劇場公開日 2019年9月13日

  • 予告編を見る

人間失格 太宰治と3人の女たちのレビュー・感想・評価

3.0234
8%
34%
39%
12%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全234件中、1~20件目を表示

4.0蜷川実花監督のビジュアルセンスは題材を選ぶ

AuVisさん
2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

写真家としてキャリアをスタートさせ、映画監督としてはこれが4作目となる蜷川実花。ビビッドで極彩の色使い、知性よりも感覚に訴えるスキャンダラスな作風は、写真家としてのスキルと女性ならではセンスを十分に活かしたもので、昨今の邦画界において貴重な存在であるのは間違いない。

「さくらん」「ヘルタースケルター」は女性の美や性を扱う漫画が原作、「Diner ダイナー」は平山夢明による原作小説で殺し屋たちの話。エロスや暴力、狂気の視覚化で持ち味を発揮できたが、今作は太宰治の小説「人間失格」が題材。蜷川監督は自身の得意のテリトリーに寄せるべく、3人の女性との関わりを軸に作家の創作に迫ろうとしたのだろう。時代の寵児であり放蕩生活を送った太宰の半生がカラフルに活写された反面、孤独な魂や創作の苦しみに迫る深み、純文学らしい耽美的な味わいという点で弱い。豪華な俳優陣は健闘したと思うが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
AuVis

3.0小栗旬は芥川龍之介のほうが似合う

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

もうね、駄作を作ろうと思って作る監督なんて居ないんだって解ってる。
駄作だとか酷いとか思うのは、
監督の想いを受け止められなかったからって解ってる。

でもね…。
「今回も」残念な感じに受け取りました。
いっぱいいっぱい突っ込みどころがある。
実在の太宰はもっともっと女々しかったというし、
女に敵視されても居たらしいし。

映画なんだから全てを美化したのも頷ける。
蜷川実花なんだから、美意識を強調したのも頷ける。

でも!
でも!

これはなあ…。

セリフにキレがない。
見せ場の盛り上がりもいまいち。

どこに共感したらいいのか最後まで解らない。
なるほど、これが「薄い主人公」ってやつなのかと。

どうしたら良かったんだろうとこれから考えてみます。
私だったらどう演出したろうと考えてみます。

なんだか途中で退場する人が多くて、だんだん哀しくなってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

2.0泣けないし笑えない

てつをさん
2020年2月7日
スマートフォンから投稿

コメディーなのかヒューマンドラマなのか、何を見せたいのか、伝えたいのかがイマイチよく分からないまま終わる中途半端な内容なので、泣けもしないし笑えもしませんでした。表面的にはカッコよいのですが深みがなく、細かな描写に欠けて雑。終盤の見せ場のシーンも見せ方がとにかくイマイチでした。
キャストはかなり豪華で、それぞれの俳優さん、女優さんの演技が本当に素晴らしいだけに非常に残念です。特に主役の小栗旬さんと宮沢りえさんは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
てつを

5.0役者の演技が秀逸。最後まで飽きさせない。

みやさん
2020年2月2日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みや

3.5終始エロかった(笑)

2020年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

寝られる

ダメ男すぎる太宰さんにイライラしました(笑)でもそれくらい俳優陣の演技は売れっ子たちばかりな分、とても良かったです。特に二階堂ふみちゃんのメンヘラを醸し出してる役が上手かったと思います🙆‍♀️ただ起承転結がもう少しはっきりあってほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねねまる

4.0拙い部分は減ってきた

m2turboさん
2020年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

決して史実通りではないんだろうが、こういった女性に対するだらしなさはほぼ事実なんだろう、知っていたはずだけど、あらためて知らされた感じ。ただ頭の中では今回のイメージがこびりつきそう。まあいいけど。
映画監督としての蜷川実花は、だいぶ成長したかな?拙い部分がだいぶ減ってきたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m2turbo

4.0観てよかった

マヒロさん
2020年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

蜷川監督の映画は、冒頭で引き込まれクライマックスで観てよかったと思わせる映画だと思う。
映画全体のストーリー性より、映像の強さと綺麗さ、そして芸術性が高い。
中身が複雑かと言われればそうでもないが、出演さの魅力が最大限引き出されている。出演者のファンの人にはたまらないと思う。人間失格原作のファンより出演者のファンの人に見て欲しい。
最後のシーンには胸を打たれた。終わり方が良いので観てよかったと思えた。何より画面が終始美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マヒロ

3.5よい

夢子さん
2020年1月3日
Androidアプリから投稿

私もこんな風に死ぬほど好きな人と死ぬほどの恋したい

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
夢子

ボロクソに書いてます。この映画好きな人は見ないで

2020年1月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画マン

5.0とにかく最高❣️ ストーリーも非常に面白かったし、監督が蜷川さんだ...

2019年12月13日
スマートフォンから投稿

とにかく最高❣️
ストーリーも非常に面白かったし、監督が蜷川さんだけあって、最初から最後まで絵が凄い。映像&背景の色彩が素晴らしい。

お祭りの激しい神輿の音の中で、「人間失格」という言葉が出た瞬間。お祭りの縁日の中、真っ赤な風車に覆われたところ。真っ白な雪景色の中、吐血で日の丸を作り、太宰が大の字に倒れ込んだところ。
この三箇所は、特にインパクトがあった。

最後のエンドロールに「実話に基づいたフィクションです」と記載されている。
なので、ストーリー上、多少の脚色はされているのだろうけれど、ある程度は事実だとすると、太宰治自身も、太宰の奥さんを含めた太宰に惚れた女性はみんな、非常に狂ってる。

女性の強さと弱さが十分なくらいに表現されている映画。

色々な意味で、作品としては、かなりの満足感❣️ 😀

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナガグツ

4.0我々は青い電気体

hanさん
2019年11月20日
スマートフォンから投稿

沢尻エリカさんが捕まったと聞き、しばらくスクリーンで観れなくなると思い、慌てて観に行った。平日夜だが満席だった。観終えての感想は、やはり彼女は唯一無二の素晴らしい役者さんであった。
私は人を裁いたり罰したりできる立場の人間ではないので罪や罰など何も言えない。ただ彼女の役者としての今を、この先数年にわたって観れなくなるのは残念。何というか、アンビバレンツな形で保つしかなかったかもしれないある種独特の魂の穢れのなさのような、放っている光を、どんな形であれ映像として何かしら録り続けて残せないものかと思ってしまう。

映画自体は、太宰と彼を囲む女性の青い火花を散らすような生き様を感じるもの。2時間の映画にするにあたり監督が何にフォーカスしたかったかがわかりやすく、それが嫌らしく前面に出過ぎることもなく、私は過不足感じない演出だった。

女には、というかわたしには、「壊れなさい」と言い放つ妻の葛藤の先の強さと、男の才能への圧倒的信頼、欲しいものは全て与えてもらったと笑顔で言える、子を産んだ愛人の満たされ方、最期に死という形で一緒であろうと苦しみ愛を求める女の切迫、全てわかるわかる、というか、それぞれがひとりの女の中にあり、出会う男によって引きずり出される要素のようにも感じる。
男と女、互いの身体に電流を走らせるように、引きずり出される感情を交歓し合いながら、書くことに血まみれな太宰。

最後、入水を避けられないと悟り、彼女の頭を抱くときの小栗旬の表情が、良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
han

人間失格

2019年11月18日
PCから投稿

本当に失格やんけwww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
田所浩二

3.5女のための話

らむこさん
2019年11月18日
iPhoneアプリから投稿

やはり蜷川実花監督の作品だけあって映像は美しかった。どこもかしこも花にあふれてて!

太宰治のファンのための作品ではなく、女性のための映画だなと感じた。
三人の女の、三人それぞれの愛し方がある。正妻のような耐え忍ぶ愛し方もあれば、愛人たちのような情熱的に迫る愛し方もある。でもその中にも共通している要素があって。それは、女って強いなってこと(笑)

いざという時、覚悟や肝が座ってるのは男よりも女の方だ。それどころか男(恋愛)を糧にして、さらに力強くなっていく。それをよく表している物語だなと思う。

この手の女が強い系の話は他でもチラホラ見るので、特に新鮮味はなかった。けど蜷川監督ならではの映像美
と併せて楽しめれば、なかなか良い映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
らむこ

5.0宮沢りえは、泣かせる。

2019年11月13日
Androidアプリから投稿

素晴らしい映画に出逢えました。
太宰治FANの方は怒ってますけど。笑っ

蜷川実花監督の素晴らしいところは、
1つの画面を絵として捉える
所が出来る事。
なので、背景の美術
女優の洋服
全ての配色が完璧です。

勿論。昭和の時代なので、
『ダイナー』とは全然違いますけど。

なんといっても素晴らしいのが、
3人の女優の演技のバランス。
素晴らしい演技で、
高揚が止まらない。

それに蜷川監督は脱がせるのがうまい。
蜷川監督が撮られた写真集
『脱ぎやがれ!!』
と思ってしまいます。笑っ

宮沢りえさんの場面では
ずっと号泣でした。
社会に進出する前の
昭和の女性像です。

太宰治の事は、知りませんが
これはこれで、
蜷川監督流
『人間失格』なので
大有りではないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ペニクリNH★

2.0PV

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぺろキャン

3.0読んだ事ないですけど

yumi catsさん
2019年11月1日
iPhoneアプリから投稿

太宰は読んだ事ないでので
ストーリーの再現性とかわかんないです

中身はクズ、だな、と
クズと思わせたいのなら
すごくよくできた映画と思います笑笑
モテる人にあーゆー人っていますね
酷い目に合わせてるのに途切れないと言うか

蜷川美香の割にカラフル感が後半少なかったのがなぁ
この人の色使いが好きなので残念でしたけど
後半の青い花、宮沢りえの着物の色良かった

女優さんは全てハマってると思いました
一つ言うなれば、肌補正をかけて欲しかった笑笑
疲れた女を演出したかったんですかね?
宮沢りえは永遠に綺麗でいてほしい、願望です笑笑

そうそう
藤原竜也は藤原竜也でした笑笑

成田君はこの役良かったと思います
こんな感じの役似合いますね
もっと違う雰囲気の役も見たいなぁ

もう一回観たいと思わなかったので星は3個です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yumi cats

2.5ただ、ただエロい 二階堂ふみの役柄が痛すぎる

2019年10月26日
Androidアプリから投稿

ただ、ただエロい
二階堂ふみの役柄が痛すぎる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちびさる

3.5好き嫌い分かれるかもしれませんが私的には非常に良かった!!

2019年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

まずこれでもかと言うほどの豪華俳優陣による演技は圧巻でした、、、

沢尻エリカ、二階堂ふみ、宮澤りえ、全員ほんとにきれいだった。。

あまり良い気持ちになるの映画ではありませんが、鑑賞後もう一度、太宰治の本を読み返したくなりました。
ドロドロした映画が好きな人にとっては、たまらない作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Hypocrite1002

2.0映像美と時代背景のミスマッチ

2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

蜷川実花作品があまり好きになれない人もいるっていうことをわかってほしい。
そうであるならば見に行かなければいいだけの話なんだけれども。
俳優陣、女優陣だけは見応えがあるから今回も見に行ってしまいました。

映像とか色彩とか綺麗だと思う反面、芸術的な感覚を持ち合わせていない私には何も響くものがない。
太宰治という偉人を題材にするのであれば、もう少し感じる物が欲しかったなあと思います。

色彩自体は本当に綺麗で蜷川実花さんの感性がすごいんだなと思ったんですが、それゆえ古き町並みが合成っぽく感じられて、安価な映画を見ている感覚に陥りました。

演技についても皆さん本当に迫力のあるものを見せてくれるなと思いつつ、なのに何故こんなにも響いてこない伝わってこないのだろうと不思議でした。
ただ、宮沢りえさんのシーンだけ素直に感動しました。

小栗旬さん、もっともっといい作品に携わってほしいなと上から目線なことを思うばかりでした。

あと映画館で隣で寝息立てるのやめてください。。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まつもと

2.5蜷川さんらしい独特の色彩

2019年10月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

蜷川さんの映画をちゃんと観たのは初めてだったが、いかにもな色彩だった。舞台のような演出も良かった。こちらが勝手に期待していたところと実際時間を割いてメインにしていたところが違ったのが残念だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
モンブラン
「人間失格 太宰治と3人の女たち」の作品トップへ