フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グランド・ブダペスト・ホテル」「犬ヶ島」のウェス・アンダーソン監督が、フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で働く個性豊かな編集者たちの活躍を描いた長編第10作。国際問題からアート、ファッション、グルメに至るまで深く切り込んだ記事で人気を集めるフレンチ・ディスパッチ誌。編集長アーサー・ハウイッツァー・Jr.のもとには、向こう見ずな自転車レポーターのサゼラック、批評家で編年史家のベレンセン、孤高のエッセイストのクレメンツら、ひと癖もふた癖もある才能豊かなジャーナリストたちがそろう。ところがある日、編集長が仕事中に急死し、遺言によって廃刊が決定してしまう。キャストにはオーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンドらウェス・アンダーソン作品の常連組に加え、ベニチオ・デル・トロ、ティモシー・シャラメ、ジェフリー・ライトらが初参加。

2021年製作/107分/G/アメリカ
原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ウェス・アンダーソン

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「常連(もしくは過去に一回でも選出されたことがある制作陣)」
出品作品 ウェス・アンダーソン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5Anderson Flexes Artistic Freedom like It's Made for Netflix

2021年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

A well-crafted opening of a magazine printing press immediately strikes the heart with warming charm. The introduction to the fictional French town is funny and I was looking forward to the next two hours. Actually three short films—the first is brilliant exploration of art that could have been written by Brad Troemel and plays like a comedic Sin City. The following two shorts aren't as engaging.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

4.0芸術的で、寓話的で、そしてよくできたコメディ

andhyphenさん
2021年11月4日
iPhoneアプリから投稿

東京国際映画祭にて。ジャパン・プレミア。
上映前にウェス・アンダーソン監督からビデオメッセージが。「犬ヶ島」のときは来日してめちゃくちゃサービス精神旺盛なところを見せていたウェスだけに、ほっこり。
内容は(あのやたら長ったらしいタイトルの)「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」の最終号の記事の物語。私は情報不足すぎて編集部の群像劇かと思ってた。そしてビル・マーレイがめっちゃ出てくるのかと思ってた。両方違った。
メインの「記事」は3話あるのだが、どれもどこか寓話めいた現実感のなさを纏いながらも、痛いところ突いてきますよね、という筋立て。
3話は人によって好みがわかれそう(今ざっと目を通しただけでも皆好きなストーリーが違う)なのだけれど、私はどれも違ってどれも素敵だった。強いていうなら2話目のフランシス・マクドーマンドはとても好もしくて、少し憧れめいたものを感じた。1話目のレア・セドゥのあの冷たい情熱表現も彼女にしかできないんだろうなあ、と思った。
個人的には3話目でコックのスティーヴン・パークが語る言葉とそれをカットするジェフリー・ライトのくだりがいちばんぐっときました。
それぞれのストーリーが、笑いを引き出しながら静かに心を揺さぶってくるのがやっぱりウェス・アンダーソンだな。
あとはやはり圧倒的な情報量。ウェス・アンダーソンにはいい意味で隙間がない。映画の画の構図や余白はバッチリ決めながら、そこを外してくる巧みさというか。スタンダードサイズで、モノクロとカラーを絶妙に切り替え、かつ、スタンダードサイズの「外」を使うという…(というかシネマスコープに切り替えてるんだけど、完全に枠外使ってますねという感覚が)。
そしてアニメも使う。あのアニメ最高に良かった。アニメ使うならもうあそこしかないよね、という場面でばしっと。そういう「頃合い」を分かっているし、情報量は多いけど全部拾えなくていいのよ、楽しんで!という思いを勝手に感じたのだった(全然違ってたらごめんなさい)。
惜しむらくはやっぱりよみうりホールだったことかな…。ホールの良し悪しじゃなくてやっぱりあそこは「映画館」じゃないのが難しい。もう一度映画館で観れば多分もっと入ってくる情報が増えるだろう。ある意味映画館の偉大さを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
andhyphen

4.5静止画凝視

t2law0131さん
2021年10月22日
Androidアプリから投稿

もうね、映画の新作というより、芸術家の動くアート作品。
鬼才ウェス・アンダーソンの新作。相変わらずファミリー総登場。そして、場面場面の情報量の多さに目眩。ワンカットづつスチールにして、虫眼鏡で画面隅々まで凝視していきたい。
もうすごすぎて言葉もない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
t2law0131
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」以外にこんな作品をCheck-inしています。