劇場公開日 2019年7月12日

「これはレッドフォードならではの落とし前」さらば愛しきアウトロー MPさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5これはレッドフォードならではの落とし前

MPさん
2019年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

発砲なし、暴力もなしで銀行を襲う74歳。見た目も振る舞いも紳士だが、やっていることは紛れもなく犯罪者。演じるロバート・レッドフォードが幾度となく演じてきたキャラクター名で言うなら、アウトロー。そんな彼に心奪われる恋人もいる。そうか、これはレッドフォードが思い描いてきたヒーロー/アウトローの完成形か。年相応に老いさらばえもせず、かと言って年甲斐もなく色恋に迷わず、誰に何と言われようが、本能的に自由を求めて人生の黄昏を彷徨う姿は、まさにレッドフォードならでは。同じく俳優監督としてさららに年上の現役であるクリント・イーストウッドが、老いと共に愛嬌を溢れさせるのとは違う、硬質な魅力が、本人が引退作と一応明言する本作からは感じ取れる。それが、何よりも美貌を指摘されてきた彼の、いからも彼らしい落とし前なのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
MP
「さらば愛しきアウトロー」のレビューを書く 「さらば愛しきアウトロー」のレビュー一覧へ(全79件)
「さらば愛しきアウトロー」の作品トップへ