人間失格 太宰治と3人の女たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格 太宰治と3人の女たち
8%
33%
40%
12%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を、太宰を取り巻く3人の女性たちとの関係とともに描いたオリジナル作品。「ヘルタースケルター」「Diner ダイナー」の蜷川実花がメガホンをとり、脚本を「紙の月」の早船歌江子が手がけた。1964年、人気作家として活躍していた太宰治は、身重の妻・美知子と2人の子どもがいながら、自分の支持者である静子と関係を持ち、彼女がつけていた日記をもとに「斜陽」を生み出す。「斜陽」はベストセラーとなり社会現象を巻き起こすが、文壇からは内容を批判され、太宰は“本当の傑作”を追求することに。そんなある日、未帰還の夫を待つ身の美容師・富栄と知り合った太宰は、彼女との関係にも溺れていく。身体は結核に蝕まれ、酒と女に溺れる自堕落な生活を続ける太宰を、妻の美知子は忍耐強く支え、やがて彼女の言葉が太宰を「人間失格」執筆へと駆り立てていく。太宰を取り巻く3人の女たちを演じるのは、正妻・美知子役の宮沢りえ、静子役の沢尻エリカ、富栄役の二階堂ふみ。そのほか坂口安吾役の藤原竜也、三島由紀夫役の高良健吾、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史ら豪華キャストが集う。

2019年製作/120分/R15+/日本
配給:松竹、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀主演女優賞 宮沢りえ
最優秀助演女優賞 二階堂ふみ
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2019「人間失格」製作委員会

映画レビュー

4.0小栗旬が見出した太宰治 製作陣の覚悟に最敬礼

2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実在の人物を描いているだけに、どういう結末に至ったかは誰もが知っている。
それでも製作陣に、主演の小栗旬に最敬礼したいのは、小説「人間失格」を映画化したのではないから。そして、生に執着した太宰という新たな着眼点を、違和感など吹き飛ばすほどの説得力で演じ切ってみせたから。
そこに至るには何年にも及ぶ製作サイドの準備期間があり、理論武装するだけの取材期間があったからだが、小栗をはじめ宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみがしていった肉付けが素晴らしかった。映画賞で無冠なのは、なぜなんだろうか? しっかり評価されるべき作品である。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

4.0蜷川実花監督のビジュアルセンスは題材を選ぶ

2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

写真家としてキャリアをスタートさせ、映画監督としてはこれが4作目となる蜷川実花。ビビッドで極彩の色使い、知性よりも感覚に訴えるスキャンダラスな作風は、写真家としてのスキルと女性ならではセンスを十分に活かしたもので、昨今の邦画界において貴重な存在であるのは間違いない。

「さくらん」「ヘルタースケルター」は女性の美や性を扱う漫画が原作、「Diner ダイナー」は平山夢明による原作小説で殺し屋たちの話。エロスや暴力、狂気の視覚化で持ち味を発揮できたが、今作は太宰治の小説「人間失格」が題材。蜷川監督は自身の得意のテリトリーに寄せるべく、3人の女性との関わりを軸に作家の創作に迫ろうとしたのだろう。時代の寵児であり放蕩生活を送った太宰の半生がカラフルに活写された反面、孤独な魂や創作の苦しみに迫る深み、純文学らしい耽美的な味わいという点で弱い。豪華な俳優陣は健闘したと思うが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
高森 郁哉

1.5残念、、。

ななえさん
2020年9月12日
iPhoneアプリから投稿

太宰をモチーフにした監督のイメージ映画、にしか感じられず、内容が入ってこなかった。
色彩や音楽はそれとして良かったのかもしれないけれど、俳優陣がもったいない。
色々な意味で斬新。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ななえ

4.0波乱万丈の映画作品

。。さん
2020年9月3日
PCから投稿

やっと観に行けました!

小栗旬さんと二階堂ふみちゃんが好きなので、この作品は映画館で観たいと思っていました。

私はレビューの感想が他の方より下手なのですが、観ようかどうしょうか迷っているのなら是非映画館で観てください☺︎
ちょっとエロかもしれませんが、そこは女性監督さんならではの配慮があり清潔に出来上がっているので大丈夫です!

とにかく映像が美しくて、煌びやかでした!

小栗旬さんは本来はガッチリした体形なのですが、役柄に物凄く寄せていらっしゃました。痩せこけて筋肉を落としたやつれ具合で完璧なほどでした。その中でご自分の演じたい太宰治像を表現されていました。必見です!

二階堂ふみちゃんは愚かなほどに「女」を演じているみたいで、、、
私はまだこんなに自分を見失うほど男子を好きになったことないから、生まれ変わってまた女に生まれたら、こんな風に男子を好きになってみたいなと憧れにも似た感覚を持ってしまいました!流石、ふみちゃん♡

宮沢りえさんのでーんとした正妻の佇まい
りえさんの存在感は抜群に上手かったです!

素晴らしい作品に引き込まれて、その時代にいるみたいな感覚をプレゼントしていただきました♡

[追記] 12/21(土)
上映終了後のBD販売の際に、この素晴らしい作品が映像カットや最悪の状況になるのがとても残念というよりももう観ることが出来ないのが非常に悔しいです!
沢尻エリカさんの更生を待ちながら、本作の販売を期待しています。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
。。
すべての映画レビューを見る(全269件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「人間失格 太宰治と3人の女たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。