地獄の黙示録

ALLTIME BEST

劇場公開日

27%
53%
16%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゴッドファーザー」シリーズで世界的成功を収めたフランシス・フォード・コッポラ監督が、1979年に発表した傑作戦争映画。ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、舞台をベトナム戦争下のジャングルに移して戦争の狂気を描き、第32回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。過酷で困難を極めた撮影時のエピソードは伝説的であり、その過程はドキュメンタリー「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」(91)で描かれている。また、22年後の2001年には、コッポラ自らの再編集で未公開シーンを追加し、50分近く長い「地獄の黙示録 特別完全版」も製作・公開された。サイゴンのホテルに滞在していたアメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部からカーツ大佐の暗殺を命じられる。カーツ大佐は任務で訪れたカンボジアのジャングル奥地で勝手に自らの王国を築きあげ、軍から危険人物とみなされていた。ウィラード大尉は部下たちを連れ、哨戒艇で川をさかのぼってカーツ大佐の王国を目指すが、その途中で戦争がもたらした異様な光景を次々と目撃する。日本初公開は80年。2016年にデジタルリマスター版でリバイバル公開される。

1979年製作/147分/アメリカ
原題:Apocalypse Now
配給:boid
日本初公開:1980年2月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

ノミネート

外国作品賞  

第37回 ゴールデングローブ賞(1980年)

受賞

最優秀助演男優賞 ロバート・デュバル
最優秀監督賞 フランシス・フォード・コッポラ
最優秀作曲賞 カーマイン・コッポラ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  

第32回 カンヌ国際映画祭(1979年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール フランシス・フォード・コッポラ
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 フランシス・フォード・コッポラ

出品

コンペティション部門
出品作品 フランシス・フォード・コッポラ
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1979 Omni Zoetrope. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5やや尻すぼみ

2022年4月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

朝のナパームの匂いは格別だ…。までの戦闘シーンに息を呑む。ヘリコプター部隊の爆破は、すごい臨場感でベトナム戦争のドキュメンタリーを観ているようだ。この先どんな展開が待っているのだろう。ワクワクと思ったら、あれっ??急激に失速して後半は睡魔との闘いに負けるのであった😪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

4.0原爆経験後の戦争で「恐怖だ」は寝惚けた話

2021年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1 立花隆の映画評について

立花隆「解読『地獄の黙示録』」によれば、この映画は手法が従来の映画とは異なっており、ハリウッド式の巨額な予算を投じた私的実験映画だという。

その手法とはエリオットが「荒地」で用いた手法と同様、過去の文化的創造物の素材をモザイクのように配置し、それぞれの素材の持つ象徴的意味の関連によりストーリーと主張を語らせるものだから、素材を知らなければ理解できない。つまり「闇の奥」、エリオットの一連の詩、聖杯伝説、フレイザーの「金枝篇」、そしてドアーズ「ジ・エンド」を知る必要がある。

そのシンボルにより解読してみると、本作はベトナム戦争を批判し、戦争のない世界のヴィジョンを示すことにテーマがある。
戦争に関わる人間は、殺戮本能を発揮させる狂人とならざるを得ず、冷静に顧みるならそこには恐怖しかない。偽善的な米軍とは異なり、本能のままに殺戮を実行した結果、自分の王国を構築したカーツは、戦争の生み出した典型的人間である。
戦争の論理の行き着く先を見届けたウイラードは、もはや米軍の指令とは関わりなく、戦争を止めるために自らの意志で戦争人間の殺害を決断。王殺しの象徴的儀式を通じてその地位を引き継いだうえ、殺戮を放棄するため武器を捨て王国の民も従う。そこに象徴としての生命の雨が降り注ぐ…というストーリーになる。

立花は日本におけるこの映画を巡る論争を批判し、「前半のリアルな部分と後半のシンボリックな部分との区別ができていない根本的に無理解な議論」があまりに多いと述べる。
その上で、区分を理解しても「既成の映画文法の上にたって彼の実験的部分を失敗と批判」する人と、「その部分を映画の新しい可能性を開いたとして賞讃」する人に分かれ、自分は後者に属すると分析する。

立花の議論は、映画の手法導入の斬新さの評価と、導入による効果の評価とを区別していないから、私は一概には賛同できない。

2 個人的評価

手法そのものに関しては面白いと思う。しかし、そこでシンボルに使われた素材の中心となるコンラッド作品が、悲しいかな19世紀的古さなのである。

「闇の奥」は英国の作家コンラッドが1899年に発表した小説。アフリカのベルギー領コンゴ自由国を舞台に、一人の超人的会社員クルツが原住民を手なずけて当時の富の象徴となる象牙を独占したうえ、神のような権威を得るという話である。
そして、彼の末期の言葉が「恐怖だ。恐怖」というもので、映画はそれを利用している。

この小説が発表された当時、時代思潮は楽天的な啓蒙、進歩主義で、コンラッドはこれに対し「進歩の大義を掲げる連中」などと罵倒しつつ本作を書いた。
人間の心の闇を描きつくしたドストエフスキーの「悪霊」は1871年、「カラマーゾフの兄弟」は1880年だから、それと同時代の作品なのである。
したがってクルツの末期の言葉は、進歩主義の夢に耽りながら全世界を植民地化し原住民を奴隷扱いしている帝国主義と欧州人の心の闇を暴き、糾弾する意味合いがある。

それを「『ゴッドファーザー』は米国帝国主義のメタファー」とうそぶくコッポラが、ベトナム帝国主義戦争批判に使うの自然と言えば自然な話だ。
しかし、もはや時代が全然違っていた。世界はコンラッドの頃から2つの世界大戦を経験し、人類の悲惨さは作家の想像力などを遥かに超え、現実が描きつくしているではないか。
原爆を「野蛮な黄色人種の国」日本に2発もぶち込んだ米国人に向かって、マーロン・ブランドが「恐怖だ。恐怖」と言ったって、観客は「何を今さら」と苦笑するしかないのである。あんた、トルーマンを普通の人間だと思ってるんだろ? その普通の人間が原爆の投下命令を下すんだよ、と。
したがって、その狂気の戦争人間をマーチン・シーンが殺戮し、王位を承継して武器を捨てたら王国民も武器を捨てるシーン(戦争のない世界のヴィジョン)に至っては、説得力がまったくない。

そんなものより、キルゴア中佐が「ワルキューレの騎行」をバックにベトナムの村落を破壊しつくす前半部分の方が遥かにメッセージ性が高く、本作は稀に見る痛快戦争アクション巨編として記憶されると思われる。皮肉としかいいようがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

4.5毒性はかなり強い映画

tricoさん
2021年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

【あらすじ】
ベトナム戦争の中、失踪し奥地で現地人の国を作った大佐への殺害命令を受けた大尉の物語。

舟で戦地を進む中で、軍紀や統制が失われた殺戮や、正義のない戦争の矛盾等、戦地の異常な状況を見ていく大尉は、徐々に大佐への共感を感じていき。。。

【感想】
ベトナム戦争の異常さと、人が壊れていく怖さを通して、米国・米軍の不条理を弾劾する作品です。
毒性はかなり強い映画ですが、戦争映画として、アクションとドラマの両面で面白さが際立っています。
ラストに向けて現実が崩れていく世界観も秀逸でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ブログの方では、ネタバレありで個人感想の詳細とネット上での評判等を纏めています。
興味を持って頂けたら、プロフィールから見て頂けると嬉しいです。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
trico

4.5ベトナム戦争の狂気

2021年7月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全59件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「地獄の黙示録」シリーズ関連作品