナー」については、
私はオリジナル版が好きだ。
何故なら、
そもそもが主人公もレプリカントかも、
との思わせは大きなテーマからは
蛇足にしか思えず、
私がこの作品で好きなのは、
命の限りあるレプリカントが
己の死の直前に、あえて
死に直面させたまだ寿命のある人間を
助ける、正に、原作の
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
の表題通りに
レプリカントが優しい人間に近づいた瞬間を
感じるからだ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
KENZO一級建築士事務所

4.0初鑑賞、マーロンブランドはさすが。

2022年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

超有名作品だが、初鑑賞。何かに似てるなと感じてたら、以前読んだ「闇の奥」。

調べたらコッポラが参考にしたらしい。

どちらも、超エリートが、魔界の狂気に触れ、次第にそこで崇められる存在になっていた

ところは似てる。そして神秘的で刹那的なところも。

映画では結局ベトナム戦争の狂気を描きたかったんだろうが、小説の舞台は、

コンゴの奥地。そこの野蛮さ、魔界的な恐ろしさを描いていたように思う。

映画では、カーツ大佐の優秀さが強調されてたが、なぜ、現地人の長となったかを

もっとクローズアップした方がよかったように思う。

それにしても、歴史に残る大作であることは感じた。再鑑賞して見たいと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
藤崎敬太

2.5タイトルなし

2022年4月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

戦争の狂気を観念的に描くことへの違和感を感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hato

3.5カーツとキルゴアの違い

2021年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

特別完全版より20分短く、バニーガールのエピソードが削られている。
カーツ役のマーロン・ブランドが帰ってしまったため、最後はどうしようもない。
キルゴア(ロバート・デュバル)の異常性が際立っており、戦争は狂気そのもの、というのがよく分かる。
最初から2時間は、こんな面白い映画はない、という感じだが、最後の1時間はちょっと退屈。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「地獄の黙示録」シリーズ関連作品