劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明

劇場公開日

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明
54%
36%
6%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

つくしあきひとの同名コミックを原作とするテレビアニメ「メイドインアビス」の劇場版。隅々まで探索され尽くした世界に唯一残された秘境の大穴「アビス」。深く巨大なその縦穴には奇怪な生物たちが数多く生息し、今の人類には作ることのできない貴重な遺物の数々が眠っている。アビスの縁に築かれた街オースで暮らす孤児の少女リコは、偉大な探窟家だった母の白笛が発見されたことをきっかけに、アビスの奥深くへ潜ることを決意。記憶を失ったロボットの少年レグとともに、様々な困難を乗り越えながら冒険を進めていく。深界四層で出会った“成れ果て”のナナチも仲間に加わり、ボンドルドの待つ深界五層へと足を踏み入れた彼らは、そこでプルシュカと名乗る少女と出会う。

2020年製作/105分/R15+/日本
配給:角川ANIMATION

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
副監督
垪和等
原作
つくしあきひと
脚本
倉田英之
キャラクターデザイン
黄瀬和哉
総作画監督
齊田博之
作画監督
小栗寛子
崎本さゆり
エフェクト作画監督
橋本敬史
生物デザイン
吉成鋼
デザインリーダー
高倉武史
コンテ
小島正幸
酒井智史
演出
高橋賢
垪和等
森賢
アクションアニメーター
酒井智史
杉田柊
メインアニメーター
小里明花
小池裕樹
小出卓史
黒田結花
谷紫織
馬場健
美術監督
増山修
美術設定
西俊樹
平柳悟
菱沼由典
色彩設計
山下宮緒
撮影監督
江間常高
音響監督
山田陽
音響効果
野口透
音楽
ケビン・ペンキン
音楽プロデューサー
飯島弘光
アニメーション制作
キネマシトラス
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会

映画レビュー

4.5憧れは止められない

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

TVシリーズからの続きの物語で、ボンボルドとの対決が描かれる。ボンボルドというヴィランは近年稀に見る恐ろしいやつだ。なにしろ、自分自身ではあまり恐ろしい人物だと感じていないふしがある。周囲にとっては異様に残忍であることが彼にとっては普通のことだったりする。本当にネジが飛んでいる人間は、自分のことを正常だと思っているものだ。自分を狂人だと思えるだけのまともな感性すらなくしているのではないか。リコがそれに近い何かを持っているというのも恐ろしくも納得感がある。探究心が人を狂わせることもある。
R15+での公開となっただけあって、ハードな描写が続く。秘境の大穴の全貌はまだ見えず、これだけの苦しい思いをしてもまだ先があるのか、と思わずにいられないが、それでも未知を目指すことの楽しさやワクワク感を失っていないのが素晴らしい。人はどれだけ苦しい思いをしても、冒険への憧れは止められないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
杉本穂高

4.0随所に愛が溢れる作品

たろうさん
2020年6月20日
Androidアプリから投稿

やっと地元で上映されたので

原作未読、アニメのみの知識で鑑賞

最初のシーンから映像美。
オーケストラの演奏も迫力があって、尚且つ映像からは浮いてなくてめちゃくちゃよかった。
エンドロールのMYTH & ROIDも物語の余韻に浸らせてくれて最高。

ストーリーは、ボンドルドの純粋なる狂気が主軸という印象
なので、冒険要素は少なめ

アニメではナナチ目線でのエピソードだったので
ボンドルドがとにかく憎くて仕方なかったし、嫌いだった

今回も見事な外道ではあったけど、
それも純粋で探求心が強く、アビスからの祝福のためなのかとわかると納得の行く部分もあった

制作陣、声優陣が
作品とすごく向き合って深く解釈を重ねて作られたんだなと思った

終わったころにはボンドルドのこと好きになれた
愛されるヴィランを作るのはそこに愛がないと難しい

ただ、映画の長さで描くにはプルシュカへの感情移入が難しく、あんなに重要な役なのに勿体ないと思ってしまった

パパへの忠誠心を軽く越えリコに白笛を与えるまで
感情の動きをじっくり見たくなった
これは原作で味わうべきかな

2時間無い上映時間でリコ、レグ、ナナチのそれぞれの変化や新たな伏線
ぎゅっと詰まっていて台詞やシーンで新たな発見がありそうなので2回目鑑賞予定

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

5.0アニメからの完成度!ストーリーと音楽がいい!

2020年4月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

楽しみにしていたFateが公開延期になったので、代わりにみることに。評価が高いので。ただ、アニメの続きということで、アニメをみてから行きました。

アニメは、キャラの絵がちょっと苦手。なぜ12歳なのか、、、、12歳のお尻にクスリ入れるとか、おしっこ漏らすとか、混浴とか、際どい表現があります。普通の地上波で流せる、、、と思いますが、際どい。
ストーリー的には、冒険物なので、ゲームっぽい。
主題歌の声が苦手。声優ファンには申し訳ないけど、声優は声優のプロ、歌は歌のプロが歌う方がいい。

が、何より、ストーリーと音楽、演出ら完成度が凄い!
特に穴に入ってから、後半に行くほど、ドンドン良くなる。
友人に勧めるなら前半は頑張って見る必要がある。

映画は続きです。アニメ観てないとキャラの背景が分からないのでツラいかと。

映画はアニメより良かった。ストーリー、戦闘シーン、キャラの奥行、どれをとってもパワーアップしているし、最後の終わり方も衝撃的だった。

グロいと言われるシーンですが、主人公たちが18歳だったら気になりませんが、12歳が、という点で、苦痛がともないます。が、これもこの作品の特徴で、可愛さとグロさとちょっと変態性のバランスなのだと思います。

最後に特筆すべきは音楽です。音楽がとてもいい!サントラ速入手です。色々な映画やアニメのサントラ好きですが、この作品は過去最高レベルに良い。

あとはナナチの絶望的な可愛さ
ボンドルドの絶対悪であり魅力的(JOKERっぽい)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
だるまん

3.0もふもふナナチ!!

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

萌える

可愛らしさと徐々に漂ってくる不吉な予感で緩急を付け、緊張感がありました。次第に不穏さが勝っていく感じでした。どこまでも広い謎の空間と、3人のうち誰が欠けても乗り越えられない状況を上手く描いていました。ナナチが知的なキャラで好みでした。単にアイテム入手のエピソードなのですが、故意かつ必要以上にダークにした印象で、そこまでファンにはなれませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬
すべての映画レビューを見る(全93件)

他のユーザーは「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」以外にこんな作品をCheck-inしています。