さらば愛しきアウトロー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
さらば愛しきアウトロー
さらば愛しきアウトロー
15%
58%
24%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍してきた名優ロバート・レッドフォードが俳優引退作と公言している最後の主演作。1980年代初頭からアメリカ各地で銀行強盗を繰り広げ、それによる逮捕と脱獄を繰り返した実在の人物フォレスト・タッカーを描いた。強盗といいながらも、発砲もしなければ暴力も振るわないという紳士的で風変わりな犯行スタイルを貫いた主人公タッカーをレッドフォードが演じ、タッカーを追う刑事ジョン・ハント役を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが担当。そのほか、シシー・スペイセク、トム・ウェイツ、ダニー・グローバーらが共演。監督は「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」のデビッド・ロウリー。

2018年製作/93分/G/アメリカ
原題:The Old Man & the Gun
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ロバート・レッドフォード
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36
  • 画像37
  • 画像38
  • 画像39
  • 画像40

Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

映画レビュー

3.5レッドフォードが築いてきたものがあらゆる表情や余白に宿っている

2019年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

ロバート・レッドフォードがこれを機に俳優引退するという。残念ではあるが、82歳という高齢ゆえ、それも致し方ない。いやむしろ、自らの企画でこのラストムービーを仕掛けられたことを思うと、それはとても幸福で美しく、非常に気持ちのよい幕の降ろし方と言えるのかもしれない。

それゆえこれは、実話をモチーフとしながらも中身はまるっきり「レッドフォードによるレッドフォードのための映画」だ。ふとした瞬間に過去作の香りが漂い、あたかも彼が演じてきたすべての主人公がここに集約されているかのよう。最小限ながらどこまでも小粋で、無駄のない布陣も胸を打つ。

起承転結のメリハリやラストの盛り上がりに欠ける部分は確かにあるものの、本作の妙味はむしろ一瞬一瞬にこそ宿っている。これまでの映画の記憶が余白にぎっしり詰まっていることを考えても、若い観客にとってはこれをきっかけに彼の出演作に興味を抱く絶好の機会にもなるはずだ。

コメントする
共感した! (共感した人 10 件)
牛津厚信

3.5これはレッドフォードならではの落とし前

2019年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

発砲なし、暴力もなしで銀行を襲う74歳。見た目も振る舞いも紳士だが、やっていることは紛れもなく犯罪者。演じるロバート・レッドフォードが幾度となく演じてきたキャラクター名で言うなら、アウトロー。そんな彼に心奪われる恋人もいる。そうか、これはレッドフォードが思い描いてきたヒーロー/アウトローの完成形か。年相応に老いさらばえもせず、かと言って年甲斐もなく色恋に迷わず、誰に何と言われようが、本能的に自由を求めて人生の黄昏を彷徨う姿は、まさにレッドフォードならでは。同じく俳優監督としてさららに年上の現役であるクリント・イーストウッドが、老いと共に愛嬌を溢れさせるのとは違う、硬質な魅力が、本人が引退作と一応明言する本作からは感じ取れる。それが、何よりも美貌を指摘されてきた彼の、いからも彼らしい落とし前なのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
清藤秀人

4.0カッコいい💕

R♪さん
2020年9月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
R♪

4.0老兵は、静かに去る。

fukui42さん
2020年8月13日
iPhoneアプリから投稿

一言「レッドフォードは、最後までレッドフォードだったな」。

レッドフォードの引退作と聞いていたけどさて。

銀行強盗なのに、銃はジャケットの裏から見せるだけ。
「今日が初めての仕事なのに」と泣く女性行員には、「大丈夫泣かなくていいんだよ」。
こんなスマートな紳士的強盗って、ほのぼのするというか。
スリリングさには欠けるけど、魅せます。

そんな「黄昏ギャング」を追う刑事役、ケーシー・アフレックが。
地味な刑事役がまた渋い。
レッドフォードを追いかけているはずが、いつのまにか他人の気がしなくなって。
逮捕しなきゃいけないのに・・・と感情移入しちゃうのは、わかる気がする。

もちろんちょっと「最後の恋バナ」もあって。
シシー・スペイセクを配役っていうのも、いい枯れ具合。老いらくの恋って感じで。

淡々としているので、若干眠気は感じちゃったけど。
途中若い頃のレッドフォードの写真も出てきて。
「老兵は静かに去る」って感じかな。

原題は「The Old Man &the Gun」。邦題全然違うけど。
引退作ということで「さらば」と「愛しき」って言葉を使いたかったのでしょう。
字幕が久しぶりの戸田奈津子さんでしたよ。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「子供の頃のあなたが持っていた夢も希望も。
かなえるには時間と世界が、必要だった」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全98件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る