フォードvsフェラーリ

劇場公開日

  • 予告編を見る
フォードvsフェラーリ
フォードvsフェラーリ
41%
50%
8%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マット・デイモンとクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。シェルビーをデイモン、マイルズをベールがそれぞれ演じる。監督は「LOGAN ローガン」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のジェームズ・マンゴールド。第92回アカデミー賞で作品賞を含む4部門でノミネートされ、編集賞と音響編集賞の2部門を受賞した。

2019年製作/153分/G/アメリカ
原題:Ford v. Ferrari
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

受賞

編集賞  
音響編集賞  

ノミネート

作品賞  
録音賞  

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) クリスチャン・ベール
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

4.5企業vs企業の話、がメインではない

2020年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

もちろん題名通り、フォードとフェラーリの対立や対決もあるわけだが、ストーリーの焦点は別のところに当てられる。まずドライバーのマイルズとカーデザイナーのシェビーの絆と共闘であり、もう一つは自由な精神と創造性と勇気の持ち主である2人vs大企業の論理を振りかざすフォード幹部の「内部抗争」だ。結果、フォード請負コンビ対フォード対フェラーリという三つ巴の駆け引きがハイライトのルマンで展開する。

実話に基づくとはいえドラマタイズにあたり多少の誇張や創作は当然あるだろうが、ピットでのシェビーが意外に姑息な行動をとって笑わせもし、典型的なヒーローの振る舞いから外れるようで面喰いもする。また、フォード幹部の相当ひどいやり口も描かれ、企業として映画化に協力もしただろうに…と思うといろいろ感心する。忖度の国ではまず無理だろう。

そうそう、運転席視点の映像はスピード感満点で車好きにはたまらないはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
高森 郁哉

4.0Good Job !

みみずさん
2020年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

萌える

コロナの影響がなければ、映画館で観るつもりだったが、
プライベートでのせわしさもあって見逃した。
出色の作品で、返す返すも残念に思う。

本筋ではないのだろうが、
とにかくカトリーナ・バルフ演じるマイルズの妻が魅力的で、
その姿に釘付けになった。
最初に現れたときのかわいらしさ、
置いてけぼりを食ったマイルズを慰める際の艶やかさ、
終始ウィットに富んでいてクレバー、内面から美しかった。

もちろん、本筋にも心が熱くなった。
主人公2人が戦っていたのはフェラーリではなかった。
フォードのカビの生えた体質、体制、
そしてありがちな創業者の馬鹿息子。
理不尽な要求に屈することも多く歯噛みしたが、
逆にそれがリアリティーを感じさせた。
ただ、それが現実とはいえ、
最後まで副社長に一矢報えなかったのは残念だ。
倍返しとは行かずとも、目には目くらいは返して欲しかった。

最後はハッピーエンドとは行かず、胸がチクチク痛んだ。
場合によってはこういう終わり方も嫌いではないが、
妻子のことを想うとき、もう少し光明を見いだしたかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

0.5眠い……

2020年7月31日
Androidアプリから投稿

車好き用なのかな?全然興味ないから、わからなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽぽたん

4.5手に汗握りながら涙が出てきた

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

車のことやカーレースに、程遠く無知だけども、
それでも、ものすごく面白かった!

企業同士の争いに、その情熱は利用されたのかも知れないけれど、
それでも、車の未来にスピードに情熱をかける男たち、
そしてその友情はカッコ良すぎて痺れる。

レースシーンの迫力は圧巻で、
手に汗握りながら涙が出てきた。
生死かけてるもんなー、
ドライバーズ・ハイのごとくテンション上がっていくケンの様子に、
こちらもドキドキしながら上がってくしかない。
クリスチャン・ベールの役作りが素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21
すべての映画レビューを見る(全460件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る