劇場公開日 2020年2月28日

  • 予告編を見る

地獄の黙示録 ファイナル・カットのレビュー・感想・評価

4.060
40%
47%
11%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全60件中、1~20件目を表示

3.5カーツとキルゴアの違い

2021年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

特別完全版より20分短く、バニーガールのエピソードが削られている。
カーツ役のマーロン・ブランドが帰ってしまったため、最後はどうしようもない。
キルゴア(ロバート・デュバル)の異常性が際立っており、戦争は狂気そのもの、というのがよく分かる。
最初から2時間は、こんな面白い映画はない、という感じだが、最後の1時間はちょっと退屈。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0美しく暗い瞳。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

ファイナルカット。
最凶最強上官ギルゴアのヘリ急襲をIMAXで見る悦び。その後の甘美な緩慢に耐える初の本作劇場体験。
ウィラードとカーツの美しく暗い瞳。
仏農園の件りは台詞過多で退屈。
「1917命をかけた伝令」の何と小粒なことか。
先進国とそれ以外の差があったらしきあの時代。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい

3.5前半最高、後半グダクダ

sugikenさん
2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿

大規模な撮影は迫力たっぷり。戦争映画の金字塔。
でも、後半どんどん陰鬱になり、カーツ大佐と会ってからの哲学的対話は睡魔との戦い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
sugiken

4.0饅頭、いやカイユース怖い!

2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

立川シネマシティの「極爆サイレンス上映」とやらで何十年ぶりかに再見。映画の解釈や裏話としては諸説あるようだが(原作も難解なようだし)、はっきり言ってカーツ王国の下りはどうでもいい感じ。個人的にはコッポラは第一騎兵師団のヘリコプター強襲シーンを撮りたかっただけじゃないかとすら思えてくる。少なくともあのシーンが無ければこれほどの名作として歴史に残らなかったのは間違いない。ヒトラー御用達のワグナー(オープンリールテープスタートの瞬間音程が変わるなど芸が細かい。こんなの初演では無かったような…)を背景に編隊を組み直すときのゾクゾクする高揚感。遠くからソプラノの声が迫ってくる時の恐怖感。本当にあった話なのかは知らないが、この部分の演出は天才的だと思う。冒頭に不穏なイメージを醸し出していたヘリの影と音がここではっきり恐怖の象徴と化す。プリティーな「空飛ぶタマゴ」カイユースが悪魔の先導役に見えてこの映画以来見るのが怖くなった。爆音上映のおかげでこれからローター音にも過剰反応しそう。ロバート・デュバルのキルゴア中佐はベトナムの狂気の代表みたいに言われるが、正義のために街を破壊しまくるアベンジャーズと同一線上で、何の事はない一般のアメリカ人気質そのもののようにも見える。
そういえばマーロン・ブランドはあの程度の出演でギャラどれくらい取ったのだろうか……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あっきー

3.5IMAX版上映を見逃したのでドルビーシネマで鑑賞。 ドルビーシネマ...

2020年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

IMAX版上映を見逃したのでドルビーシネマで鑑賞。
ドルビーシネマの映像美とドルビーアトモスの音響、素晴らしかった!
映画館で全編を観るのは初めてだったけど
これは映画館で観られてよかった。
ワルキューレの騎行とキルゴア中佐のあのシーン、圧倒的だわ!
あれほどの火力の映像は二度と映画には出来ないだろな。
ハリソン・フォードにびっくりしてたら
若きローレンス・フィッシュバーンに更にびっくり

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワイルドとみまる

3.0欺瞞

2020年9月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

戦争に大義名分なんて存在しない。
どちらかが正しく、どちらかが間違ってるなんて事もない。
サーフィンするために空爆、
はらわた飛び出るまで戦ったら敵兵にも水をやる、
マシンガンぶっ放して死にそうになったら手をさしのべる、
神と崇められたら人を殺した人が、新たな神として崇められる。
どれもこれも人間の愚かさが描かれている気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

3.5お尻が痛かった。。。

momokichiさん
2020年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ようやく通しで観ることができた。 なるほどこういう映画だったのか。

いろんな狂った人が出てきます。ボートに同乗した若い兵隊達も結構イッテると思ったが
 ・カーボーイハットでサーフィン命の「将軍」
 ・主人公のウィラード「少尉」
 ・ラスボスのカーツ「大佐」
これら偉い人たちの狂い様はその比じゃなかったな。
「人を殺すということ」 「いつでも殺されかねないこと」
この極限の状況下では確かに狂わないとやっていけないのであろうことがよく分かる。

「DolbyCinema」で観る。
後半はすっかり慣れてしまったが、前半のヘリの編隊飛行のところはさすがの迫力。度肝を抜かれた。

「プラトーン」「ランボー」などベトナム戦争の悲惨さを描いた後発作品を多々知っているだけに、正直なところ目新しさはなかった。 でも、これらの映画の土台となったのがこの「地獄の黙示録」なんだよな。リアルタイムで観た人はさぞ衝撃であっただろうと思う。
(リアルタイムで観たかった。当時7歳だったけど。。)

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
momokichi

3.0あぽかりぷすなう

2020年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドルビーシネマで鑑賞。
音がデカい!映像がきれい!
映画館で見られてよかったですよ

ストーリーはまあ、あれですよねw
キルゴア中佐とかカーツ大佐とか変な人が出てきます

アマプラで79年公開版、特別完全版とどこが違うのか見比べてみようかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぼろんてーる

5.01980年ベストムービー!⭐️✨

stoneageさん
2020年7月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画のテーマは、"戦争の狂気"…なんでしょうか?…なんでしょうね(笑)

しかし、この作品から直感的に感じるのは、敵を爆撃する"カタルシス"と未知の世界に放り込まれた"恐怖"…そして、"恍惚"です。

ラストへ向けてだんだんと混沌としていく様は、"危険な匂い"がぷんぷんしますね(笑)

名作です。

*梅田ブルク7"ドルビーシネマ"にて鑑賞…これ以上はないというほどの音響とスクリーンで観られて良かったです。もしこれで料金が安く観られるのなら、この映画館にはもっと通いたいんですが、6ポイント鑑賞とか、そういうサービスがほとんど無くて、つい他の劇場へと足を運びがちです(笑)

*大きなスクリーンで楽しみたい作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
stoneage

4.5紛れもない地獄を見た

Pegasusさん
2020年7月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

DolbyCinemaで鑑賞。
恥ずかしながら初めて観た。
いや、もうとにかく圧倒されっぱなし。
戦場でのシーンでは座席がマジで揺れるくらいの大迫力。ヘリコプターの音や銃弾の音。ナパーム弾、ミサイル…残虐兵器の総力戦とも言える狂気で満ち満ちた戦場描写。没入感出るカメラワークと背筋の凍る悲惨なバイオレンス
負傷兵など兵士の描写はやや劣るが現在でもおそらく1番リアルで規模のデカい戦争映画だと思う。これがCG無しというのが信じられない。コッポラやっぱ凄い…製作費いくらなんだ…

「前半満点だが、後半0点」と語った当時の評論家がいたらしい。
確かに前半はリアルでド迫力の戦場を描かれていて完璧。
それに比べ、後半はフィクション感が出てしまい、戦場の描写も控えめ。
だがその代わりにベトナム戦争が如何に愚かで意味の無い戦争なのかが十二分に伝わってくる。
ただの反戦映画とは違い、祖国の存在や戦う意義をリアルタイムで兵士の目線になって考えさせられる。そこまで深く掘り下げるのがコッポラらしい。
あらすじとしての本題となる王国に着いてからは地味で極限状態に陥った人間の心理を描いていく。正直ここは少し雑だな、と感じた。
何故このような王国を作ったのか?という疑問は残るし(多分観客に委ねている)何より主人公の心理的描写に物足りなさを感じた。
しかし、やはり雰囲気がすごい。
ベトナム戦争特有の狂気が現地住民や家、米軍兵士の狂った考え方(サーフィンのくだりはバカバカしすぎる)を繊細かつ大胆に描いていてまさに「地獄の黙示録」としか例えようのない作品
でした。

追記
別のこれまた評論家が「ストーリー性はあるようでないものである」と語ったらしいが共感してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Pegasus

2.5ストーリーは? 兵器の光跡、ジャングル、川、ヘリ、 ネタバレ

さん
2020年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
寅

5.0ベトナム戦争から何を学んだのか

2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
bloodtrail

5.0究極のPTSD体験。

2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

個人的な戦争映画ベストのこの作品。このフィルムのリアリティはカメラで戦争を撮るのではなく、戦争をカメラで撮ったからこその迫力だ。IMAXで観た本作はサランドを初採用したと言われるだけあり音響が素晴らしい。そして本作を観た夜DOORSのthe endを聞いて寝るとものすごい悪夢にうなされた。内容は刃物に関するものであり、それは劇中でカーツが話していた「恐怖」そのものだ。それこそがこの映画の持つ力であり本作が今まで以上に恐ろしい映画であると感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Journeyman

4.5重いけど迫力満点、あっという間の3時間

2020年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぽんぱる

3.5映画以上に狂った現実

さん
2020年3月19日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
P

4.5傑作であると信じたい

2020年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

 キリスト教徒ではないが、新約聖書の「ヨハネ黙示録」は読んだことがある。数字がたくさん出てくる文章で、中でも七が顕著に多い。七つの教会、七つの霊、七つの金の燭台、七つの星、七つの灯、七つの封印、七つの角、七つの目、七つのラッパ、七つの御使い、七つの雷、七つの頭、七つの冠、七つの災い、七つの鉢、七つの山、七人の王といった具合だ。人間を指す数字は六百六十六である。

「ワルキューレの騎行」を響き渡らせながらのヘリコプターの編隊の有名なシーンは、映画館の大スクリーンと大音響で鑑賞すると凄い迫力だ。空挺部隊のキルゴア大佐の狂気がヘリコプターのローターによる熱気のうねりとともに画面に広がる。アメリカ軍のずっと向こうにいるジョン・F・ケネディの狂気が透けて見えるようだ。ケネディの最期となったダラスのパレードにも「ワルキューレの騎行」が似合う。
 ウィラード大尉を演じたマーティン・シーンは終始無表情の演技で、凄腕の殺し屋のリアルな素顔を上手に表現した。この男が他人の死に眉ひとつ動かさず、感情を一切顔に出さない冷酷無比な暗殺者であることはすぐに分かる。そしてその動機は冒頭でうまく説明される。つまり戦場という極限状況に慣れすぎて、平凡な日常生活では生きている実感が沸かなくなってしまったのだ。同時期に公開された映画「ディア・ハンター」でロシアンルーレットを繰り返す男たちにそっくりである。

 20年に及んだベトナム戦争は、終盤になるとカオスの様相を呈してきた。南北のベトナムそれぞれに東西の陣営が応援に付き、冷戦の代理戦争の意味合いも加わって、正義の定義や概念さえ疑わしくなってくる。そして無意味に犠牲者を出し続ける戦争に対する嫌悪が世界に広まり、アメリカ本国では反戦の声が大きくなる。こうなると戦争の英雄はもはや誕生することがない。そしてサーフィンをするために島を焼き尽くすような意味不明の作戦が実行される。
 残念ながら「ヨハネ黙示録」にあるような七という数字に関するメタファーのようなものは作品の中では発見できなかったが、戦争が地獄であり、その目撃者は地獄を黙示された者であるという意味合いは受け取れる気がした。本作品自体がカオスのような作品なので、観客はいつまでもこの作品を消化することができない。

「ヨハネ黙示録」の最終章には次の言葉がある。

 見よ、私はすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれの仕業に応じて報いよう。私はアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門を通って都に入るために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。

 まさにこの言葉を映像化したようなシーンが多く登場する作品であり、ダンテの「神曲」や源信の「往生要集」を彷彿させる。イデオロギーやヒューマニズムよりも人間の根源的な不幸を壮大なスケールで象徴的に描き出す、傑作であると信じたい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

5.0「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアターで

2020年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

難しい

寝られる

1979年の劇場公開版より30分長く、2001年の特別完全版より 20分短いバージョン。デジタル修復も実施。
映像は撮影時のオリジナル・ネガフィルムを初めて使用、 音声は劇場公開版のプリントマスターを使用したことで、 コッポラが長年望んでいた没入感や臨場感を実現。
 迫力あるサウンドも体感できる。
以上公式サイトより。
IMAX スクリーンフルサイズでは無かった
上下に黒みが入っている
想像以上のスクリーンの大きさだったので逆に良かったかもしれない
音の迫力の方がすごかった
映像で行くと影 がくっきりという印象
初っ端からやっぱり狂ってる
戦争の狂気
反戦映画に見える
タイトルは最後に出てくる
地獄の恐怖
水牛さんが山刀でぶつ切りにされるのも狙って撮ったわけちゃうってホンマか
キルゴア中佐がロバートデュバルっていうのも なかなか判りにくいが
クリーンがローレンスフィッシュバーンって言われても 未だに繋がらない
欺瞞
このバージョンはラストの 爆撃シーン がない

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
消されるので公開しない

4.0史上最速の3時間だった…

JYARIさん
2020年3月14日
PCから投稿

これは伝説の映画となるわ…。
なにがそう思わせたのかは分からないが、ずっと面白かった。

思っていたような映画とは違かった。
"やばい"とか"狂ってる…"って感情が大半だったけど、それであってるよね?

最初のアパートシーンから、独特な雰囲気が流れてて、ずっと主人公の独白で進んでいくから、これ最終的にやばいほうに進んじゃうんじゃないか…ってずっと思っていたけどそうではなかったね。

印象的なシーンが多すぎて語れないけど、マーティンシーンはとにかくかっこよかった。寡黙な演技が最高だし、孤独なかんじがね…。ポスターにもなってるあのシーンはとくに素晴らしかったな。
シーンどこをとっても独特で、サーフィン異様にさせたがる大佐とかね。

それに加えてすごいのがIMAXで!!
まずこれだけ古い映画をあんだけの画質にしたことと、音響。
そもそも地獄の黙示録自体、ドルビー?の立体音響に初めて取り組んだ作品らしいけど、IMAX版ではそれが十分に生かされていたと思う。すごかった。この時代に観れることに感謝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI

4.0やっぱり凄い作品だった!

イゲさん
2020年3月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オリジナル版は中学生の頃に観賞。
全く記憶に残って無かったけど観賞中、徐々に記憶が甦って来た感じ。

観賞後、真っ先に調べたのが本作の制作費。
何と日本円で90億円!
ヘリコプターの大編成。
ジェット戦闘機の編隊。
森林を吹っ飛ばすナパーム弾。
全てのブッ飛び度がハンパ無い!
お金使ってる感が凄かった(笑)

アメリカ兵のやる事も全てがブッ飛んでいてパワー溢れる作品。

凄い映画だったって記憶はあるのに何で記憶が飛んでしまったのか?
自分的に不思議でたまりません(笑)

撮影当時は映像の加工技術も無いから全て実写で撮影と思うけどこれは凄すぎた!

どこかのテーマパークのアトラクションを思い出すシーンが満載だった印象。
この作品をヒントにしたライドが沢山ありますよね( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
イゲ

5.0冷えたビールと温かい食事

2020年3月11日
Androidアプリから投稿

冷えたビールと温かい食事を楽しみにシューティングゲームのようにベトナム人を殺戮する傲慢なアメリカ人。

こんな戦場にいたら誰だって狂ってしまう。

アメリカンスナイパーでもそうだったけど、帰国した自宅の青い芝生でガーデンパーティーをしていたらきっとまた戦場に戻りたくなってしまう。それほどの狂気。

戦場でサーフィンをしたくなる陽気な狂気。カーツ大佐の生首の帝国の狂気。ウィラードの暗い瞳の狂気。

私達はどうしても映画のなかの出来事と思ってしまうけど、それは現実におきていた事。そしていつの間にか私達はアメリカ人の立場からアメリカ人の視線で戦争を見てしまいそうになる。

アメリカ人はベトナム人を茶色い猿だと言っていたけど、原爆を日本に投下したのも私達が黄色い猿だったから。
どうしても同じ白人のドイツやイタリアには抵抗があって落とせなかったと。

こんな狂気を改めて見せてくれたコッポラ監督と大迫力と臨場感でアドレナリンを放出させてくれたIMAXには感謝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちこどん
「地獄の黙示録 ファイナル・カット」の作品トップへ