地獄の黙示録

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
地獄の黙示録
29%
50%
16%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゴッドファーザー」シリーズで世界的成功を収めたフランシス・フォード・コッポラ監督が、1979年に発表した傑作戦争映画。ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、舞台をベトナム戦争下のジャングルに移して戦争の狂気を描き、第32回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。過酷で困難を極めた撮影時のエピソードは伝説的であり、その過程はドキュメンタリー「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」(91)で描かれている。また、22年後の2001年には、コッポラ自らの再編集で未公開シーンを追加し、50分近く長い「地獄の黙示録 特別完全版」も製作・公開された。サイゴンのホテルに滞在していたアメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部からカーツ大佐の暗殺を命じられる。カーツ大佐は任務で訪れたカンボジアのジャングル奥地で勝手に自らの王国を築きあげ、軍から危険人物とみなされていた。ウィラード大尉は部下たちを連れ、哨戒艇で川をさかのぼってカーツ大佐の王国を目指すが、その途中で戦争がもたらした異様な光景を次々と目撃する。日本初公開は80年。2016年にデジタルリマスター版でリバイバル公開される。

1979年製作/147分/アメリカ
原題:Apocalypse Now
配給:boid
日本初公開:1980年2月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

ノミネート

外国作品賞  

第37回 ゴールデングローブ賞(1980年)

受賞

最優秀助演男優賞 ロバート・デュバル
最優秀監督賞 フランシス・フォード・コッポラ
最優秀作曲賞 カーマイン・コッポラ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  

第32回 カンヌ国際映画祭(1979年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール フランシス・フォード・コッポラ
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 フランシス・フォード・コッポラ

出品

コンペティション部門
出品作品 フランシス・フォード・コッポラ
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1979 Omni Zoetrope. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0【作品自体の度外れた異様な世界観と、公開直後酷評されながらも今や20世紀を代表する映画になっている事実とともに、今作制作時のフランシス・コッポラが40歳だった事にも戦慄する作品。】

NOBUさん
2020年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

難しい

 映画を愛する者であれば、今作を誰もが数度は鑑賞している前提でレビューする。

 原題:"APOCALYPSE NOW"
敢えて訳せば、”隠された真理の開示は、今”といったところだろうか?

 505大隊、173空挺所属、特殊工作員ウィラード大尉(マーチン・シーン)はサイゴンの気怠い暑さの中、ホテルで白いシーツの上で空虚な眼をして寝転がっている。傍らには飲みかけの”マーテル”の壜。

 そんな彼に、任務が告げられる。
 それは、第5特殊部隊の作戦将校であり、祖父・父ともにウエストポイント士官学校を卒業し、”その男”も同校を首席で卒業し、朝鮮戦争時の戦歴を含め、軍部の最高幹部となるべき人物、ウォルター・E・カーツ(マーロン・ブランド)の殺害である・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今作上映までの過程も人口に膾炙していると思われるが、一応記載する。

 1976年3月20日から製作が始まった今作は、1200万ドルの予算で120日で終わるはずだったが、結果としては、540日の撮影期間、3100万ドルをかけて完成した。
 コッポラは、”ゴッドファーザー”で得た利益を全て次ぎ込み、更に全財産を”抵当に入れ”それでも足らない制作資金を世界中に協力を仰ぎながら、作り上げた。
 重ねて言うが、この所業を彼は40歳で行ったのである。信じ難い・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 オープニングの気怠いホテルの風景から、一気に場面はキルゴア中佐(ロバート・デュバル)率いる空軍騎兵隊第一中隊駐屯地に移る。

 キルゴア中佐は(この時点で、この映画の狂気性の片鱗が伺えるのだが・・)、ウィラード大尉が連れてきたランス・ジョンソン(サーフィンの名手らしい:サム・ボトムス)に気付き、”ランス・ジョンソンか!、ランスにサーフィンをさせよ!”と銃弾が飛び交う中、上着を脱ぎ棄て叫ぶ。

 そして、ベトコンが潜む村に数千発のナパーム弾を撃ち込む。後方援護はファントム・ジェット機。
 炎を上げるベチナムの村の地獄絵図。
 そして大音量で響き渡るワーグナーの”ワルキューレの騎行”

 静かなオープニングからの、この強烈な場面は何度観ても米軍のそして、この映画が孕む狂気に息を飲む。(ちなみに、このシーンはCGではない・・。)

 その後、ウィラード大尉は部下を引き連れ川を遡上していくが、途中で遭遇する”ラスベガス:ヘリコプターから降りて来るバニー・ガールたち”(目がクラクラする・・。何を観させられているのか、自問自答する力も無くなっている。。)
 及び、怪しきヒッピー風体の、カーツを信奉するカメラマン(デニス・ホッパー)。

 そして、生首があらゆるところに曝されたカーツ王国に到着するウィラード大尉。
 ”神”と呼ばれるカーツ大尉との対面。

 ー 学生時代、名画座で観て以来、この映画を何度観た事か。ー

 流れる”THE DOORS"の”THE END"の今作との見事なシンクロニシティ・・。

 最後に、この映画に対する故黒沢明監督のコメントを記す。

<この映画は難解ではない。
 これまでの映画の表現を数歩踏み越えた、勇猛でエネルギッシュな表現が掴んで見せた面白さがある。・・・・。
 恐怖は人間を支配し、異常な状態に追い込む。
 戦場で人間が異常に勇敢になるものも、残虐になるのも、また奇妙な事に熱中するのも、全て恐怖から逃避するためだ。
 恐怖から逃れるためには、人間は何を考え何をするかわからない。
 戦場は地獄だから怖いのではない。
 戦場では、時に地獄は天国に見えるから怖いのだ。
 そういう人間というものが怖いのだ。>

<1987年 劇場にて鑑賞 その後、幾度となく鑑賞>

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

4.0戦争は嫌だ。

2020年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

戦争は嫌だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

2.0狂気性について

odeonzaさん
2020年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

5.0戦場に地獄を見た。

2019年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 12 件)
しゅうへい(syu32)
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「地獄の黙示録」シリーズ関連作品